2022年1月14日更新

うちだゆき

内田有紀

46歳

内田有紀(うちだゆき)は日本で活動する女優。1975年11月16日生まれ。東京都出身。最終学歴は藤村女子中学・高等学校中退。事務所はバーニングプロダクション。血液型はO型である。

どんな人?

  • 内田有紀(うちだゆき)は、日本で活動する役者・モデル・タレント。東京都出身の1975年11月16日生まれ。バーニングプロダクション所属。
  • 中学生の頃からモデル活動を開始し、1992年放送のドラマ『その時、ハートは盗まれた』(フジテレビ)で役者デビューした。
  • 1993年開催の「ユニチカ水着キャンペーンモデル」に選ばれ、露出が増加。「フジテレビビジュアルクィーン」に選ばれた1994年には、同局のドラマに多数出演している。
  • 同年には、「TENCAを取ろう!・内田の野望」で歌手デビューし、ボーイッシュなビジュアルの新人アイドルスターとして一世を風靡した。
  • 2002年芸能界から引退し、その後役者・吉岡秀隆と結婚。しかし3年後に吉岡と離婚し、2006年から芸能活動を復帰させている。

プロフィール

芸名 / 読み内田 有紀 / うちだ ゆき
誕生日11月16日
出身地東京都
身長 / 血液型165.0cm / O型
星座 / 干支さそり座 / 卯年

出典:タレントデータバンク

▼内田有紀

生い立ち

内田有紀は、東京都出身の1975年11月16日生まれ。現在年齢は46歳。バーニングプロダクション所属。[出典1]

学生時代はスポーツ少女だった

内田有紀は学生時代、フェンシング部に所属していた。

競技人口が少ないため、すぐに大会に出られるのではと思い入部したそうだが、高校時代は東京都3位という成績を残している。[出典2]

また、スポーツ少女だったため筋肉質な身体をしていたそう。

当時は体育教師になることを夢見ており、芸能活動を開始してからもその夢を抱き続けていた。[出典3]

芸能活動

内田有紀は、中学時代からモデルとして活動を開始。

1992年放送のドラマ『その時、ハートは盗まれた』(フジテレビ)で役者デビューした。

1993年には、「ユニチカ水着キャンペーンモデル」に選出され、芸能活動に専念するため藤村女子高校を中退している。

同年放送のドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)に出演後、「フジテレビビジュアルクィーン」に選ばれ、翌年は同局放送のドラマ『時をかける少女(1994)』『17才』『半熟卵』で主演を務めた。

また、ドラマ『半熟卵』(フジテレビ)では主題歌『TENCAを取ろう!・内田の野望』も歌唱し、歌手デビューも果たしている。[出典4][出典5]

同曲は、女性ソロアーティストデビュー曲として史上初のオリコン初登場1位を獲得。[出典6]

当時の内田は茶髪のショートカットと小麦色の肌が特徴で、ボーイッシュな佇まいが魅力のアイドルとして一世を風靡した。[出典5][出典6]

1995年公開の映画『花より男子(1995年版)』では、ヒロインの牧野つくし役で映画初出演。

2000年には演技を基礎から学び直すため、劇作家・演出家のつかこうへいが率いる「北区つかこうへい劇団」に入団した。

2002年には、人気シリーズの最終作であるドラマ『北の国から2002・遺言』(フジテレビ)に出演。

同年12月の結婚を機に芸能界から引退したが、2005年に離婚し、翌年放送のドラマ『誰よりもママを愛す』(TBS)で復帰した。

また、翌年公開の映画『クワイエットルームにようこそ』では主演を務め、同年には計3本の映画に出演している。[出典4][出典5]

復帰以降はブレイク時のアイドル路線から外れ、様々な作品で役者として活躍。

2016年放送のドラマ『ナオミとカナコ』(フジテレビ)では、広末涼子とW主演を務め話題を集めた。[出典6]

人物

  • 体育教師になる夢を持っていたため、芸能活動は「一人暮らしもしたかったためアルバイトのような感覚だった」と語っている。[出典3]
  • 周りの友人から助けてもらったことも多く、友情を大切にしている。
  • 大人になってからも仲のいい友人は、中学・高校時代の同級生が多い。
  • 自分の考えを押し付けてくる人が苦手。[出典7]
  • デビュー当時は、自分の実力と人気が伴っていないと感じており、申し訳ないと思っていた。[出典8]
  • 人気絶頂だった頃に周りから求められるイメージと自分の内面に差を感じ、大きな葛藤を抱いていた。[出典9]
  • 仕事場ではカップヌードルを食べている。
  • 外食が続いた際は、リセット野菜としてキャベツや白菜を生で食べている。
  • 若い頃は運動のためにジムへ通っていたが、閉鎖空間での運動が苦手でやめてしまった。
  • 運動のため、電動自転車に乗って自宅から横浜まで片道4時間かけて出かけることがある。[出典10]

結婚・離婚

ドラマで共演した役者と結婚

内田有紀は、2002年放送のドラマ『北の国から2002・遺言』(フジテレビ)で共演した吉岡秀隆と2002年12月に結婚。[出典5]

2人はドラマのロケ地だった北海道富良野市内のホテルで挙式し、富良野市役所に婚姻届を提出した。

しかし、2005年12月に離婚している。[出典11]

離婚後は、役者・柏原崇との交際報道がなされているが、再婚はしていない。[出典13]

出演

テレビ番組

CM

映画

出典

  1. 『内田有紀』(バーニングプロダクション)
  2. 『スポーツ系から意外なものまで!芸能人の学生時代の部活11選「福士蒼汰:ダブルダッチ部」「内田有紀:フェンシング部」』(マイナビ 学生の窓口)
  3. 『内田有紀、将来の夢は“体育の有紀先生”だった』(デイリースポーツ online)
  4. 『内田有紀』(映画.com)
  5. 『内田有紀 - 略歴・フィルモグラフィー』(KINENOTE)
  6. 『来年には主演も決定、ボーイッシュから大人の女優へ 内田有紀再び脚光のワケ』(ORICON NEWS)
  7. 『内田有紀 苦手なタイプは「自分の考えを押しつける人」』(週刊女性PRIME)
  8. 『内田有紀、人気絶頂時は“一番苦しい時期” 「逃げてしまいたいかも…」と感じた苦悩の日々』(クランクイン!)
  9. 『内田有紀、期待されるイメージに葛藤した過去 憧れ続けた悪女役に45年の人生をぶつける』(クランクイン!)
  10. 『お金かからない内田有紀に「安くてこの仕上がり!」』(Narinari.com)
  11. 『田中邦衛さんが絶句…心を痛めた吉岡秀隆と内田有紀の“『北の国』から離婚”』(日刊サイゾー)
  12. 『田中邦衛さんが絶句…心を痛めた吉岡秀隆と内田有紀の“『北の国』から離婚”』(日刊サイゾー)
  13. 『噂の彼氏はあのタブー俳優?「四十路」内田有紀の“腕組み”中目黒デートを目撃!』(アサ芸プラス)

内田有紀の関連記事

今、人気のタレント

  • 池田エライザ
    池田エライザは、モデル、女優。 日本人とスペイン系フィリピン人とのハーフである。 中学1年生のときに雑誌『ni...
    1
  • 堀部圭亮
    堀部圭亮は俳優、タレント、放送作家。1986年、お笑いコンビ「パワーズ」としてデビュー。当時の芸名は火野玉男(ひの...
    2
  • 深津絵里
    女優49歳
    深津絵里(ふかつえり)は、日本で活動する役者。大分県出身の1973年1月11日生まれ。アミューズ所属。 13歳だ...
    3

最近更新されたタレント

  • 髙嶋政宏
    俳優56歳更新!!
    髙嶋政宏(たかしままさひろ)は、日本で活動する役者。東京都出身の1965年10月29日生まれ。東宝芸能所属。 父...
  • 浦浜アリサ
    モデル31歳更新!!
    浦浜アリサ(うらはまありさ)は、日本で活動するモデル・役者。兵庫県出身の1990年5月7日生まれ。ディケイド所属。...
  • 濱正悟
    俳優27歳更新!!
    濱正悟(はましょうご)は、日本で活動する役者。東京都出身の1994年8月22日生まれ。エイベックス・マネジメント所...
  • 矢島健一
    俳優65歳更新!!
    矢島健一(やじまけんいち)は、日本で活動する役者。岐阜県出身の1956年3月1日生まれ。パパドゥ所属。 大学卒業...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ