2021年4月21日更新

まつやまけんいち

松山ケンイチ

36歳

松山ケンイチのデスノートはじめとする映画やCM、ドラマ出演情報から、現在の妻、小雪との結婚生活に迫ります!さらに兄弟や身長や性格といったプロフィールや生い立ち、木村拓哉との関係性も!

どんな人?

  • 松山ケンイチ(まつやまけんいち)は、日本で活動する役者。青森県出身の1985年3月5日生まれ。ホリプロ所属。
  • 2001年に開催された「New style audition」でグランプリを獲得し、モデルとして芸能界デビューした。
  • 翌年放送のドラマ『ごくせん』(日本テレビ)で役者デビューし、映画『アカルイミライ』でスクリーンデビュー。
  • 2006年公開の映画『デスノート』で、主人公の殺人犯を追い詰める探偵を演じ、ブレイクを果した。
  • 私生活では、2011年に役者の小雪と結婚。3児に恵まれている。

プロフィール

芸名 / 読み松山 ケンイチ / まつやま けんいち
誕生日3月5日
出身地青森県
デビュー年2001年
身長 / 体重 / 血液型180.0cm / 60.0kg / B型
星座 / 干支うお座 / 丑年

出典:タレントデータバンク

▼松山ケンイチ

生い立ち

松山ケンイチは青森県むつ市出身の1985年3月5日生まれ。現在年齢は36歳。ホリプロ所属。[出典1] [出典2]

泣き虫だった子供の頃

松山ケンイチの本名は、松山研一。[出典2]

幼いころから周囲には“ マツケン”と呼ばれていた。[出典3]

小学校時代は何かあるたびに泣いていた。「泣くことだけが、自分を表現するたったひとつの方法であった」と語っている。[出典3]

将来はカリスマ美容師になりたかった

松山ケンイチは、中学生時代に棒高跳びで東北大会に出場し、4位の結果を残した。

しかし高校生になると部活には所属せず、帰宅後は遊んで過ごしている。勉強が苦手で、カリスマ美容師になろうと思っていた。

高校は青森県立大湊高等学校に入学。[出典4]

その後は16歳の頃に上京し、定時制課程の東京都立代々木高等学校を卒業した。[出典3] [出典5]

芸能活動

オーディションでグランプリを獲得し芸能界入り

松山ケンイチは、2001年に芸能事務所「ホリプロ」などが開催した“New Stile オーディション”に出場。グランプリを受賞し、モデルとして芸能界デビューしている。[出典2]

オーディションへ応募したのは母であった。本人は乗り気ではなかったが、「お金を出さずに東京へ行ける」と言われ、会場へ向かった。[出典3]

デビュー後はなまりが強すぎたため、マネージャーからアルバイトをするよう勧められファーストフード店で働いている。[出典3]

20歳の頃まで仕事が少ない日々が続いたこともあり、アルバイト生活は4年間続いた。[出典3] [出典6]

テレビドラマで俳優デビュー

松山ケンイチは、2002年にドラマ『ごくせん』(日本テレビ)で、俳優デビューを果たした。仲間由紀恵演じる高校教師・山口久美子の教え子役を演じている。[出典2] [出典7]

2004年の映画『ウィニング・パス』では、車椅子バスケに情熱を傾ける高校生役を演じ、初めて主演を務めた。[出典1] [出典2]

2005年は、映画『男たちの大和 YAMATO』で、海軍特別年少兵役を演じている。オーディションによる選考が行われた際、本作の製作を担当した角川春樹の目に留まり獲得した役柄であった。[出典6] [出典8]

本作での演技が評価され、「第30回日本アカデミー賞」新人俳優賞などを受賞している。[出典1]

藤原竜也のライバル役で一躍有名に

松山ケンイチは、2006年に大場つぐみ・小畑健による大ヒットコミックが原作の映画『デスノート』に天才探偵“L”役で出演。藤原竜也演じる大量殺人を犯す主人公を追い詰める役どころで、原作における独特なキャラクターを忠実に再現し話題となった。[出典2] [出典9]

その人気ぶりは、スピンオフ映画『L change the WorLd』が製作されたほどであった。[出典10]

映画・ドラマで続々と主演!

松山ケンイチは、2008年に人気ギャグ漫画の実写映画『デトロイト・メタル・シティ』で主演。根岸崇一役を務めている。[出典11]

2012年には、大河ドラマ『平清盛』(NHK)で主演。主人公の平清盛役を自ら志願し、1年間にわたり演じきった。[出典1] [出典12]

2016年は、若くして亡くなったプロ棋士・村山聖の生涯を描いた映画『聖の青春』で主演。役作りのため、体重を20kg増量させ挑んだことが話題となった。[出典13] [出典14]

映画・ドラマ以外にも活躍の場を広げる

松山ケンイチは、2013年に初めてのエッセー本『敗者』を出版している。[出典15]

2014年は、手塚治虫の名作漫画『ブッダ』の劇場版アニメ『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ−終わりなき旅−』で、盗賊タッタ役として声優にも挑戦した。[出典16]

2017年には、舞台にも挑戦。「劇団☆新感線」の舞台『「髑髏城の七人」Season風』で、主人公の捨之介とその敵・天魔王の1人2役を務めている。[出典17]

人物

  • 趣味は映画鑑賞と農業。[出典18] [出典19] 
  • 好きな食べ物はカレーライス。[出典3]
  • 自分自身の性格を「わがままであり、あまのじゃくでもある」と明かしている。[出典6]
  • 電話で話すのは嫌いだが、テレビ電話を通しての飲み会には参加したいと思っている。[出典3]
  • 尊敬する俳優は、映画『男たちの大和 YAMATO』で共演した中村獅童(二代目)[出典20]
  • 芸能人の友達は、2006年の映画『親指さがし』で共演した男性アイドルグループ「V6」の三宅健[出典3]
  • 釣りや虫取りなど、自然と触れ合える遊びが好きである。[出典21]
  • 2018年から北日本へ移住。畑仕事などをしながら一軒家で家族とともに暮らし、一年の半分ほどをそこで過ごしている。[出典22]
  • 2011年の東日本大震災後、被災地でのボランティア活動を行った。土日に車で福島まで行き、がれきの撤去を手伝っている。[出典23]

結婚

松山ケンイチは、2011年に映画『カムイ外伝』で共演した、女優の小雪と結婚している。[出典2]

結婚の翌年には、第1子となる男児が誕生。さらに2013年には女児、2015年には第3子となる男児が生まれている。[出典24]

俳優の柄本時生によると、息子はゲームが上手である。柄本時生と俳優の早乙女太一がオンラインゲームをした際に、松山ケンイチの息子であることを隠して一緒にプレイしていた。[出典25]

出演

テレビ番組

映画

舞台

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 三浦翔平
    俳優33歳
    三浦翔平(みうらしょうへい)は、日本で活動する役者。東京都出身の1988年6月3日生まれ。バーニングプロダクション...
  • 玉木宏
    歌手41歳
    玉木宏(たまきひろし)は、日本で活動する役者・歌手。愛知県名古屋市出身の1980年1月14日生まれ。アオイコーポレ...
  • 仲野太賀
    俳優28歳
    仲野太賀(なかのたいが)は、日本で活動する役者。東京都出身の1993年2月7日生まれ。スターダストプロモーション所...
  • 濱田龍臣
    俳優20歳
    濱田龍臣(はまだたつおみ)は、日本で活動する役者。千葉県出身の2000年8月27日生まれ。テイクオフ・フォースプリ...
  • 吉岡里帆
    女優28歳
    吉岡里帆(よしおかりほ)は、日本で活動する女優。1993年1月15日生まれ。京都市右京区出身。 グラビアアイドル...
  • 中村アン
    中村アン(なかむらあん)は、日本で活動するモデル・役者。東京都江東区出身の1987年9月17日生まれ。プラチナムプ...
  • 橋本環奈
    女優22歳
    橋本環奈(はしもとかんな)は、日本活動する女優。福岡県出身。1999年2月3日生まれ。株式会社ディスカバリー・ネク...

出典

  1. 『松山ケンイチ』(ホリプロ)
  2. 『松山ケンイチ』(KINENOTE)
  3. 『「誰だって波瀾爆笑」 2016年11月20日(日)放送内容』(価格.com)
  4. 『県立大湊高等学校(青森)』(高校野球ドットコム)
  5. 『木村拓哉、おぎやはぎも……母校を失った有名人たち』(週刊女性PRIME)
  6. 『松山ケンイチさん、二人三脚で挑戦し築いたキャリア「僕は簡単に消えていた」』(朝日新聞デジタル)
  7. 『松本潤、小栗旬、松山ケンイチも!『ごくせん』豪華すぎる“卒業生”たち』(クランクイン)
  8. 『 男たちの大和 / YAMATO』(角川春樹事務所)
  9. 『藤原竜也&松山ケンイチ「デスノートがあったから今の自分がある」』(映画.com)
  10. 『「デスノート」スピンオフ、松山ケンイチ主演の「L」がクランクアップ!』(映画.com)
  11. 『「デトロイト・メタル・シティ」松山ケンイチ 単独インタビュー』(シネマトゥデイ)

  12. 『松山ケンイチ、2012年大河『平清盛』主役に正式決定 「凄いプレッシャー」』(Drama&Movie)
  13. 『松山ケンイチ、東出昌大の“羽生善治”は「ヒロイン」絶妙な距離感かもす『聖の青春』』(cinemacafe.net)
  14. 『松山ケンイチ、20kg増量で若き天才棋士!「好きになっちゃった」と強い思い入れ』(cinemacafe.net)
  15. 『著書で露木茂アナに怒りぶちまけた松山ケンイチに疑問の声』(NEWSポストセブン)
  16. 『松山ケンイチ:ラブコール実り役を手中に 劇場版アニメで吉永小百合と初共演』(MANTANWEB)
  17. 『劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風は松山ケンイチが1人2役、向井理も』(CINRANET)
  18. 『松山ケンイチ』(ORICON NEWS)
  19. 『「どうだべ?」松山ケンイチの「青森訛り」に反響 「ウチのガヤ」で饒舌農業トークも』(JCASTニュース)
  20. 『松ケン、憧れは中村獅童だった 日本でもっとも宝石が似合う男性に選出』(eltha)
  21. 『松山ケンイチにインタビュー“人生をどれだけ楽しんでいるか”が役者の仕事に反映される』(fashionpress)
  22. 『松山ケンイチが明かす「家族との田舎暮らし」2年前に始めた東京との往復生活』(デイリー新潮)
  23. 『松山ケンイチ、休日は福島でがれき撤去「なんとかしなきゃ」』(映画.com)
  24. 『小雪 第3子次男出産「感謝の気持ちでいっぱい」松ケン立ち会い』(スポニチアネックス)
  25. 『松山ケンイチ 俳優仲間から明かされた自身の息子の言動に思わず「いい子だな!」』(スポニチアネックス)

松山ケンイチの関連記事

主な作品や番組

主演作品

今、人気のタレント

  • 中村アン
    中村アン(なかむらあん)は、日本で活動するモデル・役者。東京都江東区出身の1987年9月17日生まれ。プラチナムプ...
    1
  • 陣内智則
    陣内智則は、お笑い芸人。『爆笑オンエアバトル』(NHK)や『エンタの神様』(日本テレビ系)などに出演し、「校歌」や...
    2
  • 団長安田
    団長安田は 1974年04月26日生まれ。兵庫県出身。 漫才師として活動している。
    3

松山ケンイチに関連するタグ

最近更新されたタレント

  • 鈴木亮平
    タレント38歳更新!!
    鈴木亮平(すずきりょうへい)は、日本で活動する役者。兵庫県出身の1983年3月29日生まれ。ホリプロ所属。 20...
  • 堀田茜
    タレント28歳更新!!
    堀田茜(ほったあかね)は、日本で活動するモデル・役者。東京都出身の1992年10月26日生まれ。トップコート所属。...
  • 横浜流星
    俳優24歳更新!!
    横浜流星(よこはまりゅうせい)は、日本で活動する役者。神奈川県横浜市出身の1996年9月16日生まれ。スターダスト...
  • 野村大貴
    モデル20歳更新!!
    野村大貴(のむらたいき)は日本で活動するモデル。2000年10月4日生まれ。血液型はO型である。

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ