2022年1月18日更新

おみとしのり

尾美としのり

56歳

尾美としのり(おみとしのり)は日本で活動する俳優。1965年12月27日生まれ。東京都目黒区出身である。血液型はB型である。事務所はプランニング・メイに所属する。

どんな人?

  • 尾美としのり(おみとしのり)は、日本で活動する役者。東京都出身の1965年12月7日生まれ。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。
  • 幼稚園の時に「劇団ひまわり」に入団。1978年公開の映画『火の鳥』にオーディションを経て出演し、演技力の高さで注目を集めた。
  • 青年時代には、大林宣彦監督の「尾道三部作」である映画『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』に出演。以降、大林作品に多く出演している。
  • 2000年代には映像、舞台共に宮藤官九郎作品に多く出演している。

プロフィール

生年月日1965年12月7日(56歳)
身長 / 体重 / 血液型175cm / 68kg / B型
出身地東京都目黒区
デビュー年1978年
所属事務所プランニング・メイ

▼尾美としのり

生い立ち

尾美としのりは、東京都出身の1965年12月7日生まれ。現在年齢は56歳。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。[出典1]

幼少期から劇団に所属

尾美としのり(本名・尾美利徳)は、東京都目黒区で誕生した。[出典1] [出典2]

幼稚園の時に、児童劇団の「劇団ひまわり」に入所している。[出典2]

子役を目指していたわけではなく、「芸能活動を理由に幼稚園を休める」というのが入所の理由であった。

同じ幼稚園に子役をしている友達がおり、その子が休んでいるのを見て、自分も真似したくなったそう。[出典3]

子供の頃の夢はプロレスラー

尾美としのりは小中学校の頃、プロレスが大好きだったことから、プロレスラーを夢みていた。[出典4]

子役のみならず、大人になってからも俳優を続けた理由について、

役者の仕事でごはんが食べていけるんだったら…と、続けてきてしまった。ほかにできることもないですし、続けてこられたのは運がよかったというのもある[出典3]

と語っている。[出典3]

芸能活動

手塚治虫原作の映画で俳優デビュー

尾美としのりは、1978年に市川良監督の映画『火の鳥』に出演。俳優として本格的にデビューした。[出典2]

手塚治虫のマンガ『火の鳥』が原作の映画で、重要な役どころとなる少年ナギ役を務め注目を集めた。[出典2] [出典5]

大林宣彦監督の作品に多く出演

尾美としのりは、1982年に大林宣彦監督の映画『転校生』に出演。映画で初主演を務めた。[出典2]

尾道を舞台に、中学生の男子と女子の心が入れ替わるという、難しい役柄を演じている。[出典6]

本作での演技が評価され、「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した。[出典2]

映画『転校生』に加え1983年の映画『時をかける少女』、1985年の映画『さびしんぼう』は、大林宣彦監督の「尾道三部作」といわれ、尾美としのりは3作品すべてに出演した。[出典2]

さらに「尾道三部作」以降の1995年頃まで、ゲスト主演も含め大林宣彦監督の作品に、ほぼ全て出演している。[出典2]

1986年には、野田秀樹演出の舞台『十二夜』で、舞台にも挑戦した。[出典1]

テレビドラマでも活躍!

尾美としのりは、1989年のドラマ『鬼平犯科帳』(フジテレビ)にレギュラー出演。心優しい木村忠吾役を演じ、好評を博した。[出典2]

2003年には、宮藤官九郎脚本のドラマ『マンハッタンラブストーリー』(TBS)に出演。

さらに2005年も宮藤官九郎脚本のドラマ『タイガー&ドラゴン』(TBS)に出演している。[出典2]

2010年は連続テレビ小説『てっぱん』(NHK)にて、主人公の父の幼なじみで尾道の名物住職でもある横山隆円役を演じた。[出典7]

2010年12月には、ドラマ『相棒 Season9』(テレビ朝日)にゲスト出演。厚生労働省の麻薬取締部に所属する五月女課長を演じている。[出典8] [出典9]

2013年には、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)に出演。のん(当時は能年玲奈)演じるヒロインのパパ・黒川正宗を演じた。

黒川政宗の職業はタクシーの運転手で、いつも着ていたピンクのベストが話題となった。[出典10]

本作は宮藤官九郎の脚本で、東北を舞台にした作品である。[出典11]

主演したのんの演技も好評で、“ 国民的ドラマ”と言われるほどの作品となった。[出典12]

同年末の歌番組『NHK紅白歌合戦』では、本作のキャスト陣によるミニドラマが放送され、尾美としのりも出演した。[出典10]

名バイプレイヤーとしての地位を確立

尾美としのりは、2014年1月にドラマ『相棒season12』(テレビ朝日)で、毒島という紅茶好きな男性の役でゲスト出演している。

2010年も同シリーズのドラマ『相棒season9』(テレビ朝日)に出演しているが、その時とは違うキャラクターでの出演となった。 [出典8]  [出典9] [出典13]

2014年には松尾スズキ作・演出のミュージカル『キレイ~神様と待ち合わせした女~』に出演。ミュージカルに初挑戦した。[出典1] [出典3]

2020年は、大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)に出演。美濃の守護大名・土岐頼芸役を演じた。[出典14]

2021年には、宮藤官九郎脚本のドラマ『俺の家の話』(TBS)に第1話から出演。

主人公の幼少時の回想シーンだけの出演であったが、宮藤官九郎作品の常連俳優だったこともあり、視聴者間で話題となった。[出典15]

のんと共演したCMが話題に

尾美としのりは、2019年に印刷通販サイト「ラクスル」のCMに出演している。

連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)で共演した女優・のんも一緒に出演しており、話題となった。[出典16]

人物

出典

  1. 『尾美としのり』(ホリプロ・ブッキング・エージェンシー)
  2. 『尾美としのり』(KINENOTE)
  3. 『尾美としのり、浮かず沈まず『あまちゃん』後も引っ張りだこ「一生懸命やるだけ」』(Drama&Movie)
  4. 『「尾美としのり」に関連するイベント情報』(価格.com)
  5. 『火の鳥』(Amazon)
  6. 『転校生』(映画.com)
  7. 『平成22年後期 連続テレビ小説「てっぱん」出演者発表!』(NHKドラマ)
  8. 『相棒season9』(テレビ朝日)
  9. 『相棒season9』(テレビ朝日)
  10. 『尾美としのり』(NHK人物録)
  11. 『連続テレビ小説 あまちゃん』(NHKアーカイブス)
  12. 『なぜ『あまちゃん』はこんなに愛される”国民的ドラマ”になったのか? -連ドラ評論家・木村隆志が10の理由を徹底分析』(マイナビニュース)
  13. 『相棒season12』(テレビ朝日)
  14. 『道三の逆襲!?「麒麟がくる」鷹小屋で戦慄のシーン』(シネマトゥデイ)
  15. 『長瀬ドラマ クドカン常連登場に沸く「ジャンプ亭キター!」「安定の尾美としのり」』(デイリー)
  16. 『のん「あまちゃん」親子ツーショットにファン歓喜!』(シネマトゥデイ)
  17. 『尾美としのり』(ORICON NEWS)
  18. 『大林宣彦監督の執念? 尾美としのり「そこまでして僕を映画に出したいのか(笑)」』(AERAdot.)
  19. 『【エンタがビタミン♪】「能年玲奈の理想の男性」尾美としのり苦悩。「(俳優)一年中やめたい」。』(テックインサイト)
  20. 『尾美としのり 二日酔いで山田洋次監督を“2時間”待たせた』(日刊ゲンダイDIGITAL)
  21. 『尾美としのり、恩師・大林宣彦監督との23年間の絶縁状態を初告白…理由を知り涙』(スポーツ報知)
  22. 『徹子の部屋 尾美としのり』(テレビ朝日)

今、人気のタレント

  • 島村晶子
    女優89歳
    島村晶子は 1933年05月23日生まれ。大阪府出身。 年齢は現在、84歳。 女優として活動している。
    1
  • 小倉優子
    小倉優子は、子供を2人持つママタレント。『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などに出演する。 以前は今田耕司...
    2
  • 木暮美紀
    歌手として活動している。
    3

最近更新されたタレント

  • 兒玉遥
    アイドル25歳更新!!
    兒玉遥(こだまはるか)は、日本の役者・YouTuber。福岡県出身の1996年9月19日生まれ。エイベックス・アス...
  • 温水洋一
    タレント58歳更新!!
    温水洋一(ぬくみずよういち)は、日本の役者。宮崎県出身の1964年6月19日生まれ。ワン・ツゥ・スリー所属。 旗...
  • 石井麻土香
    女優26歳更新!!
    石井麻土香(いしいまどか)は、日本で活動する役者。東京都出身の1996年1月20日生まれ。ブロードウェイカンパニー...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ