2024年3月1日更新

ひろすえりょうこ

広末涼子

43歳

広末涼子(ひろすえりょうこ)は日本で活動する女優、歌手。1980年7月18日生まれ。高知県高知市出身である。

と決意したという。[出典11]

女優デビュー

広末涼子は、1994年行われた第1回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリに選ばれ、芸能界入り。

1995年に放送されたドラマ『ハートにS』(フジテレビ)で念願の女優デビュー果たした。[出典2]

その後、1996年に放送されたNTTドコモのポケベルのCMでブレイク。

1996年のドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)や、1997年のドラマ『ビーチボーイズ』(フジテレビ)など、人気作品に続々出演し、人気女優の一人となった。[出典12]

歌手としても活躍

広末涼子は、1997年にリリースされたシングル『MajiでKoiする5秒前』で歌手デビュー。

この曲は、歌手の竹内まりやによって作詞・作曲され、60万枚を超える売り上げで大ヒットを記録した。

2か月後に発売されたセカンドシングル『大スキ!』もヒットを記録し、自身初となるオリコン・ランキング1位を獲得。[出典13]

また、その年の『NHK紅白歌合戦』(NHK)に初出場し、歌手としても一躍大人気となった。[出典14]

話題の刑事ドラマに出演

広末涼子は、2019年に放送されたドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ)に出演した。

本作は、2019年1月期に放送されたドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)と世界観を共有する刑事ドラマ。主演は賀来賢人。[出典15]

広末は、物語のカギを握る刑事・碓氷薫を演じた。[出典16]

また、広末は2021年に放送されたドラマ『桜の塔』(テレビ朝日)に出演。

本作は、『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ)でも脚本を務めた武藤将吾が脚本を担当した作品。[出典17]

警視庁で巻き起こる、警視総監の座を巡った出世競争が描かれている。主演は玉木宏が務めた。[出典18]

広末は、主人公の幼馴染で、捜査一課の主任・水樹爽を演じた。[出典19]

人物

  • 子供の頃は、とてもひょうきんな性格だった。友達から「女優になるなら吉本」と言われるほど面白いことが好きだったという。
  • 自身の性格について、人が好きな性格であると発言している。ポジティブな感情をシェアしたいそうで、自分から楽しい空気を作っていくそう。[出典20]
  • 女優という仕事の魅力について、元気や希望といったポジティブなものを伝えられる点を挙げている。[出典21]
  • 痴漢被害ににあった経験があるが、恐怖よりも腹立たしさが勝り、犯人を説教したという。[出典22]
  • 2016年に、メガネが最も似合う女性として「第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」を受賞した。[出典23]
  • 主婦の趣味にハマっており、梅シロップを漬けている他、フラワーアレンジメントに通ったりしている。
  • 近所にママ友が多くいるそうで、玄関を開けたまま、マンションの同じフロアに住むママ友の元を行き来している。
  • 家事は出かける前にすべてこなし、休日も弁当作りのため朝5時に起きている。[出典24]
  • 好物は出汁を使ったところてん。地元・高知県に帰省した際は、必ず昆布、鰹節、ちりめんじゃこでとった出汁でところてんを食べる。[出典25]
  • 美容のため、家の様々な場所に基礎化粧水を置き、気づいたときに保湿するようにしているそう。[出典26]

結婚

2003年に一度目の結婚

広末涼子は、2003年にモデルの岡沢高宏と結婚。

結婚発表時、すでに第一子を妊娠していたことから、“できちゃった結婚”と言われていた。[出典27]

当時を振り返って広末は、

出来ちゃった結婚だと言われたけど、そうじゃないと結婚なんて出来ない状況だった[出典27]

と暴露している。[出典27]

2004年4月に長男を出産。

出典

  1. 『広末涼子』(Wikipedia)
  2. 『広末涼子 - 略歴・フィルモグラフィー』(KINENOTE)
  3. 『広末涼子さん「高知県民の『人好きなところ』が女優としても支えに」』(高知県のまとめサイト高知家の◯◯)
  4. 『さよなら追手前小 卒業生に広末涼子さん 高知 教育』(朝日新聞デジタル)
  5. 『広末涼子、中学時代にイケメントップ3とカラオケに行った過去明かす『あいつ今何してる?』 』(テレビドガッチ)
  6. 『広末涼子 母校で「ヒロスエブーム」ふり返る』(スポニチ Sponichi Annex 芸能)
  7. 『広末涼子、高校時代の思い出語る 「芸能界自体を汚れた世界と見てしまった」 (2020年1月25日) 』(エキサイトニュース)
  8. 『芸能人の大学入試事情 AO入試は簡単ではない』(ORICON NEWS)
  9. 『21年前の広末涼子の早稲田入学の大騒動は何だったのか? (1/4) 』(AERA dot.)
  10. 『21年前の広末涼子の早稲田入学の大騒動は何だったのか? (2/4)』(AERA dot.)
  11. 『「ドラマ好きが高じて女優を目指した」広末涼子のこれまでとこれから (1/2)』(WEBザテレビジョン)
  12. 『広末涼子』(映画.com)
  13. 『広末涼子 アナログ『MajiでKoiする5秒前』、『大スキ!』6月10日に2タイトル同時発売』(TOWER RECORDS ONLINE)
  14. 『NHK紅白歌合戦ヒストリー』(NHK)
  15. 『リアルサウンド 映画部』(『ニッポンノワール』と『3年A組』の世界はどう交わっている? 菅田将暉や永野芽郁の登場に期待が膨らむ)
  16. 『Cast&Chart ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(日本テレビ)
  17. 『広末涼子は武藤将吾作品の“ミューズ”? 『ニッポンノワール』に続く『桜の塔』への期待』(リアルサウンド)
  18. 『イントロダクション』(木曜ドラマ『桜の塔』 テレビ朝日)
  19. 『相関図・キャスト』(木曜ドラマ『桜の塔』 テレビ朝日)
  20. 『広末涼子「映画『WASABI』の会見で涙を流したワケ」インタビュー① 2ページ』(FRaU)
  21. 『広末涼子「映画『WASABI』の会見で涙を流したワケ」インタビュー① 5ページ』(FRaU)
  22. 『広末涼子、痴漢被害を告白しスタジオ驚愕』(モデルプレス)
  23. 『『メガネベストドレッサー』広末涼子&西内まりやらが受賞』(ORICON NEWS)
  24. 『広末涼子の“主婦の顔” 私生活明かす』(モデルプレス)
  25. 『篠原涼子、門脇麦、広末涼子…有名女優の「好物」は意外に質素、その理由は? (1/2) 』(AERA dot. )
  26. 『広末涼子、痴漢被害を告白しスタジオ驚愕』(モデルプレス)
  27. 『広末涼子 女性誌で語った初めての結婚と2度目の結婚』(アサ芸プラス)
  28. 『広末涼子が離婚 4年間の結婚生活に「後悔の念はありません」』(ORICON NEWS)

広末涼子の関連記事

今、人気のタレント

  • 福山雅治
    俳優55歳
    福山雅治は、1988年にオーディションに合格、俳優デビューを果たした。1990年にはシングル「追憶の雨の中」で歌手...
    1
  • 小泉孝太郎
    小泉孝太郎(こいずみこうたろう)は、日本で活動する役者。神奈川県横須賀市出身の1978年7月10日生まれ。イザワオ...
    2
  • 安倍なつみ
    安倍なつみは、中澤裕子や飯田圭織らと共にモーニング娘。の第1期メンバーとしてデビュー。在籍時は、グループの中核的ポ...
    3

最近更新されたタレント

  • 上村香菜子
    上村香菜子(かみむらかなこ)は日本で活動する声優。新潟出身。B型である。
  • 山﨑朗子
    山﨑朗子(やまさきあきこ)は日本で活動する声優。宮崎県出身。血液型はA型。
  • 内田愛香
    内田愛香(うちだあいか)は日本で活動する声優。千葉県出身。O型。

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ