2019年9月3日更新

みわあきひろ

美輪明宏

87歳

美輪明宏(みわあきひろ)は日本で活動するシンガーソングライター、俳優。1935年5月15日生まれ。長崎県出身。本名は丸山明宏。オフィスミワに所属する。

どんな人?

  • 美輪明宏は、歌手、役者、声優、著者など幅広く活躍している。
  • 1965年に発表した「ヨイトマケの唄」がヒット。2012・15年の『紅白歌合戦』(NHK)で披露している。
  • 三島由紀夫から江戸川乱歩原作の舞台『黒蜥蜴』に出演を熱望される。主演を務め、大絶賛となった本舞台は2015年まで何度も再演していた。
  • 映画『もののけ姫』や『ハウルの動く城』などジブリ映画で声優を務めた。
  • 美輪明宏の画像を携帯の待ち受けにすると、運気が上がるという都市伝説がある。

プロフィール

芸名 / 読み美輪 明宏 / みわ あきひろ
誕生日5月15日
出身地長崎県
血液型A型
星座 / 干支おうし座 / 亥年

出典:タレントデータバンク

▼美輪明宏

美輪明宏の生い立ち

美輪明宏は1935年5月15日生まれ、長崎県長崎市本石灰町出身。

現在の年齢は87歳。本名は丸山臣吾。[出典1]

家庭が裕福だった幼少期

美輪明宏は長崎の「丸山遊郭」に近い繁華街で生まれ育ち、実家はカフェー(キャバレーの前身)や料亭を営んでいた。

美輪は10人兄弟で、1人の兄を除いて全て腹違いという複雑な家庭環境だった。しかし、家業の景気がよかったため裕福に育ったようだ。[出典2]

遊郭の近くのため、昼間は碌にあいさつもしない男が、夜には女性にうつつを抜かす姿を見ていたそうで、

「建前を全部取り払った、人間の本質を見て育った」[出典3]

と美輪は当時を振り返っている。[出典3]

▼裕福な家庭に育った

若い頃は美少年でモテていた

「神武(じんむ)以来の美少年」と称された美輪明宏は、その顔の良さで10代からボーイフレンドには不自由しなかったという。

美輪は幼い頃から遊女の人生を見てきたため、恋愛については早熟だったと本人も後年に語っている。

20代前半に受けた雑誌のインタビュー記事では、「今、つきあってるのは20〜30人」と豪語するほどモテていたそう。[出典2]

10歳の頃に原爆が投下

1945年8月9日午前、美輪明宏が10歳の頃に長崎へ原爆が落とされた。[出典2][出典4]

爆心地からおよそ3.9kmある長崎市本石灰町の自宅で被爆したが、怪我はなかったそうだ。[出典3]

当時佐古国民学校(現・長崎市立佐古小学校)4年生だった美輪は、自宅2階で夏休みの宿題の絵を描いていたという。[出典4]

▼戦争を体験

声楽の道を目指し上京

小学生時代から声楽を習っていたという美輪明宏。[出典5]

海星中学校を卒業した後に15歳で上京し、音楽学校に通うようになった。[出典2][出典3]

美輪は中学から高校まで優等生として順調に進学していったそう。[出典2]

上京した後に実家が破産

上京後、美輪明宏は帰郷した時に生活難の親戚を見捨てる父親に対して激怒。大喧嘩へと発展し、絶縁を言い渡されてしまう。[出典2]

さらに戦後の環境で親の仕事はうまくいかなくなり、破産。家が没落したため、仕送りは完全に停止した。[出典6]

そのため美輪は国立音大付属高校を中退し、食い扶持を稼ぐためにバーテン、ゲイバー勤めなどを経験していた。[出典2][出典5]

そして前名・丸山明宏の名を響かせたシャンソン喫茶「銀巴里」で歌手としての才能を開花させた。

だが、かつて自分を勘当した父親が金の無心に現れたという。

葛藤はありながらも、弟たちの面倒を見るために美輪はアルバイトとして進駐軍のキャンプやキャバレーで歌って稼いだという。[出典2]

▼苦労の時代を過ごす

美輪明宏の歌手デビュー

高校を中退し16歳にしてプロの歌手として活動を始めた美輪明宏。[出典5]

苦労時代を経て、1957年にフランスのシャンソン「メケ・メケ」をカバーしてヒット。[出典2]

ファッション革命と美貌で衝撃を与える。[出典5]

それ以降も美輪はCDを発売しており、

  • 1999年 CD『日本の心を歌う』
  • 2013年 アルバム『BRAVA DIVA MIWA』
  • 2014年 アルバム『愛の讃歌〜エディット・ピアフに寄せて〜』
  • 2016年 アルバム『美輪明宏ベストセレクション』

などをリリースしている。[出典5]

▼歌手として活躍

「ヨイトマケの唄」で紅白に出場

「ヨイトマケの唄」がヒット

1965年には「ヨイトマケの唄」がヒット。

「ヨイトマケの唄」は、美輪が29歳のときに自身が作詞・作曲した日雇い労働者の母親をテーマにした歌。

炭鉱町での興行の際に真っ黒になった炭鉱夫を見て、彼らを励ます歌を作りたいと考えたと述べている。

出典

  1. 『美輪明宏 - 略歴・フィルモグラフィー』(KINENOTE(キネノート))
  2. 『美輪明宏、初体験の相手は「先輩の男子」』(アサ芸プラス)
  3. 『朝日新聞の紙面から - 広島・長崎の記憶〜被爆者からのメッセージ 1/2』(朝日新聞社)
  4. 『朝日新聞の紙面から - 広島・長崎の記憶〜被爆者からのメッセージ 2/2』(朝日新聞社)
  5. 『プロフィール』(美輪明宏・公式サイト)
  6. 『日本人の悩みを吹き飛ばす「美輪明宏」名言集』(PRESIDENT Online)
  7. 『美輪明宏、「ヨイトマケの唄」に込められた思いとは 【紅白歌合戦】』(huffingtonpost)
  8. 『美輪明宏「黒蜥蜴」に幕を下ろすその理由、「不思議に全てが節目の年」』(スポニチ Sponichi Annex 芸能)
  9. 『【黒蜥蜴】「役者同士の馴れ合いは嫌い」孤高の光を放つ、”美輪明宏”の裏の顔(1/3)』(ウレぴあ総研)
  10. 『美輪明宏「黒蜥蜴」に幕を下ろすその理由、「不思議に全てが節目の年」』(スポニチ Sponichi Annex 芸能)
  11. 『「お前にサンが救えるか!」あの名言が再び『もののけ姫』が『金曜ロード』に登場』(テレビドガッチ)
  12. 『ハウルの動く城』(金曜ロードショー)
  13. 『「私はピカチュウの母」美輪明宏ポケモンになる』(スポニチ Sponichi Annex 芸能)
  14. 『タモリ 携帯の待ち受けはマツコ・デラックスのすっぴん』(NEWSポストセブン)
  15. 『「AKB48」前田のケータイ 「待ち受けは美輪明宏」の理由』(J-CASTテレビウォッチ)

美輪明宏の関連記事

今、人気のタレント

  • MEGUMI
    MEGUMIは、タレント、女優、元グラビアアイドル。1981年9月25日生まれ。岡山県出身。 元々歌手志望だった...
    1
  • 田中圭
    俳優38歳
    田中圭(たなかけい)は、日本の役者。東京都出身の1984年7月10日生まれ。トライストーン・エンタテイメント所属。...
    2
  • 石田ゆり子
    女優52歳
    石田ゆり子は、女優。天然っぷりが注目され、「かわいすぎるアラフィフ」として人気を集めている。 ドラマ『逃げるは恥...
    3

最近更新されたタレント

  • 嶋田久作
    俳優67歳更新!!
    嶋田久作(しまだきゅうさく)は、日本の役者。神奈川県出身の1955年4月24日生まれ。ザズウ所属。 大学卒業後に...
  • 茂木忍
    アイドル25歳更新!!
    茂木忍(もぎしのぶ)は、日本のアイドル・YouTuber。千葉県出身の1997年2月16日生まれ。株式会社DH所属...
  • 新津ちせ
    女優12歳更新!!
    新津ちせ(にいつちせ)は、日本の子役。東京都出身の2010年5月23日生まれ。劇団ひまわり所属。 父はアニメ監督...
  • 土屋神葉
    俳優26歳更新!!
    土屋神葉(つちやしんば)は、日本の声優・役者。東京都出身の1996年4月4日生まれ。トランスワールドジャパン株式会...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ