2022年2月4日更新

しのはらりょうこ

篠原涼子

49歳

役者として活動する篠原涼子の、生い立ちから現在までを紹介します。

どんな人?

  • 篠原涼子(しのはらりょうこ)は、日本で活動する役者・歌手。群馬県出身の1973年8月13日生まれ。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。
  • 1990年に、ダンスアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーとして、本格的に芸能界デビュー。
  • 1994年には小室哲哉プロデュースにより、ソロ名義で発表した楽曲『恋しさとせつなさと心強さと』が大ヒットを記録した。
  • 2001年に舞台『ハムレット(2001年版/演出・蜷川幸雄)』へ出演して以降役者としての活動に力を入れ、「自立した格好いい女性」を多く演じる。
  • 2005年に、24歳年上の役者・市村正親と結婚。男児2人に恵まれている。しかし、2021年7月24日に離婚したことを発表した。

プロフィール

芸名 / 読み篠原 涼子 / しのはら りょうこ
誕生日8月13日
出身地群馬県
身長 / 血液型162.0cm / B型
星座 / 干支しし座 / 丑年

出典:タレントデータバンク

▼篠原涼子

生い立ち

篠原涼子は、群馬県出身の1973年8月13日生まれ。B型。

現在年齢は49歳。身長162cm。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。[出典1]

祖母に預けられて育つ

篠原涼子は、母親を早くに亡くしている。

また、父親も出稼ぎで不在にすることが多く、祖母に預けられていた。

そんな祖母は、篠原涼子の好物が納豆であったことから、お弁当にびっしりと納豆を詰めたことがある。

篠原涼子はそのお弁当を開けた瞬間に、驚きすぎて1度蓋を閉めてしまったという。[出典17]

高校在学中に上京

篠原涼子は地元の高校に3ヵ月通学したのち、上京。

寿司屋で働きながらアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」として活動していた。

そのため、当時は制服を着て電車通学をしているコギャルを見かけると、エネルギッシュでよいなと憧れていたという。[出典16]

また、高校時代に戻れるとしたらという質問には、

高校生に戻れるなら、英語をしっかり勉強したいな。あと、当時はダンスをやっていたんですけど、21歳くらいでやめちゃったんです。続けておけばよかったと思います。[出典16]

と回答している。[出典16]

芸能活動

ダンスアイドルグループのメンバーとして芸能界デビュー

篠原涼子は、1990年にダンスアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーとして、本格的に芸能界デビュー。

1992年に『スコール』、1994年に『Sincerly』と2枚のシングルを発売した。[出典1]

同グループは篠原涼子の他にもラップユニット「EAST END×YURI」の市井由理や、歌手・タレントの穴井夕子を輩出。

2013年には約17年の時を経て、全国8,800名の中から選び抜かれた新メンバー6名で復活している。[出典2]

シングル『恋しさとせつなさと心強さと』が大ヒットを記録

篠原涼子は、1994年に小室哲哉プロデュースによってソロ名義で歌手デビュー。

「篠原涼子witht.komuro」として発売したシングル『恋しさとせつなさと心強さと』が大ヒットを記録した。

同曲は同年公開の映画『ストリートファイターII』の主題歌として起用されている。[出典1]

映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍

篠原涼子は、2001年公演の舞台『ハムレット(2001年版/演出・蜷川幸雄)』に出演。
以降、役者としての活動に力を入れ、「自立した格好いい女性」を多く演じる。[出典3][出典4]

篠原涼子は同舞台出演時の心境について、

当時は、お芝居はできればやりたくない仕事だったんです。それが変わったのは”何かが降りてきている”と初めて感じた初舞台の時。客席の反応を肌で感じ自信を得て、こうやればいいんだと思えるようになりましたね。[出典15]

と語っている。[出典15]

映画では主婦・母親役を演じることが多い

篠原涼子は、2018年公開の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』をはじめ、多くの映画に出演している。同映画は、2011年公開の韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』をリメイク。篠原涼子は主人公・奈美を演じ、その高校時代を広瀬すずが演じた。[出典1][出典5]

また、同年には人気小説家・東野圭吾の同名ベストセラーを実写映像化した映画『人魚の眠る家』で主演を務め、愛する娘の悲劇に直面し、究極の選択を迫られる母親・播磨薫子を演じた。[出典6]

2019年公開の主演映画『今日も嫌がらせ弁当』では、反抗期の娘への逆襲として、嫌がる”キャラ弁”を作り続けるシングルマザーの母親・持丸かおりを演じた。同作は、人気ブログが原作となっている。[出典7]

ドラマではバリバリ仕事をする女性を演じることが多い

篠原涼子は、2006年公開のドラマ『アンフェア』(フジテレビ)で主演を務め、警視庁捜査一課の刑事・雪平夏見を演じた。同作は脚本家・秦建日子氏の小説『推理小説』が原作となっている。[出典8]

2013年にはドラマ『ラストシンデレラ』(フジテレビ)で、仕事に没頭したことで女である事を忘れて”オス化”してしまった美容師・遠山桜を演じた。同作では、年下の恋人・佐伯広斗を三浦春馬が演じている。[出典9]

2020年放送のドラマ『ハケンの品格(2020年版)』(日本テレビ)では”最強派遣社員”である主人公・大前春子を演じた。同作は、2007年に放送された『ハケンの品格』(日本テレビ)の続編として制作された。[出典10]

数多くのCMに出演

篠原涼子はこれまでに数多くのCMに出演。[出典1]

資生堂の化粧品ブランド「エリクシール(ELIXIR)」では、ミューズを務めている。

同ブランドは1983年に資生堂が肌とコラーゲンの関係に着目。エイジングケアブランドとしてスタートした。[出典11]

人物

  • 憧れている役者は吉永小百合。仕事へのプロフェッショナルな姿勢や、笑顔で優しく対応する姿が美しいことなど、こんな人になれたらといつも思うのだという。[出典18]
  • 怒ることもあるが、一度伝えたら後に引きずらない。きちんと相手に伝えて、翌日からはまた笑顔で一緒にやりましょうという考えが好きだと語っている。[出典18]
  • 化粧はあまりせず、身なりも気にならない。[出典19]
  • 美を保つ秘訣は食事とヨガだという。また、食事は植物性の脂を摂るようにし、炭水化物よりも野菜を中心としている。[出典19]
  • 仕事で嫌だと思うことはない。嫌だと思って仕事をするのは失礼なため、してはいけないと考えている。そのため、まずは自分で納得し、受け入れて好きだと思ってからスタートしていると語っている。[出典19]
  • キスシーンなども緊張せず、自然体で挑む。そのため、キスシーンの前の晩にニンニク料理を食べてしまったことがある。その際は、キスシーンの相手に自己申告し、撮影に臨んだ。[出典20]
  • 水分補給を心がけており、ヨガなどをしながらミネラルウォーターを1日3リットルぐらい飲んでいる。[出典21]
  • 中学3年生の時、不良の先輩に恋していた。当時、付き合っているのかどうかわからない状況だったが、そんななかで先輩が他の女の子をバイクに乗せている姿を目撃。その仕返しに男友達と先輩の家の周りを歩き、先輩に見せつけてヤキモチを焼かせようとしたことがある。[出典22]
  • 匂いフェチ。他人の頭皮や耳の裏側、足の指の間の匂いなどが好きなのだという。[出典23]
  • 芸能界の仕事をする前は、ヘアメークアーティストになりたかった。今も、撮影現場の待ち時間に周囲のスタッフにメークをして楽しんでいる。[出典24]

結婚・離婚

2005年に市村正親と結婚

出典

  1. 『篠原涼子』(JAPAN MUSIC ENTERTAIMENT)
  2. 『PROFILE』(東京パフォーマンスドール)
  3. 『篠原涼子』(映画.com)
  4. 『「カッコいい女」から「痛々しい」へ? 篠原涼子の気になる現在地』(AERA.dot)
  5. 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(映画.com)
  6. 『人魚の眠る家』(映画.com)
  7. 『今日も嫌がらせ弁当』(映画.com)
  8. 『アンフェア』(ザテレビジョン)
  9. 『ラスト・シンデレラ』(ザテレビジョン)
  10. 『ハケンの品格(2020年版)』(ザテレビジョン)
  11. 『ELIXIRエリクシール』(FASHION PRESS)
  12. 『市村正親と篠原涼子「年の差カップル」危機の原因はやっぱりアレなのか…』(excite.ニュース)
  13. 『離婚危機は何度も!? 篠原涼子と市村正親にささやかれる“おしどり夫婦”の裏の顔 2ページ』(excite.ニュース)
  14. 『篠原涼子が第2子男児出産「育児と仕事、ともに頑張ります」』(ORICON NEWS)
  15. 『【インタビュー】篠原涼子の迷いと輝きに満ちた青春時代とは?』(GOETHE)
  16. 『篠原涼子、スーパーで安室奈美恵に遭遇! かけられた言葉とは』(週刊女性PRIME)
  17. 『篠原涼子、祖母が作ってくれた“ほろ苦い思い出”の詰まったお弁当の中身』(週刊女性PRIME)
  18. 『篠原涼子さんインタビュー「気持ちはきちんと伝えるのが大人の仕事の仕方」【美的GRAND】』(美的.com)
  19. 『篠原涼子さんにインタビュー』(cityliving web)
  20. 『篠原涼子、まさかのキスシーン裏側を告白「前の晩…」』(modelpress)
  21. 『篠原涼子、美しさの秘訣明かす 水分補給は「1日3リットル」<今日も嫌がらせ弁当>』(modelpress)
  22. 『篠原涼子、浮気?した男性へ行った“仕返し”を明かす「家の周りを…」』(E TALENT BANK)
  23. 『篠原涼子、「できれば匂いがエスカレートしてる方がいい」と“匂いフェチ”を告白』(ザテレビジョン)
  24. 『篠原涼子、長瀬智也の匂いは「野獣!」芳根京子のエプロン姿にも反響』(ザテレビジョン)
  25. 『市村正親と篠原涼子が離婚 長男と次男の親権は市村 慰謝料や財産分与なし』(日刊スポーツ)
  26. 『篠原涼子が離婚、“結婚反対”の実父が吐露していた「市村正親への不安」』(週刊女性PRIME)

篠原涼子の関連記事

主な作品や番組

主演作品

今、人気のタレント

  • 松原正隆
    俳優54歳
    松原正隆は 1968年07月12日生まれ。福岡県出身。 俳優として活動している。
    1
  • 竹内涼真
    竹内涼真(たけうちりょうま)は、日本で活動する俳優、モデル。東京都出身の1993年4月26日生まれ。ホリプロ所属。...
    2
  • 池田美優
    池田美優(いけだみゆう)は、日本で活動するファッションモデル、タレント。静岡県出身の1998年10月30日生まれ。...
    3

最近更新されたタレント

  • 近藤正臣
    俳優80歳更新!!
    近藤正臣(こんどうまさおみ)は、日本の役者。京都府出身の1942年2月15日生まれ。シーズ・マネージメント所属。 ...
  • 小林隆
    俳優63歳更新!!
    小林隆(こばやしたかし)は、日本の役者。埼玉県出身の1959年8月20日生まれ。ケイファクトリー所属。 1988...
  • 磯山さやか
    タレント38歳更新!!
    磯山さやか(いそやまさやか)は、日本のグラビアアイドル・タレント。茨城県出身の1983年10月23日生まれ。Lif...
  • 川村壱馬
    歌手25歳更新!!
    川村壱馬(かわむらかずま)は、日本の歌手・ダンサー・役者。大阪府出身の1997年1月7日生まれ。LDH JAPAN...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ