2021年6月21日更新

おおたにりょうへい

大谷亮平

42歳

大谷亮平は2017年秋から放送されるドラマ『片想い』(WOWOW)に出演する。元々は韓国を拠点として活動していた”逆輸入俳優“であり、2016年に日本での芸能活動を再開。ドラマや映画仕事の傍、バレーボールチームにも所属している。

どんな人?

  • 大谷亮平(おおたにりょうへい)は、日本で活動する役者。大阪府出身の1980年10月1日生まれ。アミューズ所属。
  • 大学卒業後の2003年に受けたオーディションで、韓国で放送される「ダンキンドーナツ」のCM出演が決定。韓国で芸能界デビューを果たした。
  • 2006年放送のドラマ『ソウルメイト』で役者デビューを果たし、以降韓国の映画やドラマに多数出演している。
  • 日本では、2016年放送のドラマ『ラヴソング』(フジテレビ)に出演し「逆輸入俳優」として注目を集めた。
  • 同年放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)でレギュラー出演し、ドラマのヒットと共にブレイクを果たした。

プロフィール

芸名 / 読み大谷 亮平 / おおたに りょうへい
誕生日10月1日
出身地大阪府
身長 / 血液型180.0cm / O型
星座 / 干支てんびん座 / 申年

出典:タレントデータバンク

▼大谷亮平

生い立ち

大谷亮平は、大阪府出身の1980年10月1日生まれ。現在年齢は42歳。身長180cm。アミューズ所属。[出典1]

父はサラリーマン、母は小学校の教員。2歳年上の姉と、6歳年下の妹がいる。[出典2]

バリバリの体育会系だった!

大谷亮平は活発な少年で、小学校の頃は外でドッジボールや野球をして遊ぶことが多かった。

そんな姿を見た近所の人が、「うちの娘の参加しているから」とバレーチームに誘ってくれたという。

しかし、入ってみるとスパルタ練習や体罰が当たり前な、辞められないチームだった。大谷はそんな練習を耐え抜き、全国大会にも出場している。

その後中学でもバレーを続け、大阪のスター選手としてもてはやされていたという。[出典2]

高校へは、バレーの強豪校である清風高校へスポーツ推薦で入学。

3年生の時にはチームのキャプテンを務め、さらに国体大阪選抜の主将も務めている。

しかし、全国レベルで活躍している選手とのレベルの違いを痛感。さらに、厳しく辛い練習や体罰、キャプテンという重圧に耐えきれずにいたそう。

そのため、一度は本気で目指したプロを諦め、高校卒業と共に本格的なバレー生活に幕を閉じている。[出典2][出典3][出典4]

バレーを辞め芸能の道へ

大谷亮平は高校卒業と同時に、プロのバレーボール選手になることを諦めた。

しかし、それまでバレー一筋で生活していたため勉強ができなかったという。そのため、バレーのスポーツ推薦で東京の大学へ入学している。

大学でもバレー部に所属し、バレーを続けることとなったが、レギュラーになれず惰性で続けていたという。

そんな中、大学卒業間近にモデル活動を開始。両親からは体育教師になることを望まれていたそうだが、大学卒業後もモデル活動を継続することを決めている。

なお、大学卒業後モデル事務所に所属した際、姉が自分のことのように喜んでくれたそう。[出典2]

芸能活動

韓国でブレイク!その後日本へ

大谷亮平は大学卒業後、モデル活動を開始。

間もない2003年の時、韓国で放送された「ダンキンドーナツ」のCMに出演が決まり、注目を集めた。

これをきっかけに韓国で仕事のオファーを受けるようになり、日本と韓国を行き来する生活が続いていた。

その後、「韓国語を覚えて韓国で芸能活動をしないか」と声をかけられ、韓国を中心に芸能活動を開始。

2006年放送の韓国ドラマ『ソウルメイト』(MBS)で役者デビューを果たし、以降『朝鮮ガンマン』(KBS)、『追跡者』(SBS)などのヒットドラマに出演。

『神弓』『バトルオーシャン』などの韓国映画にも出演し、2014年の「韓国ドラマアワード2014」ではグローバル俳優賞を受賞している。

日本では、2016年放送のドラマ『ラブソング』(フジテレビ)で役者デビュー。「逆輸入俳優」として注目を集めた。[出典5][出典6]

大ヒットドラマ出演で日本でもブレイク!

大谷亮平は、2016年放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)に出演。本作が大ヒットし、大谷も一気にブレイクを果たしている。

また、2019年放送の連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)で朝ドラ初出演。ヒロインの姉の結婚相手として序盤から登場し、ひたむきな役柄で視聴者の注目を集めた。[出典7]

同年放送のドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS)では、大泉洋演じる主人公のよきパートナーとして出演。

本作は、弱小社会人ラグビーチームの再起を描いており、大谷はメインチームの監督を演じた。

それまでハイスペックなイケメン役などが多かった大谷だったが、本作では非常に男臭い役どころだったため、話題になった。[出典リストなし]

人物

  • 韓国で役者業を始める際には、1年間大学へ通い韓国語を勉強した。[出典9]
  • 高校時代は女子からモテていたが、男子校だったことや部活が厳しかったため、恋人はいなかった。[出典10]
  • 日本で役者業を始める直前まで、韓国人の恋人がおり、結婚の話も出ていた。しかし、恋人が日本へ着いていくことができなかったため、破局している。[出典11]
  • 役者業が忙しくなってからも、バレーチームに参加している。そのため週1回は練習もしている。[出典12]
  • 好きな人に対しては気持ちが裏目にでてしまうタイプ。格好つけてしまい、想いが届かないことが多い。[出典13]
  • 2018年に出演したバラエティ番組で、「まだ1度も日本人と交際したことがない」と発言して、話題になった。[出典14]

公式SNS・ブログ

ツイッター

大谷亮平スタッフの公式Twitterはこちら

インスタグラム

大谷亮平の公式Instagramはこちら

出演

テレビ番組

CM

映画

出典

  1. 『大谷 亮平』(アミューズWEBサイト)
  2. 『大谷亮平「地獄のようなバレー部時代、韓国での人気CM抜擢を経て、日本でブレイクするまで」』(婦人公論.jp)
  3. 『大谷亮平 バリバリ体育会出身も…大谷翔平見て「1番有名な大谷にはなれねえ」』(デイリースポーツ online)
  4. 『大谷亮平 高校時代に受けた〝愛のムチ〟に嘆き「理不尽やー、なんでやー」』(東スポ)
  5. 『“第2のディーン”大谷亮平、目標は「大河ドラマを狙いたい」』(ORICON NEWS)
  6. 『大谷亮平』(映画.com)
  7. 『大谷亮平、『まんぷく』出演で役者としての評価高める 内田有紀への愛を貫き通す、優しくも強い姿』(リアルサウンド 映画部)
  8. 『大谷亮平「ノーサイド・ゲーム」で方向転換!?“男臭さ全開”に視聴者大歓喜』(アサジョ)
  9. 『大谷亮平 韓国&日本で“朝ドラ”二刀流「やりがいある」 役作りで体重4キロ減』(スポニチ)
  10. 『大谷亮平 高校時代“モテモテ”も3年間彼女なし…「厳しかった」スポーツ名門校で部活に専念―』(スポニチ)
  11. 『大谷亮平 韓国女性と結婚目前も破局 日本での“逆輸入”前に…』(デイリースポーツ online)
  12. 『大谷亮平インタビュー「傷つかない楽な恋愛なんてない」』(Numero TOKYO)
  13. 『大谷亮平インタビュー「恋愛では、僕も本当に気持ちが裏目に出るタイプで…(苦笑)」』(フジテレビュー!!)
  14. 『大谷亮平「日本人との交際経験がない」 テレビで恋愛秘話明かす』(ORICON NEWS)

大谷亮平の関連記事

今、人気のタレント

  • 有村架純
    有村架純(ありむらかすみ)は、日本で活動する役者。兵庫県伊丹市出身の1993年2月13日生まれ。フラーム所属。 ...
    1
  • 武井咲
    武井咲(たけいえみ)は、日本で活動する女優・ファッションモデル。愛知県出身の1993年12月25日生まれ。オスカー...
    2
  • 本田圭佑
    本田圭佑は、サッカー選手。VVVフェンロやCSKAモスクワ、ACミランを経て、2017年7月からCFパチューカに移...
    3

最近更新されたタレント

  • 森田哲矢
    森田哲矢(もりたてつや)は、日本のお笑い芸人。大阪府出身の1981年8月23日生まれ。株式会社ザ・森東所属であり、...
  • 高山一実
    高山一実(たかやまかずみ)は、日本のタレント・小説家。千葉県南房総市出身の1994年2月8日生まれ。乃木坂46合同...
  • 吉田あかり
    吉田あかり(よしだあかり)は、日本の役者・モデル。東京都出身の2004年1月2日生まれ。Viivo所属。 13歳...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ