2021年11月23日更新

さとうびーさく

佐藤B作

75歳

佐藤B作(さとうびーさく)は日本で活動する俳優。1949年2月13日生まれ。福島県福島市出身。本名佐藤俊夫。血液型はAB型。オフィスボードビルに所属する。最終学歴は早稲田大学商学部中退。

どんな人?

  • 佐藤B作(さとうびーさく)は、日本で活動する役者。福島県福島市出身の1949年2月13日生まれ。オフィスボードビル所属。
  • 早稲田大学在学中から演劇活動を開始し、大学中退後に「劇団自由劇場」に研究生として所属した。
  • 1973年に「劇団東京ヴォードヴィルショー」を旗揚げ。舞台を中心に活動を続けた。
  • 舞台出演と並行して、インディーズ映画やバラエティ番組『欽ちゃんの週刊欽曜日』(TBS)に出演。
  • 私生活では3度結婚しているものの、不倫ばかりしており話題になることがある。

プロフィール

芸名 / 読み佐藤 B作 / さとう びーさく
誕生日2月13日
出身地福島県
身長163.0cm
星座 / 干支みずがめ座 / 丑年

出典:タレントデータバンク

▼佐藤B作

生い立ち

佐藤B作は、福島県福島市出身の1949年2月13日生まれ。現在年齢は75歳。身長163cm。オフィスボードビル所属。[出典1]

実家は八百屋であり、弟がいる。[出典2]

真面目で勤勉家だった学生時代

佐藤B作は小学生の頃真面目で勉強ができ、そろばんや習字、英語と数学の塾に通っていた。また、小学4年生から6年生までは演劇部に所属していた。[出典2]

福島県立福島高校を卒業後は、世界で活躍する外交官や商社マンを目指すため、早稲田大学商学部に入学する。

大学に入学して間もないうちに、新宿・歌舞伎町のジャズ喫茶に通い始め、そこで観たドラマがきっかけで役者になろうと決意。

同大学の演劇サークルに入部して演劇活動に専念した。また、大学は3年で中退している。[出典3][出典4]

胃がんを患い闘病

佐藤B作は2007年に胃がんと診断され、翌年胃の3分の2を切除する手術を受けた。[出典5][出典6]

しかし2009年にがんが再発したため再度手術。退院後に放射線治療と抗がん剤治療を受けていた。[出典7]

佐藤B作は自身の病気について、

がんは、油断ならないしつこさがある。隠れ上手で、いつまた出てくるかわからない。よし、こっちも、恐怖につぶされず、毎日楽しく、心の弾むことを考えて生きようと決めました[出典7]

と語っている。[出典7]

芸能活動

自ら劇団を立ち上げて精力的に活動

佐藤B作は大学中退後、劇団「自由劇場」の研究生として役者活動を開始する。[出典8]

1973年には誰でも楽しめる軽演劇を目指し「劇団東京ヴォードヴィルショー」を結成。

自らが座長を務め、ミュージカル『宝島』で旗揚げした。結成当初はアドリブ満載の喜劇を制作し、数多くの公演を行ってきた。[出典8][出典9]

次第に台本を重視する喜劇にこだわり、喜劇作家である三谷幸喜や松原敏春などによる、ドラマ性の高いシチュエーションコメディを主に上演している。

また2013年に、同劇団の創立40周年を記念した舞台『パパのデモクラシー』や、舞台『その場しのぎの男たち』での成果が評価され「第48回紀伊國屋演劇賞」で団体賞を受賞した。

2016年には、息子である佐藤銀平とともに、親子劇団ユニット「東京No.1親子」を結成。

同年に第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』を上演。その後も2020年に第2回公演『夜鷹と夜警』を上演している。[出典10][出典11]

映画やドラマなど数多くの名作に出演

佐藤B作は舞台活動と並行して、1982年からバラエティ番組『欽ちゃんの週刊欽曜日』(TBS)に出演。

1984年には山田洋次が監督の映画『男はつらいよ・夜霧にむせぶ寅次郎』や、1987年公開の映画『マルサの女』などメジャー作品に出演する。[出典8]

1997年には脚本家・三谷幸喜の映画監督デビューとなった映画『ラヂオの時間』に出演。[出典13]

同年には大河ドラマ『毛利元就』(NHK)にも出演している。[出典8]

出典

  1. 『佐藤B作』(オフィスボードビル)
  2. 『俳優 佐藤B作(1)生まれ育った飯坂温泉』(日本経済新聞)
  3. 『自分がときめくもの細胞が生き生きすることを見つけよう 胃がんで手術、再発を経験しながら芝居に打ち込む俳優・佐藤B作さん』(がんサポート 株式会社QLife)
  4. 『4月14日~4月18日の「ラジオバイオグラフィー 5冊のアルバム」のゲストは、俳優の佐藤B作さん』(くにまるジャパン)
  5. 『[俳優 佐藤B作さん]胃がん(1)人間ドック まさかの結果』(ヨミドクター)
  6. 『[俳優 佐藤B作さん]胃がん(2)手術後の舞台 妻が猛反対』(ヨミドクター)
  7. 『[俳優 佐藤B作さん]胃がん(3)何度も再発 怖さに負けず』(掲載サイト名)
  8. 『佐藤B作 - 略歴・フィルモグラフィー』(KINENOTE)
  9. 『劇団東京ヴォードヴィルショー』(Deview)
  10. 『佐藤B作・銀平親子が舞台初共演!“東京No.1親子”初日レポ&爆笑インタビュー!』(SPICE)
  11. 『佐藤B作と息子の銀平が、親子ユニット“東京No.1親子”4年ぶりの新作『夜鷹と夜警』を語る』(SPICE)
  12. 『佐藤B作の浮気癖を妻・あめくみちこが暴露!自宅で何も出来ない夫の失態ぶりも』(テレ朝POST)
  13. 『ラヂオの時間 : 作品情報』(映画.com)
  14. 『人物詳細』(TBSテレビ:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』)
  15. 『佐藤B作のプロフィール・画像・写真』(ザテレビジョン)
  16. 『田中土佐役を演じて…』(佐藤B作オフィシャルブログ)
  17. 『福島で佐藤B作さんが「劇団40周年公演」で復興支援へ』(ふくしまの旅)
  18. 『佐藤B作の浮気癖を妻・あめくみちこが暴露!自宅で何も出来ない夫の失態ぶりも』(テレ朝POST)
  19. 『佐藤B作、三浦義澄役で『鎌倉殿の13人』出演 「楽しんで演じられそうでワクワク」』(Real Sound)
  20. 『柄本明・笹野高史・佐藤B作、50年来の親友同士。仲間の活躍に喜びと嫉妬で揺れ動いた過去も』(テレビドガッチ)
  21. 『【佐藤B作】プロフィール(年齢)』(エキサイトニュース)
  22. 『佐藤B作 事故死した前妻との壮絶な別れを語る「最初なに言ってんだか…」』(livedoor news)
  23. 『今日は久しぶりにこの人と飲みました』(佐藤銀平Twitter)

今、人気のタレント

  • 茅島成美
    女優81歳
    茅島成美は1942年9月14日、東京都に生まれる。出身校は滝野川女子学園高校。 『ナポレオンの村』(TBS系)、...
    1
  • 藤原宏美
    藤原宏美は 1976年08月20日生まれ。奈良県出身。 年齢は現在、40歳。 タレントとして活動している。
    2
  • 洞口依子
    女優59歳
    洞口依子(どうぐちよりこ)は、日本で活動する女優。東京都武蔵野市出身の1965年3月18日生まれ。テアトル・ド・ポ...
    3

佐藤B作に関連するタグ

最近更新されたタレント

  • 上村香菜子
    上村香菜子(かみむらかなこ)は日本で活動する声優。新潟出身。B型である。
  • 山﨑朗子
    山﨑朗子(やまさきあきこ)は日本で活動する声優。宮崎県出身。血液型はA型。
  • 内田愛香
    内田愛香(うちだあいか)は日本で活動する声優。千葉県出身。O型。

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ