遠藤憲一が"幻のノーベル賞"山極勝三郎を魂の熱演!映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』

2016年12月17日(土)から公開される映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』で遠藤憲一が主演を務めており、"幻のノーベル賞"と言われた山極勝三郎を魂のこもった演技で表現している。映画の見どころをご紹介!

遠藤憲一のまとめページはこちら

2018年4月26日更新

新作映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』

2016年12月17日(土)から公開される映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』で遠藤憲一が主演を務め、魂のこもった迫真の演技を披露している。

世界で初めて人工がんの発生に成功し、ノーベル賞受賞をせずしてこの世を去ったことから”幻のノーベル賞”とも呼ばれた山極勝三郎博士の生涯を描いた本作。そんな映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』の気になる見どころ、そして遠藤憲一が魅せた演技に迫る![出典1]

遠藤憲一の役どころ

本作の主演・遠藤憲一は、主人公の山極勝三郎役を演じた。上田藩の下級武士の家系に生まれ育った勝三郎は、16歳の時に東京で開業する町医者・横光克彦演じる山極吉哉の後継ぎとなるべく上京する。

東京帝国大学の医科に入学し、猛勉強を続けた勝三郎は臨床医ではなく病理学の道へ進むことを決心。自らも結核の病に苦しめられながら「癌を作ることができれば、癌は治せる」という熱き信念を胸に、うさぎの耳にあらゆる手段で刺激を加え続けることで人工癌の発生実験に生涯を捧げるという役どころだ。[出典2]

映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』の詳しいキャストはこちら!

“幻のノーベル賞”候補!?映画『山極勝三郎物語』のキャストとあらすじまとめ!

映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』のあらすじ

▼映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』の予告編がこちら

本作『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』は、大正時代初期に世界初となる人工癌の発生実験に成功した人物・山極勝三郎の67年間の生涯を描くヒューマンドラマだ。

勝三郎は、「がんを作ることができれば、がんは治せる」という信念のもと、ウサギの耳にあらゆる刺激を与え続けることで人工癌の発生実験を繰り返していた。肺結核を患い、自らの命を犠牲にしてまでがん研究に直走った不屈の病理学者・勝三郎。そんな勝三郎を支える親友の滋次郎、助手の厚一、そして誰よりも傍にいた妻・かね子らの存在を描きながら、人と人との繋がりや諦めないことの大切さが見事に描かれた作品である。

故郷・長野県上田市への愛、病との葛藤、そして仲間・最愛の妻を信じ切る心、観るもの全員を魅了する迫真の演技を遠藤憲一はじめ水野真紀北大路欣也ら豪華なキャスト陣が体現している。果たして実験は成功を遂げることが出来るのか…!?[出典3]

水野真紀

#運動会 に#水野真紀 さんが来た!

Junさん(@jun_four_leaf)がシェアした投稿 -

北大路欣也

遠藤憲一が演じた山極勝三郎とは?

山極勝三郎とはどんな人物か?

本作で遠藤憲一演じた勝三郎は、明治維新前夜上田に生まれ、病理学者としてペスト・脚気・がんの研究に生涯を捧げた人物だ。

大正4年(1915年)、助手とともに世界で初めて人工がんの発生実験に成功し、後年ノーベル賞の候補にもなったが、残念ながら受賞には至らなかった。しかし、その後の医学の進歩によりノーベル賞にふさわしい業績であったことが実証され、世界的に評価されるとともに”幻のノーベル賞”とも呼ばれている。[出典4]

銅像としても記念されている山極勝三郎

遠藤憲一の見どころシーン

では、作品で遠藤憲一が魅せた見どころシーンをご紹介しよう。

研究への執念を見せた咆哮

本作の予告編では、勝三郎が研究への執念燃やし、愛する妻に咆哮するシーンがある。

病に犯されながらも研究に身を投じ続けた勝三郎を見かねたのか、水野真紀演じた妻・かね子が、

「今日はお休みになって下さい。ここのところあまり寝てないじゃないですか。」[出典5]

と悲痛の声で訴える。それでも、「すまんな、今が大事なときなんだ。」と引かない勝三郎に、「命よりも大事なものなんてありますか!」と叱咤するかね子。

そんなかね子に向け勝三郎は、「あるんだ!!!」と激しく咆哮する。しかしその後すぐに、優しく、それでいて芯の通った声で

「あるんだよ。」[出典5]

と諭すが描かれている。まさに勝三郎本人かと思わせるほどの遠藤憲一迫真の演技である。[出典5]

細胞発見の歓喜

同じく予告編の冒頭では、ついに人工がんの発生に成功した勝三郎の歓喜の様子も映し出されている。顕微鏡を覗きながらついに細胞変形を発見した勝三郎は、

細胞の配列が乱れている。これはがんだ。やった、やった!できたがんだ、がんだ!がんができたぞ![出典5]

と歓喜の声をあげ、飛び上がる。また、助手としてともに研究に身を投じていた岡部尚演じる市川厚一も、涙を噛みしめるような表情を示し、喜びを体現する様子が描かれている。[出典5]

遠藤憲一が上田市長訪問

山極勝三郎が長野県上田市生まれということもあり、映画公開を記念して遠藤憲一は上田市長の母袋創一氏を訪問している。

一つのことに真剣に取り組めば、大きなことを成し遂げられるという熱い心を表現したい[出典6]

と熱い想いを語ったといい、映画公開への期待を高まらせた。[出典6]

大注目の映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』は12月17日(土)から公開!

世からの名声、自分の身体でさえも犠牲にし、人工がん発生の研究に生涯を捧げた山極勝三郎。愛する妻と仲間とともに、その生涯を駆け抜けた山極勝三郎の一生を遠藤憲一が魂のこもった演技で見事に描ききっている。

観るものを熱い想いで包み込む注目の映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』は12月17日(土)から公開である。

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 森七菜
    女優19歳
    森七菜は、日本で活動する女優。大分県出身。アーブル所属。 デビュー半年にも関わらず次々とオーディションを勝ち抜い...
  • 中村倫也
    俳優33歳
    中村倫也(なかむらともや)は、日本で活動する役者。東京都出身の1986年12月24日生まれ。トップコート所属。 ...
  • 横浜流星
    俳優24歳
    横浜流星は、1996年生まれの俳優。神奈川県出身。 深田恭子出演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で...
  • 波瑠
    女優29歳
    波瑠(はる)は、日本の役者。東京都出身の1991年6月17日生まれ。ホリ・エージェンシー所属。 中学1年生の時に...
  • トリンドル玲奈
    トリンドル玲奈は、オーストリア出身のモデル・女優である。 ソフトバンクのCMに出演して注目を浴び、さらに「鳥取ふ...
  • 松下洸平
    松下洸平(まつしたこうへい)は、日本で活動する俳優、シンガーソングライター。東京都出身の1987年3月6日生まれ。...
  • 戸塚純貴
    俳優28歳
    戸塚純貴(とづかじゅんき)は、日本で活動する役者。岩手県出身の1992年7月22日生まれ。ボックスコーポレーション...
  • 北村匠海
    北村匠海(きたむらたくみ)は、日本で活動する役者・歌手。東京都出身の1997年11月3日生まれ。スターダストプロモ...
  • 山本舞香
    山本舞香は、女優、モデル。1997年10月13日生まれ。鳥取県出身。インセント所属。 雑誌『nicola』の専属...
  • 木村佳乃
    女優44歳
    木村佳乃(きみらよしの)は、日本で活動する役者。イギリス・ロンドン生まれの東京都世田谷区出身。1976年4月10日...

出典

  1. 『長野)幻のノーベル賞の博士を映画化 遠藤憲一さん主演』(朝日新聞デジタル)
  2. 映画『山極勝三郎物語』公式HP story
  3. 『学生時代から晩年まで、遠藤憲一が人工がん研究者の40年演じる「うさぎ追いし」』(映画ナタリー)
  4. 『劇場公開映画【うさぎ追いし~山極勝三郎物語~】』(うえだで!!)
  5. 映画『山極勝三郎物語』予告編
  6. 『上田出身・病理学者「山極勝三郎物語」ロケ地 熱い心を表現 遠藤さんら市長訪問 /長野』(毎日新聞)

遠藤憲一をもっと詳しく

  • 遠藤憲一
    俳優59歳
    遠藤憲一は1961年6月28日生まれの俳優・声優・ナレーター。愛称は「エンケン」。 鋭い眼光と強面が特徴で、悪役...

遠藤憲一に関する記事

主な作品や番組

デビュー作

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ