2020年2月24日更新

みやもとのぶこ

宮本信子

75歳

宮本信子(みやもとのぶこ)は日本で活動する女優。1945年3月27日生まれ。北海道出身。血液型はO型である。

どんな人?

  • 宮本信子(みやもとのぶこ)は、日本で活動する女優。1945年3月27日に北海道小樽市で生まれ、愛知県名古屋市で育った。東宝芸能所属。
  • 高校卒業後の1963年、文学座附属演劇研究所に入所。翌1964年に劇団青俳に入団し、舞台を中心に活躍。
  • 1967年に『日本春歌考』で映画デビューを果たし、以降は数々の映画で助演を務めた。
  • 1987年公開の映画『マルサの女』では、数々の主演女優賞を受賞。本作は同年発表された「新語・流行語大賞」の新語部門の金賞を受賞するなど、話題となっている。
  • 1969年には、映画デビュー作で共演した伊丹十三と結婚。1997年に伊丹が自殺し、死別。

プロフィール

芸名 / 読み宮本 信子 / みやもと のぶこ
誕生日3月27日
出身地北海道
デビュー年1964年
身長 / 血液型157.0cm / O型
正座 / 干支おひつじ座 / 酉年

出典:タレントデータバンク

▼宮本信子

生い立ち

宮本信子は、北海道出身の1945年3月27日生まれ。現在年齢は75歳。身長156cm。血液型はO型。東宝芸能所属。[出典1]

4歳から愛知県名古屋市で暮らし、中学では演劇部、高校ではバスケットボール部に所属。高校卒業後に上京し、文学座付属演劇書に入所している。[出典1][出典2][出典18]

芸能活動

宮本信子は、1964年に舞台『三日月の影』で役者デビュー。[出典1]

1984年には、映画監督であり夫の伊丹十三が手掛けた映画『お葬式』に出演。本作で、「日本アカデミー賞」優秀主演女優賞を受賞。また、宮本は本作以降、伊丹が監督を務めた作品全て出演している。[出典1][出典3]

1988年には、映画『マルサの女』に出演。宮本は本作で、「シカゴ国際映画祭」最優秀主演女優賞や、「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞など、多くの賞を受賞している。[出典1][出典3]

2007年には、映画『眉山』に出演。本作で10年振りの映画出演を果たした宮本は、「日本アカデミー賞」優秀助演女優賞を受賞している。[出典3][出典4]

また、2011年公開の映画『阪急電車 片道15分の奇跡』に出演し、「日本アカデミー賞」優秀助演女優賞と「報知映画賞」助演女優賞を受賞。[出典3][出典5]

2014年には、芸術文化分野において優れた業績を挙げたことが認められ、紫綬褒章を受章している。[出典6]

出演作品(映画・ドラマ)

流行語大賞にも選ばれた大ヒット作!映画『マルサの女』

宮本信子は、1988年公開の映画『マルサの女』に出演。主演を務めた。

本作は、国税局査察部の摘発のプロ(通称・マルサ)に抜擢された板倉亮子が、ラブホテルの経営者の脱税を調査して摘発するストーリー。

宮本は本作で、おかっぱ頭にソバカスだらけの不美人で、やり手の税務署調査官・板倉亮子を演じている。[出典7][出典8]

また、本作が大ヒットしたことから、1987年の「第4回 ユーキャン新語・流行語大賞」の新語部門で「マルサ」が金賞を受賞。[出典9]

NHK放送文化賞受賞のきっかけとなったドラマ『あまちゃん』

宮本信子は、2013年放送のドラマ『あまちゃん』(NHK)に出演。主演はのん[出典10]

本作は、母の故郷である岩手県北三陸を訪れた主人公・アキ(のん)が、現役で海女の仕事を続ける祖母と会い、その仕事姿に憧れを抱いて海女を目指す様が描かれる。

宮本は本作で、現役の海女を続けるアキの祖母・天野夏を演じている。[出典11][出典12]

また、本作の演技で「東北に生きる女性の力強さと優しさを演じて多くの人を魅了した」として、2014年に「第65回NHK放送文化賞」を受賞している。[出典13][出典14]

出演CM

宮本信子は、原田美枝子常盤貴子と共に、資生堂のシニア向け化粧品ブランド「プリオール(PRIOR)」に出演。[出典15][出典16]

人物

  • 趣味は小唄とジャズダンス。[出典1]
  • 基本的な生活習慣を整えることで自分らしい美しさを保っている。[出典17]
  • 出演している資生堂のCMで一番印象に残っているのは、リップを「変な色」と言うシーン。[出典17]
  • 資生堂のCMでは、浴衣姿でダンスを踊るシーンの練習を楽しんだ。[出典17]
  • 紫綬褒章を受章した際、愛知淑徳高校の卒業生としてインタビューを受けている。[出典18]
  • 学生時代のクラス対抗の演劇では、主役を務めた経験がある。[出典18]
  • 芝居で初めて役を任された時のセリフは、わずか3つだった。[出典18]
  • 上京する時は悲壮な気持ちを抱きながら夜行列車に乗った。[出典18]
  • 夫・伊丹十三の功績を展示した「伊丹十三記念館」の館長を務めている。[出典19]

結婚

宮本信子は1969年、映画監督や俳優など、幅広いジャンルで活躍していた伊丹十三と結婚。[出典2]

2人は2児を設けており、長男は俳優の池内万作[出典1][出典21]

2人の出会いは…?

宮本信子と伊丹十三は、1965年放送のドラマ『あしたの家族』(NHK)で初共演。

当時、宮本は女優になるために名古屋から上京したばかりであり、伊丹は海外映画に出演し、エッセイ『ヨーロッパ退屈日記』を出版するなど、すでに俳優やエッセイストとして活躍していた。

宮本は伊丹の第一印象について、

最初に感じたのは、今まで逢ったことがない別世界のすごい人。一つ言葉を選ぶなら『異質』。[出典20]

と語っている。[出典20]

共演後、宮本は伊丹から何度もお茶に誘われたそうだが、最初は断り続けていたという。しかし、次第に断り続けるのも失礼だと感じ始め、渋々誘いに応じるようになったそう。

また、伊丹が宮本をお茶に誘っていた理由は、ドラマ『あしたの家族』(NHK)のディレクターと、「どちらが先に宮本信子をお茶に誘えるか」を賭けていたからだったという。[出典20][出典21]

夫の自殺

宮本信子の夫・伊丹十三は、1997年に自殺で亡くなっている。[出典24]

夫の死後宮本は悲しみや辛さを口にすることはなく、2人の子供を持つシングルマザーとして、辛い感情を押し殺して仕事に没頭。[出典22][出典23]

また、宮本は2019年7月放送のテレビ番組『サワコの朝』(TBS)に出演した際、今でも変わらず夫を思っていることを明かしている。[出典22][出典23]

公式SNS・ブログ

SNS

宮本信子は2020年1月現在、自身の公式SNSを運営していない。

しかし、出演作品などの公式SNSには登場しているので、要チェック!

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 生駒里奈
    生駒里奈(いこまりな)は、日本で活動するタレント。秋田県由利本荘市出身の1995年12月29日生まれ。乃木坂46合...
  • 綾野剛
    俳優38歳
    綾野剛は、小栗旬や木村文乃らと同じ事務所に所属。2003年、『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)において怪人であ...
  • 山田孝之
    俳優36歳
    山田孝之は、1983年10月20日生まれの俳優・取締役CIO。 姉は女優の椿かおりと歌手のSAYUKI。 ヒゲ...
  • 中川翔子
    中川翔子の父は元歌手の故中川勝彦さんであり、1994年9月に32歳で亡くなっている。母・桂子さんは度々イベントなど...
  • 向井理
    俳優38歳
    向井理は、『ゲゲゲの女房』(NHK)で知名度を上げて以降、様々な映画やドラマに出演している俳優。 妻は女優の国仲...
  • 東山紀之
    歌手53歳
    東山紀之(ひがしやまのりゆき)は、日本で活動する俳優。神奈川県川崎市出身の1966年9月30日生まれ。ジャニーズ事...
  • 近藤春菜
    近藤春菜(こんどうはるな)は、芸人。1983年2月23日生まれ、東京都出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー...

出典

  1. 『宮本信子プロフィール』(オフィシャルサイト)
  2. 『宮本信子』(NHK人物録)
  3. 『宮本信子』(東宝芸能株式会社)
  4. 『眉山』(映画.com)
  5. 『阪急電車 片道15分の奇跡』(映画.com)
  6. 『褒章の種類及び授与対象』(内閣府)
  7. 『マルサの女』(映画.com)
  8. 『宮本信子、おかっぱ頭の“マルサの女”スタイルで登場!「伊丹映画はちゃんと残っています」』(Movie Walker)
  9. 『第4回 1987年 授賞語』(自由国民社)
  10. 『連続テレビ小説「あまちゃん」』(NHKドラマ)
  11. 『連続テレビ小説 あまちゃん』(NHK名作選みのがしなつかし)
  12. 『あまちゃん』(ファミリー劇場)
  13. 『日本放送協会 放送文化賞』(NHK)
  14. 『宮本信子ら6人にNHK放送文化賞』(日刊スポーツ)
  15. 『宮本信子 只今仕事中』(オフィシャルサイト)
  16. 『PRIOR』(資生堂)
  17. 『宮本信子さんに聞く、人生の歩み方とは?』(資生堂)
  18. 『宮本信子さんインタビュー』(愛知淑徳高等学校)
  19. 『伊丹十三記念館』
  20. 『宮本信子が伊丹十三との出会いを回顧「第一印象は”異質”」』(太田出版 ケトルニュース)
  21. 『宮本信子「子供はいらない」と主張する夫・伊丹十三をこうして論破』(エンタメウィーク(docomo))
  22. 『変わらぬ夫への想い…宮本信子が語る伊丹作品の魅力』(MBS)
  23. 『宮本信子さんが語る夫・伊丹十三への変わらぬ思い&伊丹映画の秘密』(毎日新聞)
  24. 『「昭和・平成」有名人の衝撃自死(9)伊丹十三の謎だらけの“飛び降り”』(BIGLOBEニュース)

今、人気のタレント

  • 佐藤健
    俳優31歳
    佐藤健は『仮面ライダー電王』(テレビ朝日系)でドラマ・映画初主演を飾った俳優。 役のために髪型を変えることが多く...
    1
  • 多部未華子
    女優31歳
    多部未華子(たべみかこ)は、日本で活動する女優。東京都出身。 2002年に女優デビューし、2005年には「第48...
    2
  • 綾野剛
    俳優38歳
    綾野剛は、小栗旬や木村文乃らと同じ事務所に所属。2003年、『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)において怪人であ...
    3

最近更新されたタレント

  • 池内万作
    俳優48歳更新!!
    池内万作は、俳優。1995年映画『君を忘れない』でデビュー。 2002年放送のドラマ『こちら本池上署』(TBS系...
  • 駿河太郎
    俳優41歳更新!!
    駿河太郎(するがたろう)は、日本で活動している俳優・ミュージシャン。兵庫県出身の1978年6月5日生まれ。ステッカ...
  • 佐久本宝
    俳優21歳更新!!
    佐久本宝(さくもとたから)は、日本で活動する俳優。沖縄県出身の1998年7月22日生まれ。株式会社ビーストリーム所...
  • 山下リオ
    女優27歳更新!!
    山下リオ(やましたりお)は、日本で活動する女優。徳島県出身の1992年10月10日生まれ。スターダストプロモーショ...

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ