福士蒼汰号泣!映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』で小松菜奈と儚き運命の恋

若い世代から絶大な人気を誇る俳優・福士蒼汰が、2016年12月17日(土)から公開される映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』で主演を務め、小松菜奈と儚い運命の恋を繰り広げる!

福士蒼汰のまとめページはこちら

2018年4月26日更新

新作映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

2016年12月17日(土)から公開の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』で、福士蒼汰が主演を務めている。若い世代から絶大な人気を誇る俳優が、小松菜奈をヒロインに儚く切ない運命のラブストーリーを繰り広げる映画となっている。[出典1]

そんな映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』で福士蒼汰が魅せた演技と、映画の見どころをご紹介!

福士蒼汰の役どころ

#福士蒼汰#俳優福士蒼汰を応援する会

まどかさん(@fuku19930530)がシェアした投稿 -

本作”ぼく明日”で福士蒼汰が演じたのは、京都の美大に通う20歳の大学生・南山高寿役で、小松菜奈演じる愛美に一目惚れをしてしまうという役どころだ。

高寿は愛美に勇気を振り絞って声をかけ二人は付き合うことになるが、次第に愛美の持つ知られざる運命に翻弄されていく。[出典2]

▼映画”ぼく明日”の詳しいキャストはこちら!!

待望の映画化『ボクは明日、昨日のきみとデートする』のキャストまとめ!

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のあらすじ

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の予告編がこちら

高寿は、いつものように大学に向かう電車の中で偶然見かけた女性・愛美に恋に落ち、勇気を振り絞って声を掛けた。「また会える?」と約束を取り付けようとしたが、それを聞いた彼女はなぜか突然涙する。彼女の涙の理由を知る由もない高寿。そして親友・東出昌大演じる上山からの後押しもあり、初めてのデートで告白をして付き合い始めることに。

しかし、手をつなぎ、名前で呼び合う、そんな初めてがあるたびに愛美は涙を流す。不器用な自分を受け入れてくれる愛美に惹かれていく高寿。しかしそんなに高寿待っていたのは、余りにも切なく儚すぎる、予想打にしない運命だった。愛美が持つ不思議な秘密とは一体何なのか?

原作は2014年8月の刊行以来、WEBサイト「読書メーター」の<恋愛小説のおすすめランキング>で1位をキープし続けたことが話題になり、110万部を突破した淡い恋愛小説『ボクは明日、昨日のきみとデートする』。”時の奇跡”を描いた究極のラブストーリーがついに映画化される。[出典3]

メガホンを取ったのは三木孝浩監督

本作は、2012年の『僕等がいた』、2014年の『ホットロード』、『アオハライド』、そして2016年の『青空エール』など、数々の青春恋愛映画を大ヒットに導いてきた三木孝浩氏がメガホンを取るとあって一層大きな注目を集めている。

作中では福士蒼汰の号泣、さらに小松菜奈とのキスシーンもあるようで、数々のラブストーリーを手がけてきた巨匠の演出にも注目だ。[出典4]

福士蒼汰の見どころシーン

では、ここからは映画”ぼく明日”で福士蒼汰が魅せた注目シーンをご紹介していこう。

迫真の演技で魅せた号泣

まず注目なのはこの”ぼく明日”で福士蒼汰が魅せた号泣シーンだ。愛美から電話を受けた高寿は、電話越しに「私、あなたに隠していたことがある。あなたの未来が分かるって言ったらどうする?」と問いかけられる。

「これから少しずつあなたと恋人じゃなくなっていくんだね……」という切なすぎる愛美の言葉に惑わされる高寿。二人横並びで座るベンチの前を、電車が通り過ぎると同時に駅のホームから愛美の姿がだけ消えてしまう…。

取り残された高寿はそこで思わず号泣してしまう。福士蒼汰が迫真の演技で高寿の悲しみを体現するシーンは必見だ。[出典5]

<特報>最後の最後に号泣シーンが!

小松菜奈とのキスシーン

切ない号泣シーンだけではなく、胸がキュンキュンするようなラブシーンも”ぼく明日”の見どころだ。

“30日間だけの運命の恋”を描いたラブストーリーだが、愛美と高寿は惹かれ合い、デートを重ねる。ある二人きりの夜、高寿の「抱きしめたい」という言葉に、寄り添う愛美は「抱きしめたらいいんじゃないかな」とたどたどしげに答える。その言葉を噛み締め高寿がそっとキスするラブシーンにも注目である。[出典6]

美しき京都の風景

本作の見どころは美しい京都の景色にもある。京都を舞台に繰り広げられるラブストーリーで、京都・伏見稲荷大社でのシーンはまさに胸キュンである。映画公開を記念したレッドカーペットイベントも伏見稲荷大社で開催されており、久々に訪れたという福士蒼汰は、

本当に懐かしいです。ここからすぐ近くの道を上って、予告でも使われているキツネのお面を付けているシーンを撮りました
歴史のある伏見稲荷大社という場所で祈願イベントを行えて光栄です[出典2]

コメントを残している。[出典2]

福士蒼汰が語る作品への想い

撮影を振り返って本作”ぼく明日”への想いについても語った福士蒼汰は、本作は高寿の成長ストーリーでもあると話している。

最初と最後の高寿の顔は全然違います。そういう成長のグラデーションを意識しました
この映画は時間を見つめ返す映画です。ぜひ大切な人と、寒い冬にこの温かい映画を観ていただければと思います[出典2]

とファンに向けて温かなメッセージを送った。[出典2]

主題歌は大人気back number

映画”ぼく明日”の主題歌には、切ない恋愛ソングが定評のback numberが歌う『ハッピーエンド』が抜擢された。手掛けた楽曲について、

別れの場面で、ほんとは悲しいのに強がって笑顔で笑って終わらせようとするそんな女の子の悲しい別れの歌[出典7]

と語っており、まさに本作にピッタリの作品だ。また、原作を読んで「経験したことがないタイプの物語」という感想を抱いたといい、

普通の感情と言うかそういう部分を見つけて僕らなりに作ろうっていう風に思えたのでよかったと思います
すごく楽しかったですね作ってて[出典7]

とコメントを残している。さらに、

一番重要だったのは登場人物の福寿愛美さんという人がすごく魅力的に僕自身感じたんでその人を、その主人公というか、人格を自分の中になるべく入れていって、どこの場面というよりその方がむしろ大きかったかもしれない[出典7]

と本作ヒロインの愛美の人物像に影響されたことを明かした。

主演を務めた福士蒼汰も主題歌を聴いたようで、

エンドロールに入っていく瞬間、『なんだか、すごく良い曲が流れてきたぞ…』と一観客として自然に思っていました(笑)
物語と歌詞もリンクしていて、とても心に残りました。しっとりとしたバラードですが、前向きにもなれて、この作品にぴったり[出典7]

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 伊藤健太郎
    俳優23歳
    伊藤健太郎(いとうけんたろう)は、日本の役者。東京都出身の1997年6月30日生まれ。aoao所属。 14歳の時...
  • 有村架純
    有村架純(ありむらかすみ)は、日本で活動する役者。兵庫県伊丹市出身の1993年2月13日生まれ。フラーム所属。 ...
  • 林遣都
    俳優29歳
    林遣都(はやしけんと)は、日本で活動する役者。滋賀県出身の1990年12月6日生まれ。スターダストプロモーション制...
  • 三浦翔平
    俳優32歳
    三浦翔平は、イケメン俳優。ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身で、映画『THE LAST MESSAGE 海猿...
  • 小栗旬
    俳優37歳
    小栗旬は、1982年12月26日生まれ。東京都小平市出身。O型。トライストーン・エンタテインメント所属。 父親は...
  • 上白石萌音
    上白石萌音(かみしらいしもね)は、日本で活動する役者・歌手。鹿児島県出身の1998年1月27日生まれ。東宝芸能所属...
  • 綾野剛
    俳優38歳
    綾野剛(あやのごう)は、日本で活動する役者。岐阜県出身の1982年1月26日生まれ。トライストーン・エンタテイメン...

出典

  1. 『福士蒼汰と小松菜奈が「ぼく明日」ロケ地の京都再訪、デートシーン振り返る』(映画ナタリー)
  2. 『福士蒼汰&小松菜奈、「LINE LIVE」に登場! 『ぼく明日』京都撮影をふり返る』(CinemaCafenet)
  3. 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』公式HP story
  4. 『福士蒼汰が号泣&小松菜奈とのキスシーンも 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」予告映像』(映画.com)
  5. 『福士蒼汰が号泣…小松菜奈とのキスシーンも!? 感傷的な『ぼく明日』予告編』(マイナビニュース)
  6. 『福士蒼汰が号泣!『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』予告映像』(ORICON STYLE)
  7. 『back number、福士蒼汰×小松菜奈『ぼく明日』主題歌に決定!』(CinemaCafenet)

福士蒼汰をもっと詳しく

  • 福士蒼汰
    福士蒼汰(ふくしそうた)は、日本で活動する俳優。東京都出身の1993年5月30日生まれ。研音所属。 高校時代に初...

福士蒼汰に関する記事

主な作品や番組

主演作品

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ