2021年3月15日更新

のん

のん

29歳

のんの生い立ちから芸能活動までを総まとめ!女優・創造あーちすととして活動するのんの現在とは?能年玲奈から改名した理由、才能あふれる趣味など、のんの情報を徹底的にまとめました。

どんな人?

  • のんは、日本で活動する役者・モデル・歌手・アーティスト。兵庫県神崎郡神河町出身の1993年7月13日生まれ。株式会社non所属であり、代表取締役。本名は能年玲奈。
  • 2006年に開催された「第10回ニコラモデルオーディション」に参加し、グランプリを獲得し芸能界入りした。
  • 2010年公開の映画『告白』で生徒役を演じ役者デビュー。2013年にはオーディションを経て、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)に出演し、本作の演技で数々の賞を受賞した。
  • 2015年には事務所からの独立騒動が起こり、事実上の休業状態に。その後2016年7月から、芸名を変更して芸能活動を再開している。
  • 2016年公開のアニメ映画『この世界の片隅に(アニメ映画)』では監督からのオファーを受け、主人公の声優を務めた。また、本作での演技が評価され様々な賞を受賞している。

プロフィール

本名能年玲奈
生年月日1993年7月13日(29歳)
身長 / 血液型162cm / A型
出身地兵庫県神崎郡神河町
デビュー年2006年

▼のん

生い立ち

のんは、兵庫県神崎郡神河町出身の1993年7月13日生まれ。現在年齢は29歳。株式会社non所属であり、代表取締役。本名は能年玲奈。[出典1][出典2]

父と母、1つ年下の妹の4人家族。[出典3]

思春期の頃は母とケンカすることも

のんは思春期だった中学時代、仲は良かったものの母とケンカすることが多かった。

ケンカの理由は些細なことが多かったそうだが、楽観的な性格の母に腹が立つこともあったという。[出典4]

その後のんは芸能界入りしたため、反抗期の途中で実家を出てしまっている。

大人になって両親との関係性にも変化があり、仲はいいものの少し小っ恥ずかしさがあるという。[出典5]

中学時代には活発に活動していた

のんは、中学時代ソフトボール部に所属。

毎日のように練習に励んでいたため、真っ黒に日焼けしていたという。

また、中学1年生の時からバンド活動を開始。

卒業までの間に3つのバンドで活動し、時間を見つけては練習していたそう。[出典6]

芸能活動

モデルに憧れ芸能界入り

のんは小学校の頃からモデルに憧れ、2006年にはオーティーン向けファッション誌『ニコラ』のオーディションに参加。

グランプリを受賞し、同誌の専属モデルとして本名である「能年玲奈」として芸能界入りを果たした。[出典2][出典3]

2010年公開の映画『告白』では役者デビューし、その後『カラスの親指』や『グッモーエビアン!』などの話題作に出演。

また、ドラマ『高校生レストラン』(日本テレビ)や『鍵のかかった部屋』(フジテレビ)などにも出演している。[出典7][出典8]

2012年には、「カルピスウォーター」の11代目CMキャラクターに起用された。[出典2]

ブレイクのきっかけとなった作品

のんは、2013年放送の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)で朝ドラ初主演を務めた。

本作は宮藤官九郎が脚本を務め、岩手県北三陸市を舞台に自分らしさを取り戻していく主人公が描かれている。[出典9]

のん演じる主人公・アキが作中連発したセリフ「じぇじぇじぇ」は同年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にも選ばれ、社会現象を巻き起こした。[出典10]

本作への出演がきっかけで、のんもブレイク。以降、多数のドラマや映画で主演を務めている。[出典2]

独立後には仕事が激減

のんは、2016年7月にデビュー以降所属していた芸能事務所から独立。

社長からのパワハラや少ない報酬、本人が望んだ仕事を入れないなど問題があったと報道されたが、事務所側は一部否定している。

また、独立後は「能年玲奈」という名前を使用することができなかったため、現在の芸名「のん」に改名。

しかし、独立以降元事務所からの圧力もあり、役者としての仕事は思うように行えていない。

独立以降、アニメ映画『この世界の片隅に(アニメ映画)』や『星屑の町』などに出演しているが、民放のドラマには出演できていない。[出典11][出典12]

そんな状況の中、2020年には映画『私をくいとめて』に出演。6年振りに実写映画の主演を務め、話題となった。[出典13]

人物

  • 仕事のため16歳で上京した当時は、どこに何があるか分からない東京に圧倒され家にこもりきっていた。
  • 17歳まで髪の毛を短く切ったことがなかった。18歳の時に役作りでショートカットになり、シャンプーのしやすさに驚いた。[出典6]
  • ポテトチップスが好き。
  • コメディ系の映画を観ることで自身のメンタルを上げている。
  • 憧れの女性は、ハリウッド映画『ワンダーウーマン』のワンダーウーマンと、役者・桃井かおり[出典14]
  • 妹から「役者の仕事をしていかなかったらのたれ死んでいた」と指摘され、納得している。[出典15]
  • 家にこもって洋服や曲を作ったり、絵を描いたりする時間が好き。
  • 自分へのご褒美として、高価なチョコレートを食べる。[出典16]

公式SNS・ブログ

ツイッター

のんの公式Twitterはこちら

インスタグラム

のんの公式Instagramはこちら

ブログ

のんの公式ブログはこちら

出演

テレビ番組

映画

出典

  1. 『女優・創作あーちすと』(のん公式サイト)
  2. 『のん』(映画.com)
  3. 『『あまちゃん』能年玲奈を育んだ“共働き両親と県営住宅生活”』(女性自身)
  4. 『能年玲奈、中学時代は母親と「毎日ケンカ」』(ORICON NEWS)
  5. 『故郷の兵庫にて?』(のん 公式ブログ)
  6. 『10代の能年玲奈へ贈る、メッセージという名のシャウト! 』(SCHOOL OF LOCK!)
  7. 『ドラマ「高校生レストラン」』(ザテレビジョン)
  8. 『能年玲奈の出演ドラマ一覧』(ザテレビジョン)
  9. 『連続テレビ小説 あまちゃん』(ファミリー劇場)
  10. 『朝ドラ『あまちゃん』の天野アキと歩く、2000年代アイドルブーム真っ只中の東京【朝ドラ妄想散歩】』(さんたつ by 散歩の達人)
  11. 『「能年玲奈はなぜ消えたのか」 判決確定「週刊文春」はこう考える』(文春オンライン)
  12. 『のん「圧力告白」に世間微妙な反応』(エンタMEGA)
  13. 『のん「主演映画は特別」 6年ぶり実写主演映画が東京国際映画祭観客賞受賞:第33回東京国際映画祭』(シネマトゥデイ)
  14. 『【インタビュー】のんさんのハッピーな笑顔をめぐる10の質問』(25ans)
  15. 『『私をくいとめて』のん 単独インタビュー』(シネマトゥデイ)
  16. 『のんさんの日々の暮らしと小さなしあわせ』(PARIS mag)

のんの関連記事

今、人気のタレント

  • 松原正隆
    俳優54歳
    松原正隆は 1968年07月12日生まれ。福岡県出身。 俳優として活動している。
    1
  • 満島ひかり
    女優36歳
    満島ひかり(みつしまひかり)は、日本で活動する役者。沖縄県出身の1985年11月30日生まれ。 弟の満島真之介は...
    2
  • 阿部サダヲ
    俳優52歳
    阿部サダヲ(あべさだを)は、日本で活動する役者・歌手。千葉県松戸市出身の1970年4月23日生まれ。大人計画所属。...
    3

最近更新されたタレント

  • 中尾暢樹
    タレント25歳更新!!
    中尾暢樹(なかおまさき)は、日本の役者。埼玉県出身の1996年11月27日生まれ。ワタナベエンターテインメント所属...
  • 綱啓永
    俳優23歳更新!!
    綱啓永(つなけいと)は、日本の役者。千葉県出身の1998年12月24日生まれ。ワタナベエンターテインメント所属。 ...
  • 立石俊樹
    俳優28歳更新!!
    立石俊樹(たていしとしき)は、日本の役者。秋田県出身の1993年12月19日生まれ。A-Light所属。 201...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ