2021年3月24日更新

かみきりゅうのすけ

神木隆之介

28歳

神木隆之介の生い立ちから現在まで! 2019年も勢いに乗っている神木隆之介は、ドラマにも映画にもCMにも出演しまくる! 共演者だけでなく、スタッフや視聴者までから愛されるそんな神木隆之介の魅力をあますことなくお伝えします。

どんな人?

  • 神木隆之介(かみきりゅうのすけ)は、日本で活動する役者。埼玉県出身の1993年5月19日生まれ。アミューズ所属。
  • 母が事務所に応募したことをきっかけに、1995年にCM出演し芸能界デビュー。1999年放送のドラマ『グッドニュース』(TBS)に出演し、子役としての活動を本格化させた。
  • 人気子役として複数の作品に出演し、2005年公開の映画『妖怪大戦争』で主演を務め、「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞している。
  • 映画『桐島、部活やめるってよ』や『るろうに剣心』など様々な作品に出演し、実力派役者としての演技を披露している。
  • アニメ映画『千と千尋の神隠し』や『君の名は。』など、複数の劇場アニメ作品に声優として出演している。

プロフィール

生年月日1993年5月19日(28歳)
身長 / 体重 / 血液型167cm / 47kg / B型
出身地埼玉県
最終学歴堀越高等学校TORAITコース
デビュー年1995年
所属事務所アミューズ

▼神木隆之介

生い立ち

神木隆之介は、埼玉県出身の1993年5月19日生まれ。現在年齢は28歳。慎重168cm。アミューズ所属。[出典1][出典2]

生死の境を彷徨った新生児時代

神木隆之介は、生後間もない頃から4ヶ月間危篤状態が続いていた。病気の原因が分からない状態で集中治療室におり、体重がどんどん減り続けていたという。

4ヶ月後ようやく目を覚ました神木であったが、母は医師から「助かる確率はかなり低く、助かったとしても障害が残るかもしれない」と告げられたそう。

その後、体調が少しでも悪くなれば病院に駆け込む日々が続いた。病弱な幼少時代を過ごした神木だったが、体調は徐々に回復していき、小学校5年生になる頃には体育が得意になっていたという。

自身が生死を彷徨うような体調であった事は覚えていなかったそう。

しかし、小学校6年生の時に母が過去つけていた日記を読み、大変さを実感した神木は、

もしかしたら死んでいたかもしれなかった。2回目の人生のようなもの。だから、感謝したいなぁって思います、何事にも。[出典3]

と思ったという。[出典3]

母の存在

神木隆之介は、芸能界で活躍するようになってからも守っている神木家の家訓がある。

神木家の家訓は母が作ったものであり、「かわいい人でいなさい」「真逆の意見でも一度は受け入れなさい」「実ほど頭を垂れる稲穂かな」の3つ。

「かわいい人でいなさい」という家訓は、素直に謝ったり、嬉しいなどの感情を相手にすぐに伝えられる人のことであり、これは芸能界でも役立っているという。[出典4]

また、大人になってからも母とは非常に仲が良く、喫茶店で待ち合わせをして2時間近く話し込むこともあるそう。

さらに、話終わった後は母と共に洋服を買いに行くという。私服のセンスがないという神木のため、母が洋服を見立ててくれるそう。[出典5]

学生時代はモテに貪欲だった

神木隆之介は2歳の時に芸能活動を開始しており、小学校にはほとんど通学できなかったそう。

卒業式の時、同級生たちが学校生活の行事について語る中、「そんなことがあったのか」と思うほど色々なことに参加できなかったというが、気にしたことはないそう。

中学2年生の時はモテ期だったそうで、バレンタインデーにはたくさんの義理チョコをもらい、1週間で10人から告白されている。

高校時代には、学級委員長に立候補するなど活発な学校生活を送っていたが、中学時代とは一変してモテなくなった。

そのため、「女心の勉強になるはず」と少女漫画を読んだりしていたという。[出典3][出典6]

芸能活動

芸能界入りは母の勧め

神木隆之介は、1995年におもちゃのCMで芸能界デビュー。

芸能界入りは母の判断であり、病弱で助かる確率が低いと言われていた息子の「生きた証を残すため」だった。

また、現場は子供だからという理由で優しくなるような事はなく、母から「現場に入ったら皆がプロ」と言われていた。

さらに母は現場のスタッフに対し、「煮るなり焼くなり好きにしてください」と言っていたという。[出典3]

人気子役としての芸能活動

神木隆之介は、1999年放送のドラマ『グッドニュース』(TBS)に出演し、人気子役としてブレイクを果たした。

以降、多数のドラマ・映画に出演。2005年公開の映画『妖怪大戦争』では初主演を務め、「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞している。[出典1]

同じく子役として活動していた志田未来とは、2007年放送のドラマ『探偵学園Q』(日本テレビ)や、2010年公開のスタジオジブリ作品『借りぐらしのアリエッティ』で共演した。[出典7]

ドラマ『仮面ライダーアギト』(テレビ朝日)での謎の少年役や、映画『踊る大捜査線THE MOVIE 2/レインボーブリッジを封鎖せよ!』のスリ家族の長男など、ちょっとした役所ではあるが存在感のある演技を披露することも多かった。[出典8]

大人の役者へと変貌したきっかけの作品は?

子役時代から芸能活動を継続して来た神木隆之介は、2010年放送のドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(TBS)に出演。それまでのイメージとは異なり、不審な存在である悪役を演じた。

2011年には、宮藤官九郎が脚本を手掛けたドラマ『11人もいる!』(テレビ朝日)に出演。大学進学を諦め、家族のためアルバイトに明け暮れるも、仕事先の女性と肉体関係を持ち妊娠させてしまうという役柄を演じている。[出典8]

その後、神木自身が高校生活最後のタイミングで挑んだ2012年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』に出演。

本作は「日本アカデミー賞」最優秀作品賞のほか、多数の賞を受賞しており、神木にとって「大人の役者」としての演技を見せつける作品ともなった。[出典3]

大人の神木が魅せる注目作品は?

神木隆之介は、大人気コミックを佐藤健主演で実写化した映画『るろうに剣心』シリーズに出演。

2014年に公開された、「京都大火編」「伝説の最後編」に出演した神木は、「実写キャストは神木君しかいない」とファンの間でも熱望されていた瀬田宗次郎を演じている。

神木は、『るろうに剣心』の続編制作が決まる前から同役を演じたいと熱望しており、アクションの練習に励んでいたという。[出典9]

2016年には、宮藤官九郎が監督・脚本を手掛けた映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に出演。

アイドルグループ「TOKIO」の長瀬智也と共に主演を務め、不慮の事故で死んでしまい、生き返るため地獄めぐりを行う高校生を演じた。[出典10]

また、2019年公開の映画『フォルトゥナの瞳』では、有村架純と共演。死が迫る人間が見える男を演じ、本格的な恋愛ストーリーに初挑戦している。[出典11]

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 林遣都
    俳優30歳
    林遣都(はやしけんと)は、日本で活動する役者。滋賀県出身の1990年12月6日生まれ。スターダストプロモーション制...
  • 斎藤工
    俳優39歳
    斎藤工(さいとうたくみ)は、日本で活動する役者・映画監督。東京都出身の1981年8月22日生まれ。ブルーベアハウス...
  • 間宮祥太朗
    間宮祥太朗(まみやしょうたろう)は、日本で活動する役者。横浜市出身の1993年6月11日生まれ。トライストーン・エ...
  • 眞栄田郷敦
    俳優21歳
    眞栄田郷敦(まえだごうどん)は、日本で活動する役者。アメリカ・ロサンゼルス出身の2000年1月9日生まれ。 父は...
  • 鈴木伸之
    俳優28歳
    鈴木伸之(すずきのぶゆき)は、日本の役者であり、劇団EXILEのメンバー。神奈川県出身の1992年10月14日生ま...
  • 山之内すず
    山之内すず(やまのうちすず)は、日本で活動するモデル・タレント・役者。兵庫県神戸市出身の2001年10月3日生まれ...
  • 木村昴
    声優31歳
    木村昴(きむらすばる)は、日本で活動する声優・ラッパー。ドイツ・ライプツィヒ出身の1990年6月29日生まれ。アト...
  • 黒木瞳
    黒木瞳(くろきひとみ)は、日本で活動する女優。福岡県八女市出身の1960年10月5日生まれ。ポエムカンパニーリミテ...
  • 峯岸みなみ
    峯岸みなみ(みねぎしみなみ)は。日本で活動するアイドル。女性アイドルグループ「AKB48」のチームKメンバー。東京...
  • 上白石萌歌
    上白石萌歌(かみしらいしもか)は、日本で活動する役者・歌手。鹿児島県出身の2000年2月28日生まれ。東宝芸能所属...
  • 原田龍二
    俳優50歳
    原田龍二(はらだりゅうじ)は、日本で活動する役者。東京都出身の1970年10月26日生まれ。株式会社ブロー所属。 ...

出典

  1. 『神木隆之介』(映画.com)
  2. 『神木隆之介、“身長”コンプレックス告白 台に乗って芝居した相手とは?』(モデルプレス)
  3. 『「2回目の人生のようなもの」――病弱だった神木隆之介が天職に導かれて』(Yahoo!ニュース)
  4. 『すべては母の作った“家訓”から。神木隆之介がなぜ愛されるのか本人に聞いてみた』(新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。)
  5. 『神木隆之介、母親との驚きエピソード明かす』(モデルプレス)
  6. [『神木隆之介、高校時代はモテに貪欲「少女漫画を読んで研究」』(Smart FLASH光文社週刊誌)
  7. 『神木隆之介&志田未来に熱愛報道 子役としてブレイク、演技力を武器に活躍<プロフィール・略歴> 』(モデルプレス)
  8. 『神木隆之介・祝25歳!子役から完全脱皮した現在、そして未来』(cinemacafe.net)
  9. 『『るろうに剣心』神木隆之介の役づくりがすごすぎる!共演者も驚いた“役への愛”』(シネマトゥデイ)
  10. 『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ / 作品情報』(映画.com)
  11. 『神木隆之介、恋愛映画挑戦に「体を大きく、ジムで鍛えました」』(cinemacafe.net)
  12. 『ドラマ「家族ゲーム(櫻井翔主演)」』(ザテレビジョン)
  13. 『ドラマ「学校のカイダン」』(ザテレビジョン)
  14. 『愛読書はauのカタログ!? 意識高過ぎ!高杉くん、登場』(ブレーンデジタル版)
  15. 『神木隆之介と中川大志がコンビニバイト『意識高すぎ!高杉くん』シリーズ最新CM』(TOKYO HEADLINE)
  16. 『神木隆之介、“パパ・ママ”呼びに視聴者悶絶「息子にしたい」「微笑ましい」の声』(モデルプレス)
  17. 『神木隆之介がYouTube開設 佐藤健が「彼は暴走しますよ」と初投稿から“本性”を暴露してしまう』(ねとらぼ)
  18. 『神木隆之介と志尊淳のラブラブぶりにSNSが大興奮』(ザテレビジョン)

神木隆之介の関連記事

主な作品や番組

主演作品

今、人気のタレント

  • 有村架純
    有村架純(ありむらかすみ)は、日本で活動する役者。兵庫県伊丹市出身の1993年2月13日生まれ。フラーム所属。 ...
    1
  • マツコ・デラックス
    マツコ・デラックスは、コラムニスト・エッセイスト・女装タレント。事務所はナチュラルエイトに所属する。 自身の著書...
    2
  • 桐谷美玲
    桐谷美玲は女優・モデル。本名は、松岡さや紗である。 身長は163.5cm。スリーサイズは上から78・57・83。...
    3

神木隆之介に関連するタグ

最近更新されたタレント

  • 松村北斗
    俳優26歳更新!!
    松村北斗(まつむらほくと)は、日本で活動するアイドル・役者。静岡県出身の1995年6月18日生まれ。ジャニーズ事務...
  • 阿部亮平
    歌手27歳更新!!
    阿部亮平(あべりょうへい)は、日本で活動するアイドル・役者。千葉県出身の1993年11月27日生まれ。ジャニーズ事...

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ