2022年1月18日更新

みやざわりえ

宮沢りえ

49歳

V6森田剛との結婚を発表した宮沢りえの、出演映画や貴乃花との婚約破棄・過去の結婚離婚、そして1人娘についてまでを詳しくお届け。若き宮沢りえが写真集などでふんどし・ヌード姿を披露したのは実母のせい?

どんな人?

  • 宮沢りえ(みやざわりえ)は、日本で活動する女優、モデル。東京都練馬区出身の1973年4月6日生まれ。エム・ツー企画所属。
  • 1985年、11歳の時に日清食品「チャルメラ」のCMで芸能界デビューし、その後、ファッション雑誌『Seventeen』の表紙を飾った。その後「三井のリハウス」CMで初代リハウスガールを務め、注目を集める。
  • 1988年公開の映画『ぼくらの七日間戦争』に出演し、女優デビュー。本作で「日本アカデミー賞」新人賞を受賞した。
  • 10代の頃に行われた奇抜な話題作りやスキャンダルが原因で、マスコミのバッシング報道が相次ぎ、一時芸能活動を休止していた時期もある。
  • 過去、1992年に元大相撲力士であり貴乃花親方こと花田光司、2009年に元プロサーファーの実業家と結婚するも、離婚。2018年3月16日には、アイドルグループ「V6」の森田剛と結婚している。

プロフィール

本名宮沢りえ
生年月日1973年4月6日(49歳)
身長 / 血液型168cm / B型
出身地東京都
デビュー年1985年
配偶者森田剛
所属事務所エムツー企画

▼宮沢りえ

生い立ち

宮沢りえは、東京都出身の1973年4月6日生まれ。現在年齢は49歳。エム・ツー企画所属。[出典5]

オランダ人の父と、日本人の母の間に生まれている。[出典1]

芸能活動

宮沢りえは、小学校5年生のときに子供服のモデルとして芸能界デビュー。

1987年には三井不動産のCMで初代リハウスガールに抜擢され、転校生の美少女・白鳥麗子を演じ人気を博した。[出典2]

1988年には、映画『ぼくらの七日間戦争』で映画初出演にして主演を務め、「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。[出典1][出典2]

同作は2019年にアニメ版が公開されており、宮沢は実写版で演じた中山ひとみの30年後を声優として演じている。[出典4]

宮沢はアニメ版映画の舞台あいさつで、

15歳でデビューし、その30年後にまさか中山ひとみを演じるとは思わなかった。[出典4]

と語っている。[出典4]

1989年にシングルCD『ドリーム・ラッシュ』をリリースし、歌手デビュー。また、同年にはカレンダーでふんどし姿を披露。[出典1][出典2]

1991年には、カメラマン・篠山紀信撮影のヌード写真集『santa fe』を発売し、155万部を売り上げている。[出典1][出典2]

その後、自殺未遂や映画の降板が取り沙汰され、一時期は芸能活動を休止。[出典2][出典3]

2000年代から活動を再開し、2001年公開の映画『華の愛・遊園驚夢』で主演を務め、「モスクワ国際映画祭」最優秀女優賞を受賞。[出典2]

2002年公開の映画『たそがれ清兵衛』では、「日刊スポーツ映画大賞」助演女優賞など、8冠を達成。[出典1]

また、舞台でも活躍しており、1991年公演の舞台『ジプシー』に参加して以降、数多くの作品に出演。

2004年には舞台『透明人間の蒸気』で「読売演劇大賞」最優秀女優賞を受賞している。[出典2]

出演作品(映画・ドラマ・舞台)

大人の三角関係を描いたドラマ『協奏曲』

宮沢りえは、1996年放送のドラマ『協奏曲』(TBS)に出演。主演は田村正和

本作は、かつて建築家として名を馳せた主人公・海老沢耕介(田村正和)が、鎌倉の浜辺で突然倒れ込み、耕介を尊敬する建築家の卵・貴倉翔(木村拓哉)と、翔の恋人の榊花(宮沢りえ)が介抱。やがて耕介は花に恋心を抱くようになり、三角関係の恋愛模様が描かれる。

宮沢は本作で、耕介と翔の間で気持ちが揺れ動く榊花を演じている。[出典6]

3年ぶりのドラマ出演となった作品!ドラマ『きのう何食べた?正月スペシャル2020』

宮沢りえは、2020年1月1日放送のドラマ『きのう何食べた?正月スペシャル2020』(テレビ東京)に出演。主演は西島秀俊内野聖陽

本作は、よしながふみの同名コミックが原作であり、2019年4月に連続ドラマとして放送され、話題になった。スペシャルドラマでは、「誰のために時間とお金を使いたいか」をテーマに、主人公の男性カップルや周囲の人間模様を描いている。

宮沢は本作で、筧史朗(西島秀俊)が青春時代から憧れ続けた女優・三谷まみを演じている。[出典7][出典8]

数々の賞を受賞した映画『たそがれ清兵衛』

宮沢りえは、2002年公開の映画『たそがれ清兵衛』に出演。主演は真田広之

本作は、幕末の世に生きる子持ちの下級武士と、家族の生き様を描いた時代劇。

宮沢は本作で、主人公・清兵衛に想われる朋恵を演じている。[出典9][出典10]

母親の強い絆を描いた映画『湯を沸かすほどの熱い愛』

宮沢りえは、2016年公開の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』に出演。主演を務めた。

本作は、余命宣告を受けた主人公・双葉(宮沢りえ)が、残りの時間を家族のために精一杯使おうと奮闘するストーリー。行方不明の夫を連れ戻し、銭湯の経営を立て直し、さらに繊細な娘を自力で生きていけるように奔走する様を描く。

宮沢は本作で、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする主人公・双葉を演じている。[出典11][出典12][出典13]

天海祐希の代役を務めた舞台『おのれナポレオン』

宮沢りえは、2013年に舞台『おのれナポレオン』に出演。主演は野田秀樹[出典14]

本作は、2013年4月9日から5月12日にかけて公演されたが、5月6日の公演後に、出演していた天海祐希が軽い心筋梗塞の症状を発症し、舞台を降板。

宮沢は天海が演じていたアルヴィーヌの代役として出演。わずか2日半の稽古時間で、2時間を超える舞台を、ミスすることなく演じきっている。

終演後は満員の観客に、スタンディングオベーションで迎えられた。[出典15][出典16]

出演CM

1987年 三井不動産「三井のリハウス」

1988年 大塚製薬「ポカリスエット」

1991年 パイオニア「セルフィー」

1994年 宝酒造 タカラ缶チューハイ「すったもんだがありました篇」

2005年 トヨタ自動車「vitz」

2007年 資生堂「AQUALABEL」

2013年 TSUTAYA「私は、TSUTAYA。」

2018年 積水ハウス「木造住宅シャーウッド「光と陰りの家」篇」

2018年 サントリー「伊右衛門 こころの茶屋シリーズ」

2019年 資生堂「NAVISION」

2019年 江崎グリコ「ポッキー」[出典5]

人物

出典

  1. 『宮沢りえ「すったもんだ」から実力派へ』(日刊スポーツ)
  2. 『宮沢りえ』(KINENOTE)
  3. 『「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(1)「鬼龍院花子の生涯」脚本家・高田宏治インタビュー』(asagei)
  4. 『宮沢りえ「苦しかった」15歳のデビュー当時』(ライブドアニュース)
  5. 『宮沢りえ』(エム・ツー企画)
  6. 『協奏曲』(ザテレビジョン)
  7. 『ドラマ24 きのう何食べた?』(テレビ東京)
  8. 『宮沢りえ、「きのう何食べた?SP」でシロさん憧れの女優・三谷まみに!まみの登場にケンジは焼きもち…』(ザテレビジョン)
  9. 『たそがれ清兵衛』(映画.com)
  10. 『映画「たそがれ清兵衛」』(つるおか観光ナビ)
  11. 『映画「湯を沸かすほどの熱い愛」』(オフィシャルサイト)
  12. 『湯を沸かすほどの熱い愛』(シネマトゥディ)
  13. 『『湯を沸かすほどの熱い愛』宮沢りえ 単独インタビュー』(シネマトゥディ)
  14. 『おのれナポレオン』(東京芸術劇場)
  15. 『カンペ拒否した宮沢りえの女優魂』(東スポ)
  16. 『天海祐希の急遽代役となった宮沢りえ 鬼気迫るほどの白熱準備』(NEWSポストセブン)
  17. 『美川、宮沢りえの婚約「ぶっ壊した」』(デイリー)
  18. 『美少女・宮沢りえを「大女優」にした男はだれだったのか?』(AERA)
  19. 『宮沢りえ、サプライズ好きな一面明かす「うちの娘もいつかバレンタインにサプライズを」』(徳島新聞)
  20. 『第11回 1994年 授賞語』(自由国民社)
  21. 『「二人が名もない花だったら……」貴乃花がいま明かす「宮沢りえとの破局」と「若乃花との対決』(文春オンライン)
  22. 『宮沢りえ離婚成立を発表「役者として、母として、一人の人間としてこれからも前進」』(東スポ)
  23. 『宮沢りえと結婚のV6森田剛、感謝のカステラ送る』(日刊スポーツ)
  24. 『宮沢りえ、森田剛からの「無理しないで」で妊活重圧から解放』(NEWSポストセブン)
  25. 『宮沢りえ、ふんわり服で森田剛とデート 映画降板の理由は?』(NEWSポストセブン)

配偶者

  • 森田剛
    森田剛(もりたごう)は、日本の役者。埼玉県出身の1979年2月20日生まれ。MOSS所属。 14歳だった1993...

宮沢りえの関連記事

宮沢りえが登場する記事

水川あさみのインスタまとめ

今、人気のタレント

  • MEGUMI
    MEGUMIは、タレント、女優、元グラビアアイドル。1981年9月25日生まれ。岡山県出身。 元々歌手志望だった...
    1
  • 田中圭
    俳優38歳
    田中圭(たなかけい)は、日本の役者。東京都出身の1984年7月10日生まれ。トライストーン・エンタテイメント所属。...
    2
  • 石田ゆり子
    女優52歳
    石田ゆり子は、女優。天然っぷりが注目され、「かわいすぎるアラフィフ」として人気を集めている。 ドラマ『逃げるは恥...
    3

最近更新されたタレント

  • 嶋田久作
    俳優67歳更新!!
    嶋田久作(しまだきゅうさく)は、日本の役者。神奈川県出身の1955年4月24日生まれ。ザズウ所属。 大学卒業後に...
  • 茂木忍
    アイドル25歳更新!!
    茂木忍(もぎしのぶ)は、日本のアイドル・YouTuber。千葉県出身の1997年2月16日生まれ。株式会社DH所属...
  • 新津ちせ
    女優12歳更新!!
    新津ちせ(にいつちせ)は、日本の子役。東京都出身の2010年5月23日生まれ。劇団ひまわり所属。 父はアニメ監督...
  • 土屋神葉
    俳優26歳更新!!
    土屋神葉(つちやしんば)は、日本の声優・役者。東京都出身の1996年4月4日生まれ。トランスワールドジャパン株式会...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ