2022年4月28日更新

いちげよしえ

市毛良枝

73歳

市毛良枝(いちげよしえ)は日本で活動する女優。1950年9月6日生まれ。静岡県出身。

どんな人?

  • 市毛良枝(いちげよしえ)は、日本の役者。静岡県出身の1950年9月6日生まれ。アミューズ所属。
  • 文学座付属演劇研究所、俳優小劇場研究所を経て役者活動を開始。
  • 1971年放送のドラマ『冬の華』(TBS)でテレビドラマデビューした。
  • 1977年から放送された昼ドラマ『小さくとも命の花は』(フジテレビ)では主演を演じ、初井言榮と共に嫁姑シリーズとして9作品に出演している。
  • 私生活では、当時弁護士であり現政治家の小川敏夫と1988年に結婚。しかしその後離婚した。

プロフィール

芸名 / 読み市毛 良枝 / いちげ よしえ
誕生日9月6日
出身地静岡県
身長 / 血液型156.0cm / O型
星座 / 干支おとめ座 / 寅年

出典:タレントデータバンク

生い立ち

市毛良枝は、静岡県出身の1950年9月6日生まれ。現在年齢は73歳。身長156cm。アミューズ所属。[出典1]

芸能活動

市毛良枝は立教女学院高校卒業後、「学座付属演劇研究所」や「俳優小劇場研究所」で演技を学び役者活動を開始。

1971年には、ドラマ『冬の華』(TBS)でテレビドラマデビューした。

1973年にスクリーンデビューを果たし、以降いくつかの映画・ドラマに出演。

その後、1977年放送の昼ドラマ『小さくとも命の花は』(フジテレビ)で主演を務めた。

本作では初井言榮とのコンビで嫁姑を演じ、9作品に渡り出演している。

市毛は本作で若妻を演じており、「お嫁さんにしたい女優」と人気を集めバラエティ番組などにも出演した。

後年はドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ)や『瑠璃の島』(日本テレビ)、映画『おっぱいバレー』などで母親や隣人役などを演じている。[出典2][出典3]

人物

  • 20年間ほど、月に1度のペースで少年院へボランティアに訪れている。
  • 1日中役者としての感性で生活することができず、役者でいる時間は「パートタイム」と称している。
  • 普通の人間であるという自覚が長年あり、それがコンプレックスだった。
  • それまで役者には向いておらず、辞めたいと思わない時がなかったが、60歳を機に考えが変わった。
  • 40歳の時に登山と出会い、以降登山が好きになった。
  • 60歳になってからは社交ダンスを始めている。[出典4]
  • 車好きであり、撮影現場へ入る際は自ら車を運転する。
  • 運転免許を取得したのは20代半ばであり、シトロエン「2CV」に一目惚れしたのが車に乗るきっかけだった。[出典5]

出演

テレビ番組

映画

出典

  1. 『市毛 良枝』(アミューズWEBサイト)
  2. 『市毛良枝 - 略歴・フィルモグラフィー』(KINENOTE)
  3. 『市毛良枝のプロフィール・画像・写真』(Webザテレビジョン)
  4. 『「普通過ぎることがコンプレックスだった私を、救ってくれたもの」市毛良枝さんインタビュー』(毎日が発見ネット)
  5. 『愛車の履歴書──Vol1.俳優・市毛良枝さん(前編)』(GQ JAPAN)

今、人気のタレント

  • 西島まどか
    西島まどかは 1985年08月16日生まれ。北海道出身。 タレントとして活動している。
    1
  • 美山加恋
    女優27歳
    美山加恋はホリプロに所属する女優・声優。東京都出身、身長は152cm。 2004年、当時子役として活動していた美...
    2
  • 齋藤飛鳥
    齋藤飛鳥は乃木坂46の1期生、最年少としてデビューした。日本人の父親とミャンマー人の母親のハーフで、端正な容姿と“...
    3

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ