2016年9月8日更新

ジブリ最新作『レッドタートル ある島の物語』に注目!ジブリ"初"の見どころに迫る。

スタジオジブリの最新作『レッドタートル ある島の物語』がついに公開!スタジオジブリが挑む"初"が詰まった注目作品の見どころを一挙紹介!

種類映画
公開日2016年9月17日

『レッドータートル ある島の物語』

▼ストーリー

嵐の中、荒れ狂う海に放りだされた男が九死に一生を得て、ある無人島にたどり着いた。 必死に島からの脱出を試みるが、見えない力によって何度も島に引き戻される。 絶望的な状況に置かれた男の前に、ある日、一人の女が現れた…。[出典1]

前作『思い出のマーニー』から2年。
待望のジブリ最新作『レッドタートル ある島の物語』が、2016年9月17日に公開される。

過去のジブリ作品の中でも異色の注目作といわれる理由を、その見どころとともに紹介していく。

ジブリ”初”の海外との共同製作

監督はフランス人のアニメーター、
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット。

マイケル監督の短編アニメ『岸辺のふたり』を見たスタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫が直接オファーを投げ、
マイケル監督は「尊敬する高畑勲から製作全般について助言を受ける」ことを条件に快諾し、本作の製作が実現した。
アーティスティック・プロデューサーとして高畑勲が参加し、本作の完成にはオファーから10年の歳月を要した。[出典2]

▼『岸辺のふたり』

生き別れた父の帰りを待ち続けながら成長していく女性の人生を描き切ったこの短編は、たった8分間とは思えないほど丹念な描写が続く。
この作品でマイケル監督は、アカデミー賞短編アニメーション映画賞を受賞している。[出典3]

ジブリ初となる海外監督のプロデュース作品となるが、鈴木敏夫は会見の中で、

「マイケルは特別。彼の短編映画が大好きで、長編映画も観たくなっただけ。これをきっかけにどうこうというのではなく、こういう出会いがあれば……」[出典4]

と、今後海外監督との共同製作を積極的に進めていくわけではないという姿勢を示した。[出典4]

ジブリ “初” のカンヌ受賞

本作は、2016年5月に行われた第69回カンヌ国際映画祭で、「ある視点」部門特別賞を受賞している。[出典5]
ジブリ初出品ではあったが、海外で人気の高いジブリというだけあって、
盛大なスタンディングオベーションだったという。[出典6]

鈴木敏夫は受賞に際して、

「今まで5月にジブリの映画ができたことがなかったので、カンヌはもう縁がないと思っていたんですよ。ところがマイケルの映画がちょうどその時期に当たったので、カンヌへやって来られました!」[出典6]

と縁と喜びを語っている。[出典6]

谷川俊太郎の詩と”初”のコラボ

詩人の谷川俊太郎は、鈴木敏夫の依頼で、本作に詩を寄せており、
そのコピーはポスターや予告編に使用されている。[出典7]

▼予告編

▼『レッドタートル』に寄せて 谷川俊太郎

水平線を背に何ひとつ持たず

荒れ狂う波に逆らって

生まれたての赤ん坊のように

男が海からあがってくる

どこなのか ここは

いつなのか いまは

どこから来たのか

どこへ行くのか いのちは?

空と海の永遠に連なる

暦では計れない時

世界は言葉では答えない

もうひとつのいのちで答える

[出典1]

ジブリ”初” 全編セリフなしの無声映画

本作は、80分間の長編映画でありながら、人物のセリフが一切ない。

マイケル監督は当初、ストーリーや人物を伝えるためにセリフの必要性を感じていたが、
ジブリから「セリフがない方が強い作品に仕上がる」との意見を掲示されたことを受け、

「セリフがないというのは映画として怖いところもあるのに関わらず、ジブリさんが作品を信じてくれたことに安心した」[出典2]

と思い直したという。[出典2]

ジブリが挑戦する”初”の魅力が詰まった注目の本作品。
公開されている情報が少ないだけに、私たちをどのような世界へ誘ってくれるのか、
期待は高まる一方だ。

出典

  1. 映画『レッドタートル ある島の物語』公式サイト
  2. 『「レッドタートル」監督、ジブリ作品への理解示すも「模倣しようとは思わなかった」 : 映画ニュース』(映画.com)
  3. 『岸辺のふたり』公式サイト
  4. 『ジブリ、今後は海外監督とのコラボ予定なしか「マイケルは特別」』(シネマトゥデイ)
  5. 『ジブリ新作「レッドタートル」がカンヌ「ある視点」部門特別賞受賞 : 映画ニュース』(映画.com)

  6. 『スタジオジブリ新作『レッドタートル』がカンヌでスタンディングオベーション!【第69回カンヌ国際映画祭】』(シネマトゥデイ)

  7. 『ジブリ新作『レッドタートル』のキャッチコピー、谷川俊太郎が作ったものだった』(シネマトゥデイ)

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

今、注目のタレント

  • 小倉優子
    タレント33歳更新!!
    小倉優子は、子供を2人持つママタレント。出演作は『笑っていいとも!』(フジテレビ系)などがある。 以前は今田耕司...
  • 深田恭子
    女優34歳
    深田恭子は、ホリプロタレントスカウトキャラバンにてグランプリを獲得し、芸能界デビューした女優。 ドラマ『ハロー張...
  • 倉科カナ
    映画『 3月のライオン 前編』に出演。共演者には、神木隆之介や有村架純がいる。 倉科カナはおっちょこちょいな性格...
  • 榮倉奈々
    女優29歳更新!!
    榮倉奈々は高身長の女優として知られる。 女性向けファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルを務めていた。 ...
  • 川口春奈
    川口春奈は、2007年に『ニコラモデル・オーディション』のグランプリを獲得し、モデルデビューした。 福士蒼汰とは...
  • 中条あやみ
    中条あやみは、「ミスセブンティーン2011」でグランプリを受賞したハーフモデル。東出昌大に似ているとの噂もあるよう...

今、人気のタレント

  • 新垣結衣
    女優29歳
    新垣結衣は、ORICON NEWSが発表した「同僚にしたい女性有名人ランキング」で、北川景子、石原さとみに次ぐ3位...
    1
  • 武井咲
    モデル23歳更新!!
    武井咲は名古屋出身の女優・モデル。全日本国民的美少女コンテストが芸能界デビューのきっかけ。 ドラマ『せいせいする...
    2
  • 満島ひかり
    女優31歳
    満島ひかりは沖縄出身のクォーターで、抜群の演技力を誇る女優。 映画『海辺の生と死』で共演した永山絢斗との熱愛が2...
    3
  • 高畑充希
    女優25歳
    高畑充希は、14際のときにオーディションで主演の座を射止め、芸能界入りを果たした女優。 2017年の連続ドラマ『...
    4
  • 高橋一生
    俳優36歳
    高橋一生は、子役出身の俳優。映画『耳をすませば』では、声優を務めている。 出生作となったドラマ『民王』(テレビ朝...
    5
  • 千葉雄大
    千葉雄大は、雑誌『CHOKi CHOKi』でモデルとして活動し、芸能界入り。玉川大学に通っていた。 ドラマ『家売...
    6
トップへ