2020年2月20日更新

どうぐちよりこ

洞口依子

57歳

洞口依子(どうぐちよりこ)は日本で活動する女優。1965年3月18日生まれ。東京都武蔵野市出身である。本名葛西依子。テアトル・ド・ポッシュに所属する。血液型はA型。

どんな人?

  • 洞口依子(どうぐちよりこ)は、日本で活動する女優。東京都武蔵野市出身の1965年3月18日生まれ。テアトル・ド・ポッシュ所属。
  • 高校時代に週刊誌『週刊朝日』の表紙を飾り、その後エピックソニーの「スターメイキングコンテスト」で優勝。雑誌『GORO』のモデルとして芸能界デビューを果たした。
  • 1985年公開の映画『ドレミファ娘の血が騒ぐ』に主演し、女優デビュー。
  • 以降、ドラマ『愛という名のもとに』(フジテレビ)や『ふぞろいの林檎たちⅥ』(TBS)などの話題作に出演し、人気を博した。
  • 2004年に子宮頸癌であることが判明。闘病生活から復帰までを書いた著書『子宮会議』を出版した。

プロフィール

芸名 / 読み洞口 依子 / どうぐち よりこ
誕生日3月18日
出身地東京都
血液型A型
星座 / 干支うお座 / 巳年

出典:タレントデータバンク

▼洞口依子

生い立ち

洞口依子は、東京都武蔵野市出身の1965年3月18日生まれ。現在年齢は57歳。テアトル・ド・ポッシュ所属。[出典1][出典2][出典3]

芸能活動

洞口依子は高校時代に雑誌『週刊朝日』の表紙を飾り、「EPICソニー・スターメイキングコンテスト」で優勝。グラビアアイドルとして芸能界入りを果たした。

その後、写真家・篠山紀信撮影の雑誌『GORO』でヌードグラビアを披露し、話題を集めた。

1985年公開の映画『ドレミファ娘の血が騒ぐ』に出演し、役者デビュー。本作では”恥じらい理論”の実験台にされるヒロイン・秋子を演じ、フワフワとした独特な存在感で注目を集めた。

以降、『マルサの女2』や『部屋/THE ROOM』などの話題作に出演。映画だけでなく、ドラマ『愛という名のもとに』(フジテレビ)や『武蔵/MUSASHI』(NHK)、『ふぞろいの林檎たちⅣ』(TBS)などのヒット作に出演している。[出典1]

出演作品(映画・ドラマ)

90年代最大のヒットドラマ『愛という名のもとに』

洞口依子は、1992年放送のドラマ『愛という名のもとに』(フジテレビ)に出演。主演は鈴木保奈美

本作は、90年代に放送されたドラマの中で、最大のヒット作と言われている。大学時代同じボート部に所属し、硬い絆で結ばれていた7人は、恩師の葬式で久しぶりの再会を果たす。しかし、社会へ出た時の不安や葛藤、絶望感などをそれぞれ抱えていた。

洞口は本作で、7人のうちの1人・飯森則子を演じている。[出典4]

人物

子宮頸癌で闘病生活

洞口依子は、子宮頸がんで8時間に及ぶ手術を経験している。

始まりは2003年の夏。生理不順が始まり、同年冬頃には出血が止まらなくなり、炎症のような症状もあったという。

自身の身体に明らかな異変が起きていたが、そのまま病院を受診することなく2004年を迎えた。

ようやく同年1月に、知人から紹介された病院へ。しかし、その日のうちに別の病院を紹介されたという。

お母さんが筋腫もちだから私も子宮筋腫かなぁ。[出典5]

と洞口は思っていたそうだが、医師から「子宮頸がんの疑いがある」と診断された。

翌日から詳しい検査が始まったが、結果はやはり子宮頸がんだったという。

ステージIb2期出会った洞口は、子宮・卵巣・骨盤内のリンパ節・靭帯・膣の一部を全て取る手術を勧められた。

しかし、結婚後まだ数年しか経っておらず、子供が欲しいと思っており、何より“女でなくなる恐怖”を覚えたという。

どうにか無傷で治療ができないかと考えていた洞口だったが、今を逃すと手術で治癒する可能性が低くなると知り、手術を決意。[出典5]

退院してから仕事復帰まで

8時間の手術を無事終えた洞口依子だったが、リンパ節にがんの転移が見つかり、放射線と抗がん剤の治療が続いた。

2ヶ月の入院期間中は、術後の後遺症などのリハビリに励んだという。

無事退院はしたものの、自宅に帰っても何もする気が起きなかったそうで、元気になる方法が分からなかった。

前向きに考え、一刻も早く仕事に復帰することばかり考えた洞口は、余計に追い詰められて行ったそう。

その後もつらい日々が続き、うつや不安障害を発症。周りにもきつく当たるようになってしまい、腫れ物扱いを受けたという。

そうして術後3年が過ぎた頃、東京では焦りや不安から逃れられないと思い、沖縄へ。

気ままに歩き回り、ぼんやりと海に浮かんだりを繰り返した沖縄での日々で、ようやく自分を受け入れ、前を向くことができたという。

また、2007年には自身の闘病生活などを記した著書『子宮会議』を出版している。[出典5]

後遺症発症で足が丸太のように…

子宮頸がんの経過は良好に思えた洞口依子。しかし、2019年に出演したバラエティ番組で、3年間闘病生活を続けていることを告白。

2016年に製作されたハリウッド映画『沈黙 サイレンス』に出演していた洞口は、撮影終了後に左足に激痛を感じたそう。

診断結果は、リンパ節やリンパ管が傷つくとリンパの流れが悪くなり、むくみなどが発生する“リンパ浮腫”。ほぼ完治することのない難病だという。

2004年に子宮頸がんの手術時、足の付け根のリンパを切除したことが原因だという。

足のむくみは、定期的なマッサージや水中での適度な運動が効果的だそうで、洞口は治療の一環としてサーフィンを行っている。[出典7]

結婚

洞口依子は1997年、当時NHKでディレクターを務めていた葛西弘道と結婚。

自身が子宮頸がんを患い苦しんだ時期も、隣で支えてくれていたという。[出典6]

公式SNS・ブログ

ツイッター

洞口依子の公式ツイッターはこちら

出演

映画

出典

  1. 『洞口依子 - 略歴・フィルモグラフィー』(KINENOTE)
  2. 『洞口依子インタビュー:シネマヴェーラ特集上映によせて』(INTRO)
  3. 『洞口依子』(テアトル・ド・ポッシュ 公式ウェブサイト)
  4. 『90年代に大ヒットした伝説のドラマ『愛という名のもとに』、鈴木保奈美・唐沢寿明・江口洋介らが青春と葛藤を熱演』(music.jpニュース)
  5. 『洞口依子さんスペシャルインタビュー』(人間ドックのここカラダ)
  6. 『子宮をなくしたが、「女であること」を自分の中でもっと開花させたい 特別対談・洞口依子(女優) × 高橋 都(東京大学大学院講師)』(がんサポート)
  7. 『洞口依子 3年間の闘病生活を告白 「丸太にように足がむくむ」難病も…「同じ病の女性を勇気づけたい」(スポニチ)』

今、人気のタレント

  • 広瀬すず
    広瀬すず(ひろせすず)は、日本で活動する役者。静岡県出身の1998年6月19日生まれ。フォスタープラス所属。 姉...
    1
  • 桜田通
    俳優30歳
    桜田通(さくらだどおり)は日本で活動する俳優。1991年12月7日生まれ。東京都出身。本名は桜田通。B型。事務所は...
    2
  • 小倉優子
    小倉優子は、子供を2人持つママタレント。『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などに出演する。 以前は今田耕司...
    3

最近更新されたタレント

  • 嶋田久作
    俳優67歳更新!!
    嶋田久作(しまだきゅうさく)は、日本の役者。神奈川県出身の1955年4月24日生まれ。ザズウ所属。 大学卒業後に...
  • 茂木忍
    アイドル25歳更新!!
    茂木忍(もぎしのぶ)は、日本のアイドル・YouTuber。千葉県出身の1997年2月16日生まれ。株式会社DH所属...
  • 新津ちせ
    女優12歳更新!!
    新津ちせ(にいつちせ)は、日本の子役。東京都出身の2010年5月23日生まれ。劇団ひまわり所属。 父はアニメ監督...
  • 土屋神葉
    俳優26歳更新!!
    土屋神葉(つちやしんば)は、日本の声優・役者。東京都出身の1996年4月4日生まれ。トランスワールドジャパン株式会...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ