2016年12月14日更新

かわのたろう

川野太郎

64歳

川野太郎(かわのたろう)は日本で活動する俳優。1960年4月11日生まれ。山口県吉敷郡小郡町出身である。最終学歴は早稲田大学教育学部体育学専修。血液型はB型。事務所はイトーカンパニー。

どんな人?

  • 川野太郎は1985年にデビューした俳優。大学時代から交際していた一般女性と9年間の交際を経て結婚。息子は文学座研究生。
  • デビュー作は1985年放送の連続テレビ小説『澪つくし』(NHK)で、ヒロイン役の沢口靖子と共演。連続テレビ小説史上、最高の視聴率55.3%を記録した。
  • 1982年〜2002年まで放送された『料理バンザイ!』(テレビ朝日系)の「たまに行くならこんな店」に、4代目レポーターとして長年出演した。

プロフィール

生年月日1960年4月11日(64歳)
身長 / 血液型178cm / B型
出身地山口県吉敷郡小郡町
最終学歴早稲田大学教育学部体育学専修
デビュー年1985年
所属事務所イトーカンパニー

生い立ち

川野太郎は1960年4月11日、山口県に生まれる。[出典1]
子供時代に両親が離婚している。出身校は早稲田大学。[出典2]

芸能活動

デビュー作品で視聴率55.3%!一躍人気者に

1985年、連続テレビ小説『澪つくし』(NHK)で俳優デビュー。沢口靖子と共演し、最高視聴率55.3%を記録した。これは、歴代連続テレビ小説の最高記録となった。

その後、『料理バンザイ!』(テレビ朝日)の「たまに行くならこんな店」というコーナーのレポーターを長年務めた。

私生活

合宿で偶然の再開を果たした女性と結婚

友人2人で歩いていた時、キャッチセールスに捕まり、なかなか逃れることができなくなっていたところ、前から女性が歩いてきたので連れということにしてもらい助けてもらった。

その後、早稲田の合宿で偶然その女性と再開し、交際を開始。後に妻となった。[出典2]

妻が子宮頸がんに

妻が不調を訴え、最初に診てもらった病院で癌ステージ2と診断されたが、後の精密検査で癌ステージ4であることが発覚した。

お先真っ暗といった感じだった。
一番つらいのはもちろん病気を患っている本人だけど、家族も第二の患者だ。

絶望的な感じが自分の体を覆っちゃいました。[出典2]

川野はこのように語った。

幸いなことに、手術もせずに抗癌剤と放射線の治療のみで回復し、退院の際には家族全員で号泣したという。[出典2][出典3]

出典

  1. 川野太郎 gooニュース

  2. 『徹子の部屋』(テレビ朝日系)2016年2月25日放送 より

  3. 『川野太郎 愛妻が子宮頸がん判明も全快』(デイリースポーツオンライン)

出演

テレビ番組

今、人気のタレント

  • 高畑充希
    女優32歳
    高畑充希(たかはたみつき)は、日本で活動する役者。大阪府東大阪市出身出身の1991年12月14日生まれ。ホリプロ所...
    1
  • 松下由樹
    女優55歳
    松下由樹は、1983年に映画『アイコ十六歳』でデビューした女優。 高校時代にはダンスを習っており、その体験を女優...
    2
  • 市川紗椰
    市川紗椰は、アメリカ人の父を持つハーフモデル・タレント。4〜14歳まで現地で育ち、英語が堪能である。最終学歴は早稲...
    3

最近更新されたタレント

  • 上村香菜子
    上村香菜子(かみむらかなこ)は日本で活動する声優。新潟出身。B型である。
  • 山﨑朗子
    山﨑朗子(やまさきあきこ)は日本で活動する声優。宮崎県出身。血液型はA型。
  • 内田愛香
    内田愛香(うちだあいか)は日本で活動する声優。千葉県出身。O型。

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ