【感想】映画『怒り』が描き出すのは人間の真髄?3つの物語で紡がれる驚きの伏線を徹底考察!

3つの異なる物語が見事な手腕で繋がる映画『怒り』。『怒り』では豪華なキャスト陣がこれまでにない新たな顔を魅せていき、それぞれが抱える”怒り”が描き出される。見事な描写で紡がれた『怒り』を徹底考察!

2018年4月26日更新

映画『怒り』のあらすじ

まずは映画『怒り』のあらすじを完結にご紹介しよう。

『怒り』は、東京・千葉・沖縄という3つの異なる地で物語が進展していく。
ある夫婦が惨殺された現場に「怒」の血文字を残して未解決となった事件から1年後、犯人は「山神一也」という人物だと判明するものの、整形手術をして逃亡を続けているという。
疑わしいとされるのは3人の男。
千葉県・房総の田代哲也、沖縄の離島にいる田中信吾、東京都内の大西直人。
それぞれの地でそれぞれの男に出会う人々の葛藤を描く群青劇である。[出典1]

▼映画『怒り』予告編がこちら

『怒り』のテーマは”愛する者を信じる難しさ”か

映画『怒り』では、昨今話題となっている社会問題が多く描写された印象だ。
性的マイノリティーといわれるLGBT(ゲイシーン)、沖縄の米軍基地・慰安婦問題、そしてさらに身近な親と子の溝、どれを取っても1本の映画が完成しそうな題材を、李相日監督は見事に紡ぎ合わせている。
それだけではなく映画の主軸はこれらの社会問題ではなく登場人物の演技や心に抱えた”怒り”に帰着させている手腕はお見事の一言であろう。
そのような中で、『怒り』は通して描かれた一つの根幹となるテーマは”愛する者を信じる難しさ”ではないだろうか。
愛する恋人、愛する我が子、愛する仲間、そうした”愛する者”を信じ切りたいのにどこか湧いてしまう疑念。
愛と疑が表裏一体となった、まさに人間の感情の本質とも言えるテーマを見事に描ききった映画となっている。
李相日監督自身も、

『怒り』はミステリー・ジャンルの体裁をしていますけど、
核心にあるのは犯人捜しや謎解きとかじゃなくて、
「信じることの難しさ」あるいは「人を疑ってしまうことの闇」。
その心の闇が僕はいちばんの謎というか、ミステリーだと思っているので。
それが“怒り”という観念とつなげられたら、「怒りとはなんぞや?」っていう出口に、最終的には何とかたどり着けるんじゃないかなって。[出典2]

と語っている通り、人間が抱える闇を感じる一作である。

映画『怒り』がもたらしたキャスト陣の新たな顔

『怒り』には豪華すぎるほどのキャスト陣が出演しているが、どのキャストもそれぞれの”怒り”を抱えているようにみえる。
それぞれの登場人物を演じるキャストが正しくその自我を持ち合わせたかのような見事な演技からは、相当な覚悟で役作りに臨んだ様子が窺える。
特に目を引くのが、どの俳優もこれまでのイメージとは異なる雰囲気を醸し出しており、にも関わらず見事に作中に溶け込んでいる芝居である。
それぞれのキャストごとにその”新たな顔”をみていこう。

渡辺謙

千葉パートで宮崎あおい演じる愛子の父親役・洋平を演じた渡辺謙
ハリウッドでも活躍し、『GODZILLA ゴジラ』や『許されざる者』など過激で熱い演技を魅せることも多い渡辺謙だが、『怒り』の洋平役ではどこか抑制した様子すら見受けられた。
家出をして東京の風俗で働いていた愛子を見つけたシーンも、愛子が素性不明の男・田代と恋に落ちいていくシーンも、父親としては叱咤してよい場面である。
しかし、むしろ自身の感情を抑え、愛する我が子にどこか諦めの感情すら抱いているようにみえる。

渡辺謙、映画『怒り』で主演に!李相日監督への想いを語る

宮崎あおい

千葉パートで素性不明の男・田代に惹かれていく愛子役を演じた宮崎あおい
30歳を迎えながら少女のような清楚なイメージが抜けない宮崎あおいだが、『怒り』ではあえてのノーメイク演出。
父に甘えつつもどこか淋しげな表情を魅せ、少女のように振る舞う愛子そのものである。
また、この愛子役は原作では”ぽっちゃり”しているという設定であり、宮崎あおいのイメージとはかけ離れている。
役作りのために7キロ以上もの増量で臨んだといい、李相日監督も

基本的に僕は原作のルックを再現しようとは全然思わないんですよ。
もっとキャラクターの根っ子にあるものでキャスティングしたいと常々思っていて、愛子にある危うさと純粋さを考えた時、僕の中であおいちゃんのことが浮かんだんですね[出典2]

と語っている。
映画を観るとまさにはまり役であることがわかるであろう。

7kg増量!?注目映画『怒り』でみせた、宮崎あおいの新境地と作品にかける女優魂。

松山ケンイチ

松山ケンイチは、これまで色の強いものを纏うことでくっきりした個性を出す役が多い印象であった。
しかし『怒り』で魅せた田代は原作でも最も余白が多い人物で、李相日監督も「過剰な要素を全部削ぎ落とした、素っ裸の俳優・松山ケンイチの姿を見せてもらえる」と語っているように、何を考えているかわからない、良い意味で色のない役どころを熱演していた。

妻夫木聡

東京パートで大手広告代理店で働く、同性愛者・藤田優馬を演じた妻夫木聡の演技は圧巻の一言。
ノアのCM”のびた”役を演じている俳優とは思えないほど、ゲイにしか見えない個性溢れた役どころをこなした。
『悪人』で吉田修一原作、李相日監督タッグを経験し、主演を張っただけあるという貫禄の演技で、少し過激とも思えた綾野剛とのゲイシーンは目を背けたくなるほどの迫力。

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 有村架純
    有村架純は、2013年の朝ドラ『あまちゃん』(NHK)で脚光を浴びた女優で、2017年公開の映画『ナラタージュ』で...
  • 星野源
    歌手37歳
    星野源は、音楽家・俳優・文筆家。バンド活動を経てソロデビューした。代表曲は「SUN」や「Family Song」な...
  • 綾野剛
    俳優36歳
    綾野剛は、小栗旬や木村文乃らと同じ事務所に所属。2003年、『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)において怪人であ...
  • 綾瀬はるか
    女優33歳
    綾瀬はるかは「CMでよく見かける女性タレント好感度ランキング」で1位に輝いた女優。 ドラマ『世界の中心で、愛をさ...
  • 米倉涼子
    米倉涼子は1975年8月1日生まれの女優。横浜出身で、身長は168cm。 20歳まではバレエに打ち込んでおり、国...
  • 三浦春馬
    俳優28歳
    三浦春馬は、4歳の頃から芸能活動をしている俳優である。 共演した北川景子らからは、その好青年ぶりが評価されている...
  • 井上真央
    女優31歳
    井上真央は『キッズ・ウォー~ざけんなよ~』(フジテレビ系)シリーズで今井茜役を務め、一躍お昼の顔となった女優。 ...
  • 篠原涼子
    女優44歳
    篠原涼子は、2017年10月期の月9ドラマ『民衆の敵 ~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)で主演を...
  • 羽生結弦
    羽生結弦は、フィギュアスケーター。「絶対王者」と評される実力の持ち主で、最も尊敬するスケーターはエフゲニー・プルシ...
  • 亀梨和也
    亀梨和也はKAT-TUNのメンバー。小学生の頃は、野球をやっていた。 『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)...

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ