2020年6月30日更新

まつざかとおり

松坂桃李

31歳

松坂桃李の生い立ちから現在まで! 2018年の松坂桃李は、映画界に存在感を見せつけた。そんな松坂桃李の功績が認められ、数々の受賞をまとめた受賞歴や 2019年の最新映画&ドラマ出演情報までを詳しくおっていきます。

どんな人?

  • 松坂桃李(まつざかとおり)は、日本で活動する役者。神奈川県茅ヶ崎市出身の1988年10月17日生まれ。トップコート所属。
  • 2008年、メンズ雑誌『FINEBOYS』の専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、芸能界入り。
  • 2009年放送の特撮ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日)でシンケンレッド・志葉丈瑠を演じ、役者デビューを果たした。
  • 2012年公開の映画『ツナグ』で、「第25回日刊スポーツ映画大賞」石原裕次郎新人賞、「第36回日本アカデミー賞」新人俳優賞、「第22回日本映画批評家大賞」主演男優賞をそれぞれ受賞している。
  • 「遊戯王」の大ファンであり、自身のSNSやゲスト出演したラジオで遊戯王について熱く語ることがある。

プロフィール

芸名 / 読み松坂 桃李 / まつざか とおり
誕生日10月17日
出身地神奈川県
デビュー年2009年
身長183.0cm
正座 / 干支てんびん座 / 辰年

出典:タレントデータバンク

▼松坂桃李

生い立ち

松坂桃李は、神奈川県茅ヶ崎市出身の俳優。1988年10月17日生まれの31歳。“桃李”という名前は本名で、中国の歴史家・司馬遷の『史記』にある言葉からつけられた。身長は183cm。[出典1][出典2]

芸能活動

2008年に行われた雑誌『FINEBOYS』の専属モデルオーディションでグランプリを受賞したのが、芸能界入りのきっかけ。翌年の2009年に、テレビ朝日の特撮ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』で主演デビューを果たす。同作はスーパー戦隊シリーズの中でも人気が高く、3本の劇場版も公開された。以降、ドラマや映画で活躍している。[出典1]

出演映画

松坂桃李は、これまで複数の映画に出演。2013年には、日本アカデミー賞「新人俳優賞」。2019年には、日本アカデミー賞「最優秀助演男優賞」。2020年には日本アカデミー賞の「最優秀主演男優賞」を受賞している。[出典1]

映画『娼年』では娼夫を熱演

松坂桃李は、2018年に公開された映画『娼年』に出演している。同作は、「娼夫」を生業とする主人公(松坂)を描いた物語。[出典3]

同作のほとんどがラブシーンで占められており、R18+作品でもある。作品への出演にあたって、松坂は「AVを見て研究した」とか。[出典4][出典5]

また、同作が公開された2017年に、松坂は第10回TAMA映画賞授賞式の「最優秀男優賞」を受賞した。[出典6]

▼映画『娼年』予告

映画『居眠り磐音』で時代劇初主演

2019年に公開された映画『居眠り磐音』では、時代劇で初めての主演を演じた。同作は、麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたピエール瀧が出演していた関係で撮り直しが行われるトラブルがあったが、当初の予定通り公開された。[出典7]

松坂が演じたのは、人情に厚い剣の達人・坂崎磐音。友を斬ってしまった心の傷を抱えながら、大切な人を守るために悪に立ち向かう様子が描かれる。[出典7][出典8]

▼映画『居眠り磐音』予告

映画『新聞記者』で最優秀主演男優賞を受賞

2019年に公開された映画『新聞記者』では、韓国の演技派女優シム・ウンギョンとともにダブル主演を務めている。同作は、東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に制作された、若き新聞記者とエリート官僚の対峙を描いた作品だ。[出典9]

同作で松坂は、第43回日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」を受賞した。[出典10]

▼映画『新聞記者』予告編

出演ドラマ

テレビ朝日の特撮ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』でデビューして以降、各局の連続ドラマに連投するなど、ドラマでも活躍する松坂桃李。[出典1]

NHKの連続テレビ小説『梅ちゃん先生』や『わろてんか』や、『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)など話題作に出演している。[出典1][出典11]

ドラマ『探偵・日暮旅人』が話題に

松坂桃李は、山口幸三郎氏の人気小説を実写ドラマ化した作品『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)の主演を務めている。最初はスペシャルドラマとして放送されたが、好評で連続ドラマ化した作品だ。

松坂演じる主人公の日暮旅人は、五感のうち4つを失った代わり、見えないものが見える感覚があるという人物。ヒット作品を多く生んでいる堤幸彦監督と松坂がタッグを組んだ作品とだけあって、話題になった。[出典12]

ドラマ『パーフェクトワールド』で下半身不随の建築士に

2019年に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)は、松坂にとって30代になって初めての連続ドラマ作品。同作で主演を務めた松坂は、事故の影響で下半身不随となり、車椅子生活を送る建築士の鮎川樹を演じた。[出典13]

相手役の川奈つぐみを山本美月が演じ、SNSでは毎週「感動した」などの反響が多く 上がった。[出典14]

ドラマ『この世界の片隅に』で松本穂香と共演

人気コミックを実写化したドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)に出演した松坂桃李。[出典15]

同作は、太平洋戦争の時代を舞台に、ヒロイン・すず(松本穂香)の日常が描かれる。松坂は、すずの夫役を演じた。[出典16]

最終回の平均視聴率は10.0%を記録し、SNSでは賛否両論が巻き起こるなど、話題作となった。[出典17][出典18]

出演CM

明治安田生命保険「認知症ケア MCIプラス」

日本中央競馬会(JRA)「大阪杯」

霧島酒造「赤霧島」

花王「アタックZERO」[出典19]

人物

  • 「遊戯王」のファン。デュエルリンクスというゲームでは、無課金で最高ランクの「キング」になる実力の持ち主[出典20]
  • 菅田将暉がパーソナリティーを務めるラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』にゲスト出演する度、「遊戯王」のトークを繰り広げることで知られる[出典21]
  • SNSで遊戯王やファイナルファンタジーなどに関するツイートをして、ファンを困惑させることもある[出典22]
  • プライベートでは、1人で過ごすことに抵抗がない。カラオケや映画、焼肉も一人で行ける
  • 漫画喫茶や渋谷のTSUTAYAによく行く[出典23]
  • 役者の仕事を始めたときは大学に在学しており、2年間の休学期間中に退学した[出典24]
  • 姉と妹がいる[出典25]

恋愛

2015年頃、松坂桃李と女優の綾瀬はるかとの熱愛報道が報じられたが、事務所は熱愛説を否定していた。[出典26]

2019年には、テレビ番組で語った「好きなタイプ」と「嫌いなタイプ」がSNSで話題に。好きなタイプは「絆創膏を常に持っている子」「寒い日、男性のポケットに手を入れてくる子」「箸や茶碗を綺麗に持つ子」など。綺麗なタイプは、「自分のことを名前で呼ぶ子」「トレーニングしている様子をSNSにアップする子」「片方の肩が出る服を着る子」など。[出典27]

公式SNS・ブログ

ツイッター

松坂桃李の公式Twitterはこちら

出演

テレビ番組

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 堀田茜
    堀田茜は、1992年10月26日生まれのモデル・女優。雑誌『CanCam』の専属モデルを務める。 「全日本国民的...
  • 芦田愛菜
    芦田愛菜は、天才子役と呼ばれた女優。3歳で芸能界に入り、5歳で出演した2010年の大ヒットドラマ『Mother(マ...
  • 中村倫也
    俳優33歳
    中村倫也(なかむらともや)は、日本で活動する役者。東京都出身の1986年12月24日生まれ。トップコート所属。 ...
  • モデル34歳更新!!
    杏は、モデル、女優。1986年4月14日生まれ。東京都出身。 父は、俳優の渡辺謙で、兄は俳優の渡辺大となる。 ...
  • 小泉孝太郎
    小泉孝太郎は、2002年にデビューを果たした俳優。父は元総理の小泉純一郎、兄は政治家の小泉進次郎である。 201...
  • ムロツヨシ
    俳優44歳
    ムロツヨシは、日本で活動する俳優。神奈川県出身の1976年1月23日生まれ。ASH&Dコーポレーション所属。 幼...

出典

  1. 『松坂桃李』(KINENOTE)
  2. 『松坂桃李のプロフィール』(ORICON NEWS)
  3. 『娼年』(映画.com)
  4. 『松坂桃李「AVを見て研究」「腰が終わるかと思った」発言にファンが「やばい」』(CinemaCafe.net)
  5. 『“本編の半分以上がセックスシーン” 松坂桃李が「娼年」の現場で味わった極限状態を語る “劇場に行く勇気が出ない人”への提案も<インタビュー>』(モデルプレス)
  6. 『最優秀男優賞受賞の松坂桃李、感謝の微笑み「メンタルはぼろ雑巾だけど、恩を返していきたい」』(CinemaCafe.net)
  7. 『松坂桃李、「居眠り磐音」撮り直しを経て無事公開に「本当にうれしい」』(映画.com)
  8. 『居眠り磐音』(WOWOW)
  9. 『新聞記者』(映画.com)
  10. 『シム・ウンギョン×松坂桃李、日本アカデミー賞受賞『新聞記者』凱旋上映』(CINRA.NET)
  11. 『<松坂桃李>「告知動画で涙腺崩壊…」と話題!「パーフェクトワールド」が注目浴びる』(ザテレビジョン)
  12. 『注目ドラマ紹介:「視覚探偵 日暮旅人」 松坂桃李の探偵ものが連ドラ“昇格” 新キャラも登場』(毎日キレイ)
  13. 『松坂桃李、ドラマを通じて伝えたい“ひとりで頑張りすぎない”』(マイナビニュース)
  14. 『パーフェクトワールド:視聴者を「号泣」「感動」に巻き込んだ 松坂桃李“樹”&山本美月“つぐみ”純愛の軌跡』(MANTAN WEB)
  15. 『「すずさんめっちゃ良かった」…「この世界の片隅に」最終回に感動の声続々』(CinemaCafe.net)
  16. 『この世界の片隅に(2018年TBS版)』(ザテレビジョン)
  17. 『この世界の片隅に:視聴率10.0%でフィニッシュ 現代へとつながるエンディングも話題に』(MANTAN WEB)
  18. 『『この世界の片隅に』第4話 すずが気づいた夫の過去にSNSで反響』(クランクイン!)
  19. 『松坂桃李のCM出演情報』(ORICON NEWS)
  20. 『松坂桃李の「ガチすぎる」遊戯王ツイート 突然のデュエリスト化に「誤爆」疑惑も』(J-castニュース)
  21. 『松坂桃李、「菅田将暉ANN」5回目もやっぱり暴走 今度は「幽遊白書」か?』(ニッポン放送)
  22. 『松坂桃李のツイッターにファン困惑?「まったくわかりませんが…元気そうで何よりです」』(Sponichi Annex)
  23. 『松坂桃李“タレントオーラゼロ”の地味すぎる私生活が明らかに』(シネマトゥデイ)
  24. 『松坂桃李、人生最大の決断は大学を辞めたこと』(シネマトゥデイ)
  25. 『菅田将暉、松坂桃李の恋愛観を完全理解?「ちょっとやだな…」』(Eタレントバンク)
  26. 『綾瀬はるかと松坂桃李の熱愛がリークされた裏事情とは?』(Asagei plus)
  27. 『松坂桃李の“結婚条件20か条”にスタジオ驚愕』(モデルプレス)

松坂桃李の関連記事

今、人気のタレント

  • マツコ・デラックス
    マツコ・デラックスは、コラムニスト・エッセイスト・女装タレント。事務所はナチュラルエイトに所属する。 自身の著書...
    1
  • 中川大志
    俳優22歳
    中川大志(なかがわたいし)は、日本の役者。東京都出身の1998年6月14日生まれ。スターダストプロモーション所属。...
    2
  • 多部未華子
    女優31歳
    多部未華子(たべみかこ)は、日本で活動する女優。東京都出身。 2002年に女優デビューし、2005年には「第48...
    3

松坂桃李に関連するタグ

最近更新されたタレント

  • 陣内孝則
    歌手62歳更新!!
    陣内孝則は 1958年08月12日生まれ。福岡県出身。 1980年にデビューをした。 俳優として活動している。
  • ガッツ石松
    タレント71歳更新!!
    ガッツ石松は 1949年06月05日生まれ。栃木県鹿沼市北半田出身。 1966年にデビューをした。 タレントと...
  • 高橋斗亜
    俳優22歳更新!!
    俳優として活動している。
  • 鈴木伸之
    俳優27歳更新!!
    鈴木伸之(すずきのぶゆき)は、日本の役者であり、劇団EXILEのメンバー。神奈川県出身の1992年10月14日生ま...

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ