2022年2月3日更新

かつむらまさのぶ

勝村政信

58歳

勝村政信(かつむらまさのぶ)は日本で活動する俳優。1963年7月21日生まれ。埼玉県出身である。事務所はシス・カンパニーに所属する。

どんな人?

  • 勝村政信(かつむらまさのぶ)は、日本で活動する役者。埼玉県出身の1963年7月21日生まれ。シス・カンパニー所属。
  • 高校卒業後、就職するも演劇の道を志し2年で退職。蜷川幸雄主宰の蜷川スタジオを経て、鴻上尚史主宰の劇団「第三舞台」に所属した。
  • 劇団の看板役者になるも1992年に退団し、その後はバラエティ番組に出演。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)はレギュラー出演し、知名度が上がるきっかけとなった。
  • 以降、映像作品や舞台に多く出演し、バイプレイヤーとして活躍している。

プロフィール

生年月日1963年7月21日(58歳)
出身地埼玉県
所属事務所シス・カンパニー

▼勝村政信

生い立ち

勝村政信は、埼玉県出身の1963年7月21日生まれ。現在年齢は58歳。シス・カンパニー所属。[出典1]

佃煮屋で働く両親のもとに生まれた

勝村政信は、埼玉県蕨市の出身。

父親は老舗佃煮屋「日本橋鮒佐」の職人、母親は同店で店員をしていた。[出典2]

家族は両親のほか、兄がいる。

兄は「小学校のときは野球の神童と呼ばれていたが、高校入学後は驚くほどグレてしまった」と明かしている。[出典3]

野球少年からサッカー少年に

勝村政信は、小学校時代に兄とともに野球をしていた。町内会の野球チームでは、キャプテンを努めていた。

しかし中学校に入ると、サッカー部に入部している。[出典3]

高校は、埼玉県立浦和北高等学校を卒業。サッカー部に所属していた。

高校卒業後は進学せず、スポーツ用品の問屋で2年ほど働いた。

ある日、「部長になるまで20年かかる」と悟り退職している。[出典4]

芸能活動

友人がきっかけで蜷川幸雄の劇団へ

勝村政信は、スポーツ用品の問屋を退職後、急に芝居がやりたくなり、劇団のオーディションを受けている。

無名塾や文学座を受けたが、不合格であった。

1985年に芝居好きな女の子から演劇集団「ニナガワ・スタジオ」を教えられ、オーディションを受けたところ合格。俳優の道へと進んだ。[出典4]

1987年には、劇団「第3舞台」に所属。舞台『朝日のような夕日をつれて’87』以降、多くの舞台に出演。看板役者となった。

1988年には、映画『ほんの5g』で映画に初出演している。

1990年には、オムニバス映画『ボクが病気になった理由』に出演。鴻上尚史監督の第1話『マイ・スウィート・リトル・キャンサー』で主演を努めている。[出典5]

バラエティ番組で広く名を知られるように

勝村政信は、1990年からバラエティー番組『天才たけしの元気が出るテレビ』(日本テレビ)に出演し、有名となった。[出典5]

当時バラエティに俳優が出演するのは珍しく、オファーが来た際には断ろうと思っていたが、話がトントン拍子に進み出演することになった。

初めてビートたけしに会った際、「悪いようにはしない」と言われたのが胸に突き刺さったという。[出典6]

1992年に劇団「第3舞台」を退団しているが、以降も舞台には出演し続けている。[出典5]

俳優としても有名に

勝村政信は、1993年の北野武監督の映画『ソナチネ』に出演。やくざの弟分である良二役を演じている。

さらに1994年の連続テレビ小説『春よ、来い』(NHK)、1997年の大河ドラマ『毛利元就』(NHK)など、大型の作品に出演した。

2001年には、深夜のバラエティ番組『つんくタウン』(フジテレビ)が企画したプロジェクトオムニバス映画『マネーざんすっ!』で、監督に初挑戦した。

担当したのは、唐沢寿明主演の『GO!GO!宇宙ドクターズ』で、脚本も書いている。[出典5] [出典7]

個性派バイプレイヤーとして話題作にも多数出演

勝村政信は、1994年に木村拓哉主演のドラマ『HERO』(フジテレビ)に出演。検事の江上達夫役を演じている。[出典8]

2008年には山下智久主演のドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ)に出演。フライトドクターの森本忠士を演じた。[出典9]

同作はヒットドラマとなり、3rdシーズンや劇場版・スピンオフまで製作されている。[出典10]

2012年からは、米倉涼子主演のドラマ『Doctor-X 外科医・大門未知子』(テレビ朝日)にレギュラー出演。

外科医の准教授である加地秀樹役を演じている。

“ 腹腔鏡の魔術師”と呼ばれるほどの腕前を持ちながら、金には汚いキャラクターを演じ、人気となった。

加地秀樹が主人公のスピンオフドラマ『ドクターY 外科医・加地秀樹』(テレビ朝日)も制作されている。[出典11]

2018年には特撮映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』に出演。

仮面ライダーブラッドの伊能賢剛役を演じた。

オファーが来た時には、「おやっさんのような役柄だと思っていたが、変身する役柄だと知り驚いた」そう。[出典12]

サッカーの経験を生かし番組MCに

勝村政信は、2011年からサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京)のMCを担当している。

同番組は、2019年2月16日に放送400回目を迎えた。

出典

  1. 『勝村政信』(シス・カンパニー)
  2. 『「ぴったんこカン・カン」で紹介されたすべての情報』(価格.com)
  3. 『レ、ミゼラブル(後編)2006年07月26日』(勝村政信 テニスボーイは憂鬱)
  4. 『俳優 勝村政信さん(48)』(朝日新聞デジタル)
  5. 『勝村政信』(KINENOTE)
  6. 『俳優・勝村政信さんの胸に突き刺さった 北野武からの一言』(日刊ゲンダイDIGITAL)
  7. 『マネーざんす』(映画.com)
  8. 『HERO(2001年)』(フジテレビ)
  9. 『コード・ブルー』(フジテレビ)
  10. 『『コード・ブルー』特別編&スピンオフ放送決定 劇場版への架け橋に』(Drama&Movie)

  11. 『ドクターY 外科医・加地秀樹』(テレビ朝日)
  12. 『勝村政信、「仮面ライダー」は心の中の”男の子”を揺らしてくれる日本の文化です』(マイナビニュース)
  13. 『勝村政信は本当にサッカー好き? 収録現場とコラムでわかったこと』(テレビドガッチ)
  14. 『2016Jリーグアウォーズ 司会およびゲストプレゼンター決定のお知らせ』(J.LEAGUE.JP)
  15. 『スポーツバンガード(株)が「テニスブログ」をスタート 俳優の根津甚八さん、勝村政信さんらも参加。』(valuepress)
  16. 『ワンちゃん特集』(朝日新聞DIGITAL)
  17. 『ボクらの時代』(TVでた蔵)
  18. 『第三舞台の代表作「朝日のような夕日をつれて」87年&91年の映像公開』(ステージナタリー)
  19. 『勝村政信、偏食すぎて「世の中の半分ぐらい食べられない」』(Smart FLASH)
  20. 『勝村政信のまな娘が登場!娘が明かす父親エピソードにタジタジ<A-Studio>』(ザ・テレビジョン)

  21. 『松重豊『孤独のグルメ』 食べるだけの姿で“画がもつ”ワケ』(NEWSポストセブン)
  22. 『勝村政信、三浦春馬さんへの寄せ書きに謝罪と釈明「私の考えの浅さ」』(マイナビニュース)
  23. 『【サッカー】コーチが職を失う事態にも…「街クラブが存続できなくなる」勝村政信がプロジェクト発信』(テレビ東京)
  24. 『勝村政信、同じようなシーンを撮影したことが…目の前で倒れた男の子に救命措置!』(テレ朝ポスト)
  25. 『別居中の勝村政信「愛はお金ですかね」』(デイリースポーツ)
  26. 『勝村 別居も仲良し 大渕弁護士報告』(デイリースポーツ)

今、人気のタレント

  • 村上淳
    俳優48歳
    村上淳は大阪府出身の俳優である。身長は176cm。 モデル時代から「ムラジュン」の愛称で活躍。その後、俳優デビュ...
    1
  • 小嶋陽菜
    小嶋陽菜は、元AKB48の第1期生。在籍時には高橋みなみ、峯岸みなみとともに派生ユニット・ノースリーブスを結成した...
    2
  • みはる
    みはるは 1970年02月09日生まれ。茨城県出身。 ものまねタレントとして活動している。
    3

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ