2022年2月2日更新

やまぐちかりん

山口果林

77歳

山口果林(やまぐちかりん)は日本で活動する女優。1947年5月10日生まれ。東京都出身である。

どんな人?

  • 山口果林は女優として1971年NHK朝のテレビ小説『繭子ひとり』のヒロインでデビュー。
  • 18歳のときに出会った23歳年上の作家・安部公房との不倫関係について綴った著書『安部公房とわたし』を、安部が亡くなってから20年後に発売した。
  • 広島・長崎の原爆の悲劇を語り継ぐための活動を「夏の会」として続けている。

プロフィール

芸名 / 読み山口 果林 / やまぐち かりん
誕生日5月10日
出身地東京都
デビュー年1971年
身長160.0cm
星座 / 干支おうし座 / 亥年

出典:タレントデータバンク

芸能活動

初ヒロイン作は視聴率50%超え

山口果林は女優として朝のテレビ小説『繭子ひとり』(NHK)で、ヒロインに抜擢され
女優としてデビューした。山口がヒロインを務めた朝ドラの平均視聴率は50%を越えていた。[出典1]

原爆の悲劇を語り継ぐ「夏の会」

山口果林は広島・長崎の原爆の悲劇を語り継ぐ「夏の会」に参加し、朗読活動を行なっている。
朗読公演『夏の雲は忘れない』は広島・長崎に落とされた原爆によって父母を亡くした子供や子供を亡くした両親の書き残した手記を女優たちが朗読する公演。
特別な大道具や小道具を用いず、映像と音楽、効果音、照明によって構成されるステージで、山口はこの活動をはじめて20年以上になるという。[出典2]

私生活

安部公房との不倫関係を著書に

山口果林は18歳のとき、23歳年上の作家、安部公房と出会い、その後2人は不倫関係となる。
2人の関係は1993年に安部が亡くなるまで2人の関係は続いたという。
山口が安部との暮らしをつづった著書『安部公房とわたし』(講談社)を2013年に出版。
出会いから交際にいたるまでの経緯や2人の生活が綴られている。[出典3]

出演

映画

テレビ番組

出典

  1. 『山口果林』(たむらプロ)
  2. 『夏の雲は忘れない ヒロシマ・ナガサキ 1945年』(女優たちによる朗読「夏の会」)
  3. 『安部公房、没後20年に「子どもを中絶」と暴露され、愛人と実の娘がド修羅場に!?』(サイゾーウーマン)

今、人気のタレント

  • 古川琴音
    女優27歳
    古川琴音(ふるかわことね)は、日本で活動する役者。神奈川県出身の1996年10月25日生まれ。ユマニテ所属。 中...
    1
  • ファーストサマーウイカ
    ファーストサマーウイカ(ふぁーすとさまーういか)は、日本で活動するタレント・歌手。大阪府大阪市出身の1990年6月...
    2
  • ジェシー
    歌手28歳
    ジェシー(じぇしー)は、日本で活動するアイドル・役者。東京都出身の1996年6月11日生まれ。SMILE-UP.(...
    3

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ