人気俳優、ディーン・フジオカの出演ドラマまとめ【画像】

ハンサムでイケメンな俳優、ディーン・フジオカ。人気急上昇中の彼は、その空前のブレイクから多数のドラマに出演しています。今回はそんなディーン・フジオカが出演したおすすめドラマをまとめてご紹介。

どんな人?

  • ディーン・フジオカは2015年放送のNHK朝ドラ『あさが来た』に五代友厚役で出演し、一気に人気に火がついた。
  • 元々は香港や台湾を中心に活躍していた。2016年頃から日本のテレビ番組に活躍の場を広げることで、”逆輸入俳優”として注目を集めるようになった。
  • インドネシア国籍の女性と結婚しており、双子の子どもがいる。
ディーン・フジオカのまとめページはこちら

2018年4月24日更新

ディーン・フジオカのプロフィール

Congrats on new store opening #Versace #japan 👍✨#おおきに五代さん

Dean Fujioka 藤岡靛さん(@tfjok)がシェアした投稿 -

ディーン・フジオカのまとめページ
はこちらでチェック!

ディーン・フジオカのおすすめドラマ①:『IQ246〜華麗なる事件簿〜』 (TBS系)

まず最初にご紹介するのは、ディーンファンとしては記憶に新しい、2016年10月から放送開始したドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』 (TBS系)[出典1]

▼同作ビジュアル

同作は、

ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか

が口癖な、IQ246も持つ天才貴族・法門寺沙羅駆が次々に難事件を解決していくミステリー作品。

一話完結型なので見やすく、大人も楽しめるほどの本格的なミステリーをお届けしている。[出典1]

織田裕二と初共演!

『IQ246〜華麗なる事件簿〜』 (TBS系)で主演を務めるのは、俳優の織田裕二

特別な家系に生まれた沙羅駆を、持ち前の演技力で見事に演じきっている。[出典2]

▼法門寺沙羅駆役の織田裕二

対するディーン・フジオカは、そんな法門寺家の89代目執事として仕える賢正役に抜擢。

賢正は、沙羅駆が他者に無礼な態度をとればさり気なくファローしたり、時には事件の解決となるヒントを口にしたりと、誰もが認める完璧な執事だ。[出典2]

▼執事役に挑戦したディーン・フジオカ

また、賢正はアスリートばりの運動神経を持っているという設定なので、[出典2]

私が演じる賢正は、アクションが多いという話を聞いてるので、その役目を果たせる様に身体作り撮影を安全かつ迅速に進めれる様に、リハーサルも全力で頑張ります

ディーンも語っている。
さらに、織田との初共演に関しては以下のようにコメントした。

今回、織田さんと初めてご一緒させていただける作品に出演させていただき光栄です。
私が、初めて織田さんをTVでお見かけした時には既に、織田さんは大人の世界を象徴していた日本を代表する俳優さんでした。
織田さんを大先輩として、また兄貴として、胸をお借りして精一杯演じさせていただければと思います。[出典1]

ディーン・フジオカのおすすめドラマ②:『あさが来た』(NHK)

「世界に見せたい日本のドラマ」として優秀なドラマを表彰する授賞式「東京ドラマアウォード」。

そんな同授賞式の「連続ドラマ部門」のグランプリを勝ち取った作品が、ディーン・フジオカ出演の朝の連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)だ。

同作は、日本で初めて女性のみの「女子大設立」に力を注いだ女性・広岡浅子をモデルにした作品。

  • 最高視聴率 27.2%
  • 放送期間平均視聴率 23.5%

と、連続テレビ小説として今世紀最高の平均視聴率を記録した。[出典3]

名演技で助演男優賞受賞

ディーンは同作において、主人公・あさに商売を教える五代友厚役を好演。
五代ロス”という言葉が生まれるほどディーンの人気は上がり、『あさが来た』(NHK)はたちまちディーンの代表作の1つとなった。

また、先述した授賞式「東京ドラマアウォード」でディーン・フジオカは助演男優賞に輝き、男泣きを見せていた。[出典3]

ディーン・フジオカのおすすめドラマ③:『ダメな私に恋してください』(TBS系)

アラサーダメ女×ドSな元上司

いかにも女子ウケが良さそうなコンビを中心に、ドタバタなラブコメディを描いた作品が、深田恭子主演のドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)だ。[出典4]

同作でディーン・フジオカが演じるのは、深田演じるミチコの元上司・黒沢歩
黒沢の性格はドSだが面倒見がよく、金銭面で困り果てたミチコを見かねて、自身が経営する喫茶店にアルバイトとして雇うことから物語は進んでいく。[出典5]

▼主演の深田恭子ディーン・フジオカ

ディーンと言えば、普段はその物腰柔らかそうな雰囲気が印象的。
演じている上で意識していることを聞かれた際も、

そうは言ってもどこまで出せているか…表面的なことだけでなく、人があるべき姿としてインスピレーションを作っていかないといけませんし、ちゃんと愛のあるドSに見えるようどれだけの振れ幅でいけばいいのか悩みます[出典6]

とやはり、普段の自分とは違うドS役に頭を悩ませているようだった。

ディーン・フジオカのおすすめドラマ、おわりに

今回はディーン・フジオカおすすめドラマまとめ3選ということで、

の3本を紹介した。

完璧な執事や薩摩藩士、ドSな元上司など全く異なるキャラクターを見事自分のものにしているディーン・フジオカ
これからもその名演技に期待したい。

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 堀田茜
    堀田茜は、1992年10月26日生まれのモデル・女優。雑誌『CanCam』の専属モデルを務める。 「全日本国民的...
  • 芦田愛菜
    芦田愛菜は、天才子役と呼ばれた女優。3歳で芸能界に入り、5歳で出演した2010年の大ヒットドラマ『Mother(マ...
  • 中村倫也
    俳優33歳
    中村倫也(なかむらともや)は、日本で活動する役者。東京都出身の1986年12月24日生まれ。トップコート所属。 ...
  • 杏は、モデル、女優。1986年4月14日生まれ。東京都出身。 父は、俳優の渡辺謙で、兄は俳優の渡辺大となる。 ...
  • 小泉孝太郎
    小泉孝太郎は、2002年にデビューを果たした俳優。父は元総理の小泉純一郎、兄は政治家の小泉進次郎である。 201...
  • ムロツヨシ
    俳優44歳
    ムロツヨシは、日本で活動する俳優。神奈川県出身の1976年1月23日生まれ。ASH&Dコーポレーション所属。 幼...

出典

  1. 『INTRODUCTION(はじめに)』(TBSテレビ:日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』)
  2. 『CHART(人物相関図)』(TBSテレビ:日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』)
  3. 『波瑠、ディーンと久々に2ショット 朝ドラ共演「幸せでした」』(ORICON STYLE)
  4. 『はじめに』(火曜ドラマ『ダメな私に恋してください』』TBSテレビ)
  5. 『人物相関図』(火曜ドラマ『ダメな私に恋してください』』TBSテレビ)
  6. 『インタビュー』(火曜ドラマ『ダメな私に恋してください』:TBSテレビ)

ディーン・フジオカをもっと詳しく

  • ディーン・フジオカ
    俳優40歳
    ディーン・フジオカは日本の俳優、ミュージシャン。1980年8月19日生まれ。福島県須賀川市出身。 アメリカ留学後...

ディーン・フジオカに関する記事

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ