2021年12月30日更新

まつこ・でらっくす

マツコ・デラックス

50歳

マツコ・デラックス(まつこ・でらっくす)は日本で活動するコラムニスト、エッセイスト、タレント。1972年10月26日生まれ。千葉県出身である。血液型はA型である。事務所はナチュラルエイト。

どんな人?

  • マツコ・デラックス(まつこ・でらっくす)は、日本で活動するタレント・コラムニスト。千葉県出身の1972年10月26日生まれ。ナチュラルエイト所属。
  • 高校を卒業後は美容の専門学校へ進学。卒業後はゲイ雑誌『Badi』の編集者として5年ほど働いていた。
  • 編集者を辞めた後は2年ほど実家で引きこもり生活を送っていたが、小説家・エッセイストの中村うさぎから対談相手に抜擢され、エッセイストとして活動を開始。
  • 以降、スリーサイズ140cmの巨漢で女装家というインパクトのあるビジュアルを武器に、タレント業も開始した。
  • 2005年から、情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)のレギュラーとして出演。以後ブレイクし、様々なバラエティ番組や冠番組に出演している。

プロフィール

芸名 / 読みマツコ・デラックス / まつこ でらっくす
血液型A型
星座さそり座

出典:タレントデータバンク

▼マツコ・デラックス

生い立ち

マツコ・デラックスは、千葉県出身の1972年10月26日生まれ。現在年齢は50歳。身長178cm。ナチュラルエイト所属。[出典1][出典2][出典3]

不登校だった時期がある

マツコ・デラックスは小学生の一時期、学校へ行かなかった時期があるという。

周りに合わせることや学校の雰囲気が嫌になってしまい、不登校になったそう。

しかしそのうち、「別に1人でいてもいいし友達がいなくても構わない」と吹っ切れ、再び学校へ通うようになったという。

また、学校の先生に恵まれたそうで、先生に会いに行くために通学していた。[出典4]

高校時代に女装を始める

マツコ・デラックスは思春期の頃、「女性になりたいわけではないが女装がしたい」と漠然と感じていたという。

その後、資生堂のPR誌『花椿』を観てその気持ちがさらに強まり、「なるようになれ!」という気持ちで高校3年生の頃から女装するようになった。

地元・千葉県の高校に通っていた時は、コンビニのトイレで服を着替えメイクをし、倉庫街のクラブ「芝浦GOLD」に足を運んでいたという。

なお、マツコが通っていた高校の同級生には、アイドルグループ「SMAP」の元メンバー・木村拓哉がいた。[出典5]

高校卒業後は紆余曲折ありゲイ雑誌の編集に

マツコ・デラックスは高校卒業後、美容学校を経て美容職についた。

しかし「何か違う」と思っていたところ、テレビで観たゲイのアクティビストに衝撃を受け、ゲイ雑誌『バディ』の編集部にアルバイト入社。

以降5年ほど記者・編集者として仕事をしていたが、人間関係が原因で退職した。

その後は2年間ほど実家に引きこもり、自暴自棄な生活を送っていたという。

しかしそんなマツコを見た両親がマツコを家から追い出してしまっている。

そんな時、『バディ』でマツコのコラムを読んだ小説家・中村うさぎから、対談集の対談相手に抜擢される。

その後、中村からの勧めもありコラムニストとしてデビューした。

ナイトクラブ出演や借金をしながら活動を続け、週刊誌『週刊女性』で連載を開始。

これをきっかけに、トークスキルの高さやインパクトのあるビジュアルに注目が集まり、テレビ出演もするようになった。[出典1][出典5]

芸能活動

マツコ・デラックスは、バラエティ番組『エブナイ』(フジテレビ)でテレビに初出演。

2005年からは、情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)にコメンテーターとしてレギュラー出演している。

テレビ出演で見せたトークスキルの高さや、クレバーな発言が注目を集め、同時に人気も集めた。

その後、冠番組やレギュラー番組の出演が増え、多くの番組やCMに出演している。

またバラエティ番組出演の他、2012年放送のドラマ『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ)では、化け猫のホームズ役としてテレビドラマにレギュラー出演した。[出典6]

2021年公開のアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』では、霊媒師ダリシアの声を担当している。[出典7]

人物

  • 小学生の頃からふくよかな体型をしており、この頃には自分がゲイであることを自覚していた。
  • 女装は「自分の性癖であり趣味」であると考えているが、仕事で女装する機会が増えてからはプライベートで女装しようと思わなくなった。
  • 特定の趣味はないが、アイドルグループ「モーニング娘。」のチェックは数少ない楽しみ。[出典1]
  • 小学生の時、「このままではただ太っているだけの人間になる」と思い、4年生の学芸会で並木路子の『リンゴの歌』を女装姿で歌っている。[出典5]
  • Webメディアはほとんど観ることがなく、面倒でスマートフォンのアプリなどもダウンロードしない。
  • 自身がゲイの中でも非常にマイノリティなところにいることを自覚しているため、自身がゲイの代表であるように誤解されないよう、テレビなどでの振る舞いに気をつけている。[出典8]
  • 小学生の時、親戚の家にあったサボテンの上にお尻から乗ってしまい、針が何百本とお尻に刺さったことがある。その後高熱を出すまでに至ったため、サボテンにはトラウマがある。[出典9]
  • 子供の頃にカニカマ大ブームがあり、ほぼ毎日夕飯にカニカマが出るような時期があった。[出典10]
  • 昨今のテレビ業界を悲観しており、いつ引退するかタイミングを考えることがある。[出典11]
  • 高校の同級生だった木村拓哉に自宅へ招かれ、一緒にお酒を飲んだことがある。[出典12]

出演

テレビ番組

ラジオ番組

CM

出典

  1. 『マツコ・デラックスとは』(コトバンク)
  2. 『体重の重い芸能人ランキング 1位はマツコ・デラックスで140kg』(ライブドアニュース)
  3. 『マツコデラックス』(芸能事務所〜ナチュラルエイト)
  4. 『マツコ、不登校だった過去を告白「子供でいるのが疲れちゃって」』(マイナビニュース)
  5. 『マツコが持つ「説得力」の源泉、高校生で知った「攻撃される美学」』(withnews)
  6. 『注目ドラマ紹介:「三毛猫ホームズの推理」 “ダメ刑事”相葉雅紀と“化け猫”マツコのコンビに注目』(MANTANWEB)
  7. 『「漁港の肉子ちゃん」に吉岡里帆、マツコ・デラックスら出演(コメントあり)』(映画ナタリー)
  8. 『マツコ・デラックス インタビュー Webメディア/ゲイについて』(KAI-YOU.net)
  9. 『マツコ、幼少期の出来事で“トラウマ”になったモノ明かす「高熱を出した記憶が…」』(E-TALENTBANK co.,ltd.)
  10. 『マツコが話した“子ども時代のブーム”に共感者続々「ブームだった時あったわ」「昔、妙に出回っていた」』(E-TALENTBANK co.,ltd.)
  11. 『マツコ 引退のタイミングを「ずっと考えてる」理由明かす 「本当の大事な魂まで売りだしたら…」』(スポニチ)
  12. 『木村拓哉が自宅に招待! CocomiとKoki,を絶賛するマツコら選ばれし「上級芸能人」の面々』(週刊女性PRIME)

マツコ・デラックスの関連記事

今、人気のタレント

  • 有村架純
    有村架純(ありむらかすみ)は、日本で活動する役者。兵庫県伊丹市出身の1993年2月13日生まれ。フラーム所属。 ...
    1
  • 本田圭佑
    本田圭佑は、サッカー選手。VVVフェンロやCSKAモスクワ、ACミランを経て、2017年7月からCFパチューカに移...
    2
  • SEIKIN
    クリエイターとして活動している。
    3

最近更新されたタレント

  • 森田哲矢
    森田哲矢(もりたてつや)は、日本のお笑い芸人。大阪府出身の1981年8月23日生まれ。株式会社ザ・森東所属であり、...
  • 高山一実
    高山一実(たかやまかずみ)は、日本のタレント・小説家。千葉県南房総市出身の1994年2月8日生まれ。乃木坂46合同...
  • 吉田あかり
    吉田あかり(よしだあかり)は、日本の役者・モデル。東京都出身の2004年1月2日生まれ。Viivo所属。 13歳...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ