2016年6月28日更新

おおしだれいこ

大信田礼子

70歳

大信田礼子(おおしだれいこ)は日本で活動する女優、歌手。1948年9月15日生まれ。京都府京都市出身。本名大信田礼子。最終学歴は駒沢学園女子高校。B型。

どんな人?

  • 大信田礼子は、1966年に行われたミス10代女王コンテスト世界大会で優勝したことをきっかけに、同年放送された少年ドラマシリーズ『太郎』(NHK)でデビューした女優、歌手である。
  • 代表作としては映画『同棲時代』や『ずべ公番長』、テレビドラマ『プレイガール』(テレビ東京系)などが挙げられる。
  • 1974年、作曲家である都倉俊一と結婚するが、1978年に離婚した。

プロフィール

本名大信田礼子
生年月日1948年9月15日(70歳)
血液型B型
出身地京都府京都市
最終学歴駒沢学園女子高校
デビュー年1966年

芸能活動

女優として

1966年、ミス10代女王コンテスト世界大会で優勝したことをきっかけに、同年放送された少年ドラマシリーズ『太郎』(NHK)で女優デビュー。
以降は1973年に公開された映画『同棲時代』や『不良番長シリーズ』に出演。
テレビドラマにおいては『相棒』(テレビ朝日系)や『プレイガール』(テレビ東京系)などに出演した。[出典1]

『プレイガール』のエピソード

厳しい母のもとで育った大信田はその反動からか、清純派としてデビューした頃から「家と同じことはしたくない!」と主張し続けたといい、その結果オファーを受けたのが『プレイガール』(テレビ東京系)だったと明かしている。

武芸百般という役柄で、「ジーンズにノーメイクでOK」という条件だったのに、いつの間にかミニスカで下着が見えるようになっていって。
なので、途中からは母が買ってきた私物のホットパンツで撮影していました。
蹴っ飛ばしたり走り回ったり、「テメー!」とタンカを切ったり、ストレス発散状態。特に回し蹴りが好きでしたね。
スッキリするのよ(笑)。[出典2]

『ずべ公番長』について

1970年から公開された映画『ずべ公番長』にて主演を務めた大信田は、同作についてを以下のように振り返っている。

捻挫や骨折は頻繁にあったけど、お気に入りのセリフや立ち回りは数え切れないほどで、本当に楽しかった。[出典2]

歌手として

女優として活動する傍ら、歌手としても活躍した大信田は、自身が出演した映画『同棲時代』の主題歌を担当することになった理由を、

抵抗がありましたね。「恋人もいないのに同棲なんて! 不潔!」と(笑)。
ですが、原作者の上村一夫先生にお会いしてお考えを聞き、反対すると思っていた母も承諾したものだから、歌うことに。

と明かしている。[出典2]

舞台『生きる』に主演

大信田は2014年9月2~7日にかけて上映された舞台『生きる』に主演。
「困っている人に手を差し伸べられる、お互いに助け合いながら生きるという事が人間社会にとって大切という事を、若い世代に伝える事」を目的として興行された[出典3]本作は、企画・立案者のブッチー武者が2006年に実際に起きた『地裁が泣いた京都温情判決』事件から着想を得たもの。
実母の介護経験がある大信田の熱演が感動を呼び、上演後は全国から再演希望の声が相次いだ。[出典4]

私生活

結婚

1974年、大信田は作曲家の都倉俊一と結婚した。

決め手は、母へのアプローチがいちばん強かったから(笑)。
私がいない時でも母に「仕事終わりに迎えに行っていいか」などの了承を取りに行っていたそう。

ちなみに母は同時期にアプローチしてきた方たちには「お別れの品」としてセッケンをあげたそうです。
理由を聞くと、「水の泡になったという意味よ」と。もらった人は意味がわからなかったでしょうね(笑)。[出典2]

しかし結婚生活は4年で破綻。
離婚後は独身を貫いている。[出典5]

所属事務所会長を偲ぶ

2012年5年3日に帰らぬ人となった芸能事務所・長良グループ会長・長良じゅんさんの本葬が同月22日に東京・青山葬儀所で営まれると、同事務所に所属する大信田は中村玉緒、グッチ裕三などと共に参列した。[出典6]

出典

  1. 『大信田礼子』(gooニュース)
  2. 『永遠の70年代アイドルに会いたい!「大信田礼子(同棲時代)」代表作の歌詞に激しく抵抗していた』(アサ芸プラス)
  3. 『開催要項』 (開催要項)
  4. 『全国から再演希望の声! 実話に基づく介護問題 舞台「生きる」全国公演プロジェクト』 ( クラウドファンディングのMotionGallery)
  5. 『爆報!THE フライデー 【SP】 の番組概要ページ』(gooテレビ番組(関西版))
  6. 『中村玉緒、長良さんと涙のお別れ グッチ裕三、氷川きよしらも「悲しい」』 (ORICON STYLE)
  1. 『大信田礼子』(gooニュース)
  2. 『永遠の70年代アイドルに会いたい!「大信田礼子(同棲時代)」代表作の歌詞に激しく抵抗していた』(アサ芸プラス)
  3. 『開催要項』 (開催要項)
  4. 『全国から再演希望の声! 実話に基づく介護問題 舞台「生きる」全国公演プロジェクト』 ( クラウドファンディングのMotionGallery)
  5. 『爆報!THE フライデー 【SP】 の番組概要ページ』(gooテレビ番組(関西版))
  6. 『中村玉緒、長良さんと涙のお別れ グッチ裕三、氷川きよしらも「悲しい」』 (ORICON STYLE)

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 有村架純
    有村架純は、2013年の朝ドラ『あまちゃん』(NHK)で脚光を浴びた女優で、2017年公開の映画『ナラタージュ』で...
  • 星野源
    歌手38歳
    星野源は、音楽家・俳優・文筆家。バンド活動を経てソロデビューした。代表曲は「SUN」や「Family Song」な...
  • 綾野剛
    俳優37歳
    綾野剛は、小栗旬や木村文乃らと同じ事務所に所属。2003年、『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)において怪人であ...
  • 綾瀬はるか
    女優34歳
    綾瀬はるかは「CMでよく見かける女性タレント好感度ランキング」で1位に輝いた女優。 ドラマ『世界の中心で、愛をさ...
  • 米倉涼子
    米倉涼子は1975年8月1日生まれの女優。横浜出身で、身長は168cm。 20歳まではバレエに打ち込んでおり、国...
  • 三浦春馬
    俳優29歳更新!!
    三浦春馬は、4歳の頃から芸能活動をしている俳優である。 共演した北川景子らからは、その好青年ぶりが評価されている...
  • 井上真央
    女優32歳
    井上真央は『キッズ・ウォー~ざけんなよ~』(TBS系)シリーズで今井茜役を務め、一躍お昼の顔となった女優。 嵐の...
  • 篠原涼子
    女優45歳
    篠原涼子は、2018年8月31日公開の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』や2018年11月16日公開の映画『人...
  • 羽生結弦
    羽生結弦は、フィギュアスケーター。「絶対王者」と評される実力の持ち主で、最も尊敬するスケーターはエフゲニー・プルシ...
  • 亀梨和也
    タレント33歳更新!!
    亀梨和也はKAT-TUNのメンバー。小学生の頃は、野球をやっていた。 『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)...

今、人気のタレント

  • 高嶋政宏
    俳優53歳
    高嶋政宏はドラマや映画で活躍する日本の俳優。弟は俳優の高嶋政伸である。 高嶋政宏は初出演映画『トットチャンネル』...
    1
  • 賀来賢人
    俳優29歳
    賀来賢人は朝ドラ『花子とアン』(NHK)や『Nのために』(TBS系)など、多数のドラマや映画に出演している俳優。 ...
    2
  • 吉岡里帆
    女優26歳更新!!
    吉岡里帆は京都橘大学日本語日本文学科で書道コースを専攻していた。特技は書道とアルトサックス。 朝ドラ『あさが来た...
    3

最近更新されたタレント

  • 葉山奨之
    俳優23歳更新!!
    葉山奨之は2011年にドラマ『鈴木先生』(テレビ東京系)でデビューした俳優。 朝ドラ『まれ』(NHK)の出演で注...
  • 小林薫
    俳優67歳更新!!
    小林薫は、俳優。1980年に状況劇場を退団後し、以降は映画やドラマで活躍している。日本アカデミー賞の最優秀助演男優...
  • 山中崇
    俳優41歳更新!!
    山中崇は東京都出身の俳優。高校生の文化祭で演劇に出演したことをきっかけに、俳優を目指す。学生時代より演劇活動を始め...
  • 立川志の輔
    タレント65歳更新!!
    立川志の輔は 1954年02月15日生まれ。富山県出身。 年齢は現在、63歳。 タレントとして活動している。

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ