2022年7月29日更新

きむらみどりこ

キムラ緑子

62歳

キムラ緑子(きむらみどりこ)は日本で活動する女優。1961年10月15日生まれ。兵庫県洲本市出身。事務所はシス・カンパニーに所属する。

どんな人?

  • キムラ緑子(きむらみどりこ)は、日本の役者。兵庫県洲本市出身の1961年10月15日生まれ。シス・カンパニー所属。
  • 同志社女子大学入学後から演劇を始め、同大学で出会ったマキノノゾミ主宰の劇団「劇団M.O.P」に旗揚げに参加した。
  • 塾講師として地元で働いていた際、同劇団からオファーがあり、以降2010年の解散まで看板役者を務めている。
  • 1996年頃までは舞台演劇を中心に活動していたが、マキノが脚本を務めた連続テレビ小説『まんてん』(NHK)への出演を機に映像作品への出演が増えた。
  • 私生活では、1992年にマキノノゾミと結婚。その後2005年に離婚し、2010年に再度マキノと結婚している。

プロフィール

生年月日1961年10月15日(62歳)
血液型O型
出身地兵庫県洲本市
最終学歴同志社女子大学学芸学部英文学科
デビュー年1984年
所属事務所シス・カンパニー

▼キムラ緑子

生い立ち

キムラ緑子は、兵庫県洲本市出身の1961年10月15日生まれ。現在年齢は62歳。シス・カンパニー所属。[出典1]

もともと演劇に興味があったわけではない

キムラ緑子は高校時代は剣道部に所属しており、演劇には一切興味がなかった。

同志社女子大学に入学後、演劇をしていた友人の付き添いで演劇サークルの見学へ行った際衝撃を受け、自身も参加。

同サークルに所属していた演出・脚本のマキノノゾミ主宰の劇団「M.O.P」の旗揚げにも参加している。

大学卒業後は地元へ戻り塾講師として働いていたが、同劇団の代役としてオファーがかかり演劇に復帰。

当初はすぐに地元へ帰ろうと考えていたが、劇団としてオリジナル作品を上演するようになり役者の道へ進むことを選んでいる。[出典2][出典3]

芸能活動

キムラ緑子は、劇団「M.O.P」が解散する2010年まで同劇団の看板役者として活動。

本格的に役者活動を開始してからは、「M.O.P」作品のみならず外部の作品にも精力的に出演し、1997年公演の『秋の歌』では「紀伊國屋演劇賞」個人賞を受賞している。

この頃までは舞台作品を中心に役者として活動し、映像作品では1996年公開の映画『極道の妻たち・危険な賭け』に端役として出演するのみだった。

その後、劇団「M.O.P」の主宰・マキノノゾミが脚本を務めた2002年放送の連続テレビ小説『まんてん』(NHK)で本格的に映像デビュー。

以降は映画『パッチギ!』や『嫌われ松子の一生』などに出演し、母親役などを演じている。[出典2][出典4]

2013年放送の連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)では、大阪編に出演。嫁イビリを行い視聴者から「最恐キャラ」と言われる義姉・和枝を演じ、一気にブレイク。

さまざまな役柄を演じ、作品によってガラリと変わる印象から「カメレオン役者」と言われるようになった。[出典5]

以降も、連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)やドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ)、『あなたのブツが、ここに』(NHK)や映画『泣くな赤鬼』、『劇場版ラジエーションハウス』など多くの作品に出演している。[出典1]

人物

  • 役作りに人より時間がかかり、毎回のたうち回りながら役作りしている。[出典2]
  • 朝ドラ『ごちそうさん』(NHK)に出演した際は、日本中のお茶の間を敵に回す覚悟で演じている。[出典5]
  • ごちそうさん』での怪演の結果、親戚の叔父から「うちには姪っ子がいないことになっているから」と両親のもとへ電話がかかって来たそう。[出典6]
  • 私生活では、大学の演劇サークル時代から付き合いのある演出・脚本家のマキノノゾミと1992年に結婚。しかし、私生活でも仕事場である劇場でも常に一緒だっため距離感があまりに近くなってしまい、2005年に離婚した。
  • その後時制柄辛い日々が続き「誰かにそばに居て欲しい」と考えた時、気軽に近況を尋ねられる間柄が続いていたマキノのことが真っ先に思い浮かび、2010年に再婚している。[出典7]
  • 最初の結婚時代である35歳の時に、東京での仕事がきっかけとなり上京を決め、引っ越しの日取り物件を1人で探しマキノに事後報告している。[出典8]

公式SNS・ブログ

インスタグラム

キムラ緑子の公式Instagramはこちら

ブログ

キムラ緑子の公式ブログはこちら

出演

テレビ番組

出典

  1. 『キムラ緑子』(SIS company inc.)
  2. 『キムラ緑子 - 略歴・フィルモグラフィー』(KINENOTE)
  3. 『「けじめをつけるために1回、終わりにする」劇団M.O.P.解散について語る ─女優・キムラ緑子インタビュー 【後編】』(webDICE)
  4. 『キムラ緑子』(映画.com)
  5. 『近所のおばちゃんから貴婦人まで 怪演女優・キムラ緑子』(ORICON NEWS)
  6. 『朝ドラで注目 キムラ緑子/気になリスト - 芸能ニュース』(nikkansports.com)
  7. 『キムラ緑子 リアル別れても好きな人!? 離婚した夫と5年後に復縁した理由とは』(スポニチ)
  8. 『ベテラン女優・キムラ緑子、同じ相手と二度結婚 岡村隆史「めちゃくちゃですやん!」』(ORICON NEWS)

今、人気のタレント

  • 岡田浩暉
    俳優58歳
    岡田浩暉(おかだこうき)は、日本で活動する俳優・歌手。群馬県出身の1965年10月26日生まれ。サーブプロモーショ...
    1
  • 有村架純
    有村架純(ありむらかすみ)は、日本で活動する役者。兵庫県伊丹市出身の1993年2月13日生まれ。フラーム所属。 ...
    2
  • 桐谷美玲
    桐谷美玲は女優・モデル。本名は、松岡さや紗である。 身長は163.5cm。スリーサイズは上から78・57・83。...
    3

最近更新されたタレント

  • 塚田僚一
    タレント37歳更新!!
    塚田僚一(つかだりょういち)は、日本で活動するアイドル・役者。神奈川県出身の1986年12月10日生まれ。SMIL...
  • 赤木春恵
    女優満94歳没更新!!
    赤木春恵は1940年松竹にニューフェースとして入社。同年に映画『二本松少年隊』で女優デビュー。1943年に大映へ移...
  • 小松政夫
    タレント更新!!
    肝細胞癌のため、2020年12月7日に78歳で死去。 小松政夫(こまつまさお)は日本で活動したコメディアン、タレ...
  • 井川瑠音
    女優更新!!
    体調不良で療養の後、2023年11月18日に31歳で死去。 井川瑠音(いかわるね)は日本で活動した女優。

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ