2021年11月4日更新

えぐちのりこ

江口のりこ

42歳

江口のりこ(えぐちのりこ)は日本で活動する女優。1980年4月28日生まれ。兵庫県出身である。事務所はノックアウトに所属する。O型。

どんな人?

  • 江口のりこ(えぐちのりこ)は、日本で活動する役者。兵庫県出身の1980年4月28日生まれ。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。
  • 中学卒業後にフリーターとして働き出したが、映画好きが高じて役者に興味を持ち、上京。
  • 研究生を経て劇団「東京乾電池」に2000年に入団し、舞台に出演した。
  • 2002年公開の映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』でスクリーンデビューを果たし、以降多くの映像作品に出演している。
  • 2020年放送のドラマ『半沢直樹(2020年版)』(TBS)では、国土交通大臣・白井亜希子を演じ大きな注目を集めた。

プロフィール

芸名 / 読み江口 のりこ / えぐち のりこ
誕生日4月28日
出身地兵庫県
デビュー年2002年
身長 / 体重 / 血液型170.0cm / 49.0kg / O型
星座 / 干支おうし座 / 申年

出典:タレントデータバンク

▼江口のりこ

生い立ち 

江口のりこは、兵庫県出身の1980年4月28日生まれ。[出典1]

現在、年齢は42歳。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。[出典1][出典3]

5人兄妹で双子の姉がいる

江口のりこは、5人兄妹で双子の姉がいる。

双子の姉は江口のりこにそっくりで、かつて弁当販売店「オリジン弁当」でアルバイトをしていた。

その姉の働くオリジン弁当の店舗に、とある映画プロデューサーが来店したことがあり、働いている姉を江口のりこと勘違い。姉に話しかけたものの、映画プロデューサーと面識のない姉は不審者だと思いそれを無視した。

姉を江口のりこだと思い込んでいる映画プロデューサーは、無視されたことに大激怒。周囲に「江口のりこは調子に乗っている」と言いふらされてしまったという。[出典4]

中学卒業後はフリーターに

江口のりこは中学卒業後、すぐにフリーターとして働き始めた。[出典9]

働き始めてからは、中学時代から映画に興味を持っていたこともあり、神戸の映画館に足しげく通うように。

そして、数多くの映画を鑑賞するうちに、”映画に出演すること”に興味を持つようになったという。

また、映画出演への足掛かりとして劇団に入ることを考えていたところ、劇作家・岩松了の作品に出合う。

江口のりこは、その作品をきっかけに岩松了が所属していた劇団「東京乾電池」への応募を決意した。[出典5]

江口のりこは岩松了作品との出合いについて、

すごくおもしろくて、この人のいるところだったら私でも大丈夫かなと思い、劇団東京乾電池の研究生に応募したんです。でも私が入団した時にはもう岩松さんは辞めていたのですが。[出典5]

と語っている。[出典5]

その後、オーディションを経て、劇団「東京乾電池」に研究生として入所。

所持金も少なかったため、上京後は新聞の専売所で住み込みで働きながら、週2回ある劇団の稽古に通っていた。[出典5]

▼劇団「東京乾電池」

芸能活動

2000年に劇団「東京乾電池」に入団

江口のりこは、1年の研究生時代を経て、2000年に劇団「東京乾電池」へ入団。[出典5][出典9]

同劇団の主宰で役者でもある柄本明が演出を手掛けた、『真夏の夜の夢』、『授業』をはじめとする多数の舞台に出演するようになる。[出典1][出典3]

江口のりこは自身が役柄を演じるにあたり、”稽古前から役に入る”といったことはあり得ないと語っている。「別人になりきることが仕事である」と考える役者が多いが、自分にはそれができないためだという。

また、どんな役を演じていても結局は自分自身でしかなく、演じるということは色々と試しながら役を”探す”作業だと感じている。そして、その作業が好きなのだとも語っている。[出典8]

柄本明(写真左)

2002年公開の映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』でスクリーンデビュー

江口のりこは、2002年公開の映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』でスクリーンデビュー。

2004年公開の映画『月とチェリー』では、初主演を務めた。

また、2006年放送のドラマ『時効警察』(テレビ朝日)とそのシリーズにレギュラー出演し、個性的なキャラクターが話題となる。[出典1]

2010年からは、ドラマ『野田ともうします。』(NHK・NHKワンセグ)シリーズで主演を務めた。同作は、漫画家の柘植文による同名漫画を実写化。江口のりこは、主人公のロシア語科に通う女子大生・”野田さん”を演じている。[出典2]

以降も、2019年公開の映画『羊とオオカミの恋と殺人』、2020年公開の映画『仮面病棟』など、話題作にも多数出演している。[出典1]

2020年放送のドラマ『半沢直樹』で注目を集める

江口のりこは、2020年放送の大ヒットドラマ『半沢直樹(2020年版)』(TBS)に出演。

国土交通大臣・白井亜希子を演じ、大きな注目を集めた。

同作は、2013年に放送された前作に引き続き、小説家・池井戸潤の小説を原作としている。

また、初回放送から視聴率20%をキープし、最終回では瞬間最高視聴率35.8%を記録するなど、2020年最大のヒット作品となった。[出典6]

さらに、同作には所属する劇団「東京乾電池」の主宰・柄本明が、箕部幹事長役で出演。作中においても江口のりこと師弟関係となることが話題となった。

江口のりこは、柄本明演じる箕部幹事長に叱責されるシーンについて、「あれは芝居ではなく、本気で震えた」と語っている。[出典7]

人物

出典

  1. 『江口 のりこ』(ノックアウト)
  2. 『ワンセグドラマ「野田ともうします。」』(NHKドラマ)
  3. 『劇団員』(劇団東京乾電池)
  4. 『江口のりこ、双子の姉が原因でプロデューサー激怒』(日刊大衆)
  5. 『vol.62 女優 江口のりこ 芝居で人生楽しくなった』(マイナビ転職)
  6. 『「半沢直樹」令和ドラマ最高視聴率!30%超え 半沢&大和田続編におわすラスト』(デイリー)
  7. 『「半沢直樹」江口のりこ 人さし指ポーズ&座長・柄本明の叱責にネット反響「芝居じゃない 本気で震えた」』(SponichiAnnex)
  8. 『vol.62 女優 江口のりこ 芝居で人生楽しくなった 2ページ』(マイナビ転職)
  9. 『江口のりこ』(映画.com)
  10. 『江口のりこ&安藤サクラ“激似の2人”は人間相関図も丸かぶり』(日刊ゲンダイDEGITAL)
  11. 『江口のりこ&安藤サクラ“激似の2人”は人間相関図も丸かぶり 2ページ』(日刊ゲンダイDEGITAL)
  12. 『女優・江口のりこインタビュー:GINZA編集部が今会いたい!』(GINZA)
  13. 『江口のりこ 170本以上の出演作品から“大御所俳優陣との思い出”を振り返る』(日テレ)

主な作品や番組

主演作品

今、人気のタレント

  • SoulJa
    歌手38歳
    SoulJaは 1983年11月01日生まれ。東京都出身。 歌手として活動している。
    1
  • 野村昭子
    女優95歳
    野村昭子は、劇団俳優座養成所を経て後に俳優座に所属した女優。テレビドラマ『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)や『渡る...
    2
  • 岡崎友紀
    女優68歳
    岡崎友紀は子役としてドラマなどで活動を開始した女優。 15歳の頃にはNHK連続ドラマ『あねいもうと』で主演をを務...
    3

最近更新されたタレント

  • 藤森慎吾
    お笑い芸人39歳更新!!
    藤森慎吾(ふじもりしんご)は、日本のお笑いタレント・役者・歌手。長野県1983年3月17日生まれ。 大学在学中の...
  • 増田貴久
    アーティスト35歳更新!!
    増田貴久(ますだたかひさ)は、日本のアイドル・役者・タレント。東京都出身の1986年7月4日生まれ。ジャニーズ事務...
  • 藤井夏恋
    モデル25歳更新!!
    藤井夏恋(ふじいかれん)は、日本のダンサー・歌手・モデル。大阪府出身の1996年7月16日生まれ。LDH JAPA...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ