2021年10月1日更新

むろいしげる

室井滋

64歳

室井滋(むろいしげる)は日本で活動する女優。富山県出身。ホットロードに所属する。

どんな人?

  • 室井滋(むろいしげる)は、日本で活動する役者。富山県出身の1958年10月22日生まれ。ホットロード所属。
  • 早稲田大学在学中から自主制作映画に多数出演しており、「自主映画の女王」と呼ばれていた。
  • その後、映画『風の歌を聴け』で本格的にスクリーンデビューを果たし、役者業が多忙となった。
  • 役者以外にも声優なナレーターも勤めており、ピクサー作品『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』では、ナンヨウハギのドリーを演じている。
  • 私生活では、結婚はしていないが映画監督の長谷川和彦と長年同居を続けており、事実婚状態であることが度々話題となっている。

プロフィール

芸名 / 読み室井 滋 / むろい しげる
出身地富山県
血液型O型

出典:タレントデータバンク

▼室井滋

生い立ち

室井滋は、富山県出身の1958年10月22日生まれ。現在年齢は64歳。身長160cm。ホットロード所属。[出典2]

小学生の時に両親が離婚

富山県で9代続く由緒ある家に生まれた室井滋。

父親は、家業の荒物問屋を祖母に任せ、作家活動を行いながら高校の英語教師をしていた。

結婚後は教師として生活することに飽き、家で塾を開いたり、小説を書くために何日も取材旅行に出かけるなど奔放な暮らしだったという。

次第に夫婦仲が悪くなり、室井が小学校高学年の時に両親は離婚。[出典3]

それ以降、室井は祖母と父親と3人で暮らしていた。[出典4]

高校時代に女優を目指し始めた

高校時代、夜は芝居や映画を観て過ごしていたという室井滋。[出典4]

室井が芝居好きだと知った教師や生徒から「学校の演劇で演出を担当してみない?」と言われたのがきっかけで、自ら演出、主演を務めるようになった。[出典4][出典5]

高校卒業後は、女優を目指して上京。

父親の母校である早稲田大学に進学し、演劇サークルやシネマ研究会に所属していた。[出典4]

大学在学中は自主映画に多数出演し、“自主映画の女王”と呼ばれた。[出典5]

芸能活動

映画で女優デビュー

室井滋は、1981年に公開された映画『風の歌を聴け』で本格的に女優デビューした。

“自主映画の女王”として色々な作品に出演していたのを映画監督の大森一樹が注目し、起用されたという。[出典5]

その後、映画『闇打つ心臓』や映画『パン屋襲撃』に出演。

1987年に公開された映画『トットチャンネル』では、映画の使用曲『東京ブギウギ』で歌手デビューを果たしている。[出典1]

執筆業との両立

20代の頃は、女優として活動しながらアルバイトもしていたという室井滋。

英会話教材のセールスやパチンコ店のサクラなど100種類の業種を経験。

そんなバイトのひとつとして執筆の仕事も行っており、たまたま書いたエッセイが面白いと評判になったという。[出典7]

1991年に発売した処女作エッセイ『むかつくぜ!』は、100万部を超えるベストセラーを記録。[出典5]

その後、多数のエッセイ本を出版している。[出典1]

また、2011年には絵本『しげちゃん』で絵本作家としてデビュー。

室井滋という名前にまつわるユーモラスなエピソードが共感を呼び、「第2回 リブロ絵本大賞」に入賞した。[出典8]

ドラマ『やっぱり猫が好き』シリーズでブレイク

室井滋は、1988年に放送されたドラマ『やっぱり猫が好き』(フジテレビ)に出演しブレイク。

もたいまさこ、小林聡美と3姉妹を演じ、個性派女優として一躍有名になった。[出典4]

アドリブ満載のシチュエーションコメディが好評を博し、1991年まで長期シリーズとして放送された。

放送終了後もスペシャル版として復活するなど、根強い人気を誇っている。[出典6]

話題のドラマに多数出演

室井滋は、ドラマ『菊次郎とさき』(テレビ朝日)やドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日)、ドラマ『花子とアン』(NHK)など、デビュー以来多くの話題作に出演している。[出典1]

2020年放送のドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日)では、悪を斬る家政婦・鰐淵五月役を演じた。[出典9]

人物

  • 一級小型船舶免許を持っている。[出典1]
  • 海が好きで、船の中で生活していた時期がある。当時は、海から仕事に通っていたという。[出典11]
  • 財布を使わず、現金をフリーザーバッグで持ち歩いている。
  • 原稿を書く時はパソコンを使わず、学習帳に手書きしている。[出典10]
  • 猫好きとして知られている。十数匹同時に飼ったこともあるという。[出典12]
  • 上京する時に父親から「仕送りが滞ったら古本屋で売りなさい」と、太宰治の書籍『斜陽』の初版本を譲り受けた。[出典13]
  • おでこに鍵盤を当ててピアニカを演奏する、という特技を持っている。
  • 新しい電化製品がすぐ壊れるなど、不思議な現象が起こることが多い。[出典14]
  • 麻雀や数独、カードゲームが好き。
  • ガラケーを使っており、電話番号を50個程度記憶している。[出典15]

結婚

室井滋は、2019年9月に出演したバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ)で、映画監督の長谷川和彦と30年以上事実婚生活を送っていると明かし、大きな話題になった。[出典16]

結婚ではなく事実婚を選んだ理由に、

子供ができていたら“結婚”を考えたでしょうね。でも、残念ながらできなかった。そうなると籍を入れる必要は全然ないわけ[出典16]

と答えている。[出典16]

出演

テレビ番組

出典

  1. 『室井滋』(ホットロード)
  2. 『室井滋のプロフィール』(エキサイトニュース)
  3. 『室井滋が明かした亡き実父の素顔「花子の父・吉平そっくり」』(女性自身)
  4. 『今が人生で一番幸せな時間。肩の力を抜いて、もっと豊かな俳優人生へ歩みたい』(SANZUI)
  5. 『室井 滋(女優・エッセイスト)』(BS朝日)
  6. 『室井滋』(映画DB)
  7. 『室井滋 いつからプロの女優になったのか実感が持てない』(日刊ゲンダイ)
  8. 『しげちゃん』(金の星社)
  9. 『木村文乃、中園ミホ脚本『七人の秘書』でテレ朝連ドラ初主演 共演に広瀬アリス、シム・ウンギョンら』(RealSound)
  10. 『松本人志「ただのヤバいやつやん」室井滋の超個性的プライベート&特技にあぜん』(ザテレビジョン)
  11. 『魚ばかり描き怒られたさかなクンと船に居住禁止令の室井滋』(NEWSポストセブン)
  12. 『死後はおっさんの姿でそばに? 室井滋の特別な猫・チビの思い出』(AERA dot.)
  13. 『Dream HEART vol.360 女優・作家 室井滋さん「大好きだった父」』(Tokyo FM)
  14. 『室井滋 伝説の映画監督との事実婚を語る!松本が広めた?都市伝説の真相も』(フジテレビュー!!)
  15. 『室井滋&夏井いつき対談 室井「携帯電話番号50個覚えてる」』(NEWSポストセブン)
  16. 『室井滋 伝説監督との事実婚生活、本誌にも告白「彼はお父さん」』(女性自身)

今、人気のタレント

  • 桜田通
    俳優30歳
    桜田通(さくらだどおり)は日本で活動する俳優。1991年12月7日生まれ。東京都出身。本名は桜田通。B型。事務所は...
    1
  • 広瀬すず
    広瀬すず(ひろせすず)は、日本で活動する役者。静岡県出身の1998年6月19日生まれ。フォスタープラス所属。 姉...
    2
  • 古川琴音
    女優25歳
    古川琴音(ふるかわことね)は、日本で活動する役者。神奈川県出身の1996年10月25日生まれ。ユマニテ所属。 中...
    3

最近更新されたタレント

  • 嶋田久作
    俳優67歳更新!!
    嶋田久作(しまだきゅうさく)は、日本の役者。神奈川県出身の1955年4月24日生まれ。ザズウ所属。 大学卒業後に...
  • 茂木忍
    アイドル25歳更新!!
    茂木忍(もぎしのぶ)は、日本のアイドル・YouTuber。千葉県出身の1997年2月16日生まれ。株式会社DH所属...
  • 新津ちせ
    女優12歳更新!!
    新津ちせ(にいつちせ)は、日本の子役。東京都出身の2010年5月23日生まれ。劇団ひまわり所属。 父はアニメ監督...
  • 土屋神葉
    俳優26歳更新!!
    土屋神葉(つちやしんば)は、日本の声優・役者。東京都出身の1996年4月4日生まれ。トランスワールドジャパン株式会...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ