2019年7月3日更新

くろきひとみ

黒木瞳

59歳

黒木瞳(くろきひとみ)は日本で活動する女優、タレント、映画監督。1960年10月5日生まれ。本名は伊知地昭子。A型である。

月組のトップスターに

こうして、黒木瞳は1979年に宝塚音楽学校に入学。

初舞台を経験したのは、それから2年後の1981年。宝塚歌劇団『宝塚春の踊り』でのことだった。

さらに翌年の1982年には、月組のトップとして『情熱のバルセロナ』で、当時宝塚のトップスターだった大地真央の相手役を担当。

娘役が入団2年目にして月組のトップスターに就任するのは、史上最速の出来事だった(当時)。[出典1][出典6]

大地真央

変わらぬ美貌✴ #大地真央 #かわいい #美人 #美魔女 #beautiful

ミスターRXさん(@misutarx)がシェアした投稿 -

黒木とコンビを組んだ大地真央はのちに、

私は、(黒木と)コンビを組むときに、宝塚で一番になりたいと思っていた。ちょっとでも高みを目指していた。それにショーコはよくついてきてくれたし、彼女じゃないとダメだった[出典7]

と、当時の心境を振り返っている。[出典7]

大地真央も認めた逸材

宝塚時代にはファンからのいじめも?

このように、トントン拍子で大地真央の相手役へと上り詰めた黒木瞳だったが、一方でファンからは批判的な意見もあったという。

ある時には、ファンという女の子2人から手渡されたサンドウィッチに大量の砂が入っており、それを食べた黒木はさすがに我慢ならず、大泣きしたそうだ。[出典6]

▼いじめに耐えられず…

宝塚を退団

黒木瞳は『情熱のバルセロナ』以外にも、

  • 『あしびきの山の雫に』(1982年)
  • 『ムーンライト・ロマンス』(1983年)
  • 『翔んでアラビアンナイト』(1983年)
  • 『ガイズ&ドールズ』(1984年)

などの宝塚歌劇団作品に出演して脚光を浴びたが、1985年に『二都物語/ヒートウェーブ』の公演をもって宝塚を退団した。[出典1]

黒木瞳の出演映画

▼その後の活動は?

宝塚退団後は、女優として数々の映画作品に出演してきた黒木瞳。

1986年には、ヌードでの体当たり演技を行った『化身』で映画初主演を果たし、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した。[出典1]

【その他の主な出演映画】

▼『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター

次項からは、そんな黒木瞳の出演映画から注目作をピックアップしてご紹介する。

『失楽園』が大ヒット!

1997年、黒木瞳は渡辺淳一のベストセラー小説の実写化作品『失楽園』に出演。

黒木が演じたのは、役所広司演じる中年の男性と不倫関係を結ぶ書道の講師だった。

役所広司の相手役

. どんな人間を演じ、その人間の生きていくか。 それは俳優にとってとても大きな岐路。 自分も俳優分析する時は、どんな作品のどんな人間を演じてきたか、を重視して、その俳優がどんなスタンスの俳優なのかを分析する。 . 役所広司は90年代始め〜中頃まで、とても分かりづらい作品に出演し、人間を演じ続けてきた。 作品の評価は高くても、視聴率は取れないというレッテルを貼られ、自ら低視聴率男という自虐ネタをいう時期があった。 . 一般的な人が見る目線と、業界から見る目線は必ずしも一致するわけではない。 役所が演じた役は何色もの色を混ぜた、何色だかわからない人間。 一般目線からすると、単色の人間の方がわかりやすく、世間の評価は得やすい。 普通は難しい方を諦め、簡単な方を選んでいく。 . 他の俳優でも、あーこっちいっちゃったーってのは少なくない。 例えば堺雅人とか。笑 . でも役所広司はこのやり方を変えなかった。 それは師匠 仲代達矢の考えが影響してるのだと思う、優れた作品の中で生きることのできる俳優。 優れた作品は難解なものでもあり、その作品に出てくる人間もやはり難しい。(必ず難しいものでもないけど) 役所はこの考えを踏襲し、信頼する監督が作る映画に出続けた。 . 結果95〜97年に主演した映画はすべてヒット。国内外で高い評価を得た。 新進気鋭の監督〜日本映画の巨匠まで、 娯楽、ホラー、少し変わった人間物語、ヤクザもの、アート作品まで幅広いジャンルの作品の中で、さまざまな人間を演じた。 その頂点がうなぎ でカンヌ国際映画祭の最高賞 パルムドール受賞。 . 本質をつくことの難しさ、良いことをやるという難しさはあったと思うけど、一緒に映画作りをした監督・スタッフと共にそれを跳ね除け、一つの頂きに立った。 役所広司の素晴らしさの一つはこの売れ方。 . 今の時代でこの売れ方は中々難しい、ほぼ無理かな。 優れた映画作家、演出家、脚本家、俳優、すべてが揃ってないからね〜。 . #役所広司 #役所広司論

Yさん(@t_movie7)がシェアした投稿 -

本作で黒木が見せた妖艶な色気や、大胆な濡れ場は高く評価され、日本アカデミー賞や日刊スポーツ映画大賞、報知映画賞などの主演女優賞を獲得した。[出典1]

▼『失楽園

なお同年7月には、古谷一行川島なお美の出演でドラマ版の『失楽園』(日本テレビ系)も放送され、平均視聴率が20%を超える大ヒットを記録。

『失楽園』はブームと化し、その年の流行語にもなった。[出典8]

古谷一行バージョンの『失楽園』も

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 鈴木京香
    女優51歳更新!!
    鈴木京香は、女優。モデル出身で、1991年放送の朝ドラ『君の名は』(NHK)への出演で知名度を一気に拡大させた。 ...
  • 寛一郎
    俳優23歳
    寛一郎は、1996年8月16日生まれの俳優。 2017年に映画『心が叫びたがってるんだ。』でデビューを果たした。...
  • 玉城ティナ
    玉城ティナは、沖縄県出身のモデル・女優。中学3年生のときに「ミスiD」の初代グランプリに輝いた。 史上最年少で雑...
  • 堤真一
    俳優55歳
    堤真一は、1964年7月7日に生まれ。ドラマや映画、舞台などで活動する俳優。 代表作はドラマ『やまとなでしこ』(...
  • 渡辺大知
    歌手29歳
    渡辺大知は日本で活動するミュージシャン、俳優、映画監督。1990年8月8日生まれの兵庫県神戸市出身。 2007年...
  • 山崎弘也
    山崎弘也(やまざきひろなり)は、日本で活動するお笑い芸人。埼玉県春日部市出身の1976年1月14日生まれ。プロダク...

出典

  1. 『 黒木瞳 - 略歴・フィルモグラフィー』(KINENOTE(キネノート))
  2. 『【エンタがビタミン♪】「松竹でもよかった」。黒木瞳がヅカ入団を相談した恩師。』(Techinsight(テックインサイト)海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト)
  3. 『母と川で洗濯をした故郷の思い出 黒木瞳さん - 私の一枚』(朝日新聞デジタル&M)
  4. 『黒木瞳 地元ののど自慢大会で商品券を獲得していた』(Ameba News [アメーバニュース])
  5. 『黒木瞳:「ラブレター投函するのに半年」 中学時代の“甘酸っぱい”思い出告白』(MANTANWEB(まんたんウェブ))
  6. 『宝塚時代の黒木瞳 ファンぐるみの酷いいじめにあっていた』(NEWSポストセブン)
  7. 『大地真央、黒木瞳との宝塚名コンビを振り返る「彼女じゃないとダメだった」」/2016年6月19日 - エンタメ - ニュース』(クランクイン!)
  8. 『「失楽園」で共演 古谷一行が川島さん悼む「54歳の死は早すぎる」―』(スポニチ Sponichi Annex 芸能)
  9. 『WOWOWオンライン』
  10. 『「怪談」黒木瞳の「幽霊」 メイクも演技も怖くない』(J-CASTテレビウォッチ)
  11. 『黒木瞳、ホラー映画撮りたい?に「女はホラーみたいなものです」 - 芸能社会』(SANSPO.COM(サンスポ))
  12. 『黒木瞳、5年費やした初監督作「嫌な女」完成に感無量「きょうは奇跡の日」 : 映画ニュース』(映画.com)
  13. 『東京タワー(2004) : 作品情報』(映画.com)
  14. 『プリマダム』(Amazon)
  15. 『ドラマ共演の黒木瞳と三田佳子に周囲の忖度が働きまくり』(NEWSポストセブン)
  16. 『連ドラ『過保護のカホコ』は母親役・黒木瞳に注目! 振り切った過保護ぶりがもはや笑える』(女子SPA!)
  17. 『夫との赤裸々生活明かす黒木瞳の新聞連載コラムが好評』(NEWSポストセブン)
  18. 『夫との赤裸々生活明かす黒木瞳の新聞連載コラムが好評 page2』(NEWSポストセブン)
  19. 『過保護ドラマ出演に黒木瞳と三田佳子に「よく受けたな」の声』(NEWSポストセブン)
  20. 『君島十和子さん 黒木瞳との不仲報道「何にも根拠ない」と否定/芸能』(デイリースポーツ online)
  21. 『ゲーマーだった黒木瞳、夫からiTunesカード - 芸能』(日刊スポーツ)
  22. 『『嫌な女』黒木瞳監督 単独インタビュー』(シネマトゥデイ)
  23. 『小泉今日子に黒木瞳「たばこ好き」と噂される美女芸能人たち』(日刊大衆)
  24. 『Hitomi Kuroki(公式) (@hitomikofficial)』(Instagram photos and videos)
  25. 『黒木瞳&広末涼子、“17年ぶりの親子ショット”公開』(モデルプレス)

黒木瞳の関連記事

今、人気のタレント

  • 道重さゆみ
    歌手30歳
    道重さゆみは、モーニング娘。第6期としてデビュー。同期には田中れいなや亀井絵里らがいる。 モーニング娘。の8代目...
    1
  • 多部未華子
    女優30歳
    多部未華子(たべみかこ)は、日本で活動する女優。東京都出身。 2002年に女優デビューし、2005年には「第48...
    2
  • 松浦亜弥
    松浦亜弥は、2001年にデビューを果たしたアイドル。高い歌唱力と抜群のルックスから「完璧なアイドル」と謳われた。 ...
    3

黒木瞳に関連するタグ

最近更新されたタレント

  • 広瀬アリス
    タレント25歳更新!!
    広瀬アリスは2009年、『ミスセブンティーン』に選出され、女性ファッション雑誌「セブンティーン」の専属モデルとなっ...
  • 天海祐希
    女優52歳更新!!
    天海祐希(あまみゆうき)は、日本で活動する女優。東京都台東区出身の1967年8月8日生まれ。研音所属。 元宝塚歌...
  • 三浦友和
    俳優67歳更新!!
    三浦友和は山梨県出身の俳優。中学・高校時代は音楽に夢中だったという。高校時代に出会った忌野清志郎に、憧れを抱いてい...
  • 永山絢斗
    俳優30歳更新!!
    永山絢斗は俳優として活躍している。俳優の瑛太は実の兄。 2007年に俳優デビューし、2010年『ソフトボーイ』で...

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ