加藤シゲアキの『ピンクとグレー』が映画化!カメオ出演も

加藤シゲアキのデビュー作『ピンクとグレー』は映画化され、2016年1月に公開されました。映画には加藤シゲアキも出演?今回は映画化された加藤シゲアキの『ピンクとグレー』についてお届けします。

加藤シゲアキのまとめページはこちら

2016年8月26日更新

自著が映画化!カメオ出演も

加藤シゲアキのデビュー作『ピンクとグレー』は映画化され、2016年1月に公開された。映画には原作者の加藤シゲアキも出演。今回は映画化された『ピンクとグレー』についてお届けする。

デビュー作『ピンクとグレー』が映画化

2015年1月、加藤シゲアキの小説『ピンクとグレー』が行定勲監督により映画化されることが判明、[出典1]2016年1月9日に公開された。[出典2]映画はオープニング2日間で動員7万6759人、興収1億212万7000円を記録し7位の順位を残している。[出典3]
小説『ピンクとグレー』は、2012年に刊行された加藤のデビュー作で、売れない俳優の河田大貴と、大貴の親友で人気俳優の白木蓮吾の友情や葛藤、白木の死などを描いた芸能界が舞台の物語。[出典1]

→加藤シゲアキのこれまでの小説まとめ!

→映画『ピンクとグレー』の予告編がこちら!

加藤も映画化を喜ぶ

小説家デビュー作の映画化が決まった加藤シゲアキは、

5年前に小説を書いたときは、映画化されるなんて夢にも思っていませんでした[出典4]

と話し、

行定監督の作品は好きでよく見ていたので、自分の世界観が行定監督の手で表現されるのはとても光栄で、心から楽しみです[出典4]

とコメントしていた。[出典4]

映画と原作では主人公が異なる??

映画版では原作を大きくアレンジし、小説では描かれなかったエピソードも盛り込まれた。[出典1]

例えば、加藤シゲアキの原作では、河田大貴が主人公だが、映画では白木蓮吾が主人公として描かれる。[出典5]

この点に関して監督の行定勲は、

なぜ、映画で(物語を)変えたんだよと、加藤君のファンに強い目で見られているのかも知れないけど。責められて全然良いし、加藤君も責めたいところでしょうけど、映画にするには、そういうものじゃない着地点もあるだろうと思いついた[出典5]

としている。[出典5]

また、映画では幕開けから62分後に映画オリジナルのとある“仕掛け”も用意されている。

これについても行定は、「ファンの方からは『なぜ変えたんだよ』と言われるかもしれませんね」と話しつつも、加藤が行定あてのメールに、「実験的な部分があって、行定さんの本気度が伝わってきます」と書いていたことを明かし、[出典6]

加藤シゲアキという人は非常に映画が好きな人。そういう意味では理解してくれるだろうと思う[出典6]

と語っていた。[出典6]

主演はHey! Say! JUMPの中島裕翔

映画の主演は映画初出演となるHey! Say! JUMPの中島裕翔が務めた。[出典4]

主演を務める中島について加藤シゲアキは、

自分を投影した小説を後輩が演じてくれることはあまりない機会[出典4]

と感慨深げに話し、

中島くんならできると信じています。愛情を持って取り組んでもらって、作品の一部になってくれればうれしいです[出典4]

と期待を寄せていた。[出典4]

カメオ出演もしていた!?

加藤シゲアキは映画公開日に開催された舞台挨拶で、

何回観てもらってもかまわないので、是非1人5回は観てください[出典7]

とアピール、同時に映画にカメオ出演していたことも明かした。

加藤は、

行定監督とご飯をご一緒したときに冗談半分で『出してくださいよ!』って言っていたら、本当に実現してくれた、という感じですね。あんなにピントをあてなくても良かったんですが[出典7]

と語り、

僕はあくまでエキストラなんで
(中略)
本当にふらーっと現場にいったので服も私服だし[出典7]

などと話していた。[出典7]

釜山国際映画祭や東京国際映画祭にも出品

映画『ピンクとグレー』は第20回釜山国際映画祭アジア映画の窓部門に正式出品され、[出典8]第28回東京国際映画祭のJapan Now部門でも上映された。[出典9]

出典

  1. 『NEWS加藤の小説『ピンクとグレー』を行定勲が映画化、出演に中島裕翔、菅田将暉ら』(CINRA.NET)
  2. 『中島裕翔初主演「ピンクとグレー」公開に共演の菅田将暉「授業参観のお父さんの気持ち」』(映画.com)
  3. 『【国内映画ランキング】「スター・ウォーズ」がV2、「傷物語」3位、「ブリッジ・オブ・スパイ」は5位』(映画.com)
  4. 『NEWS加藤シゲアキ、処女小説が映画化「夢にも思っていませんでした」(ORICON STYLE)
  5. 『行定監督、ヘイセイ中島裕翔の演技力称賛「すごい」』(日刊スポーツ)
  6. 『Hey! Say! JUMP中島裕翔と菅田将暉はカップルみたいに仲良し!行定勲監督が明かす【第28回東京国際映画祭】』(シネマトゥデイ)
  7. 『加藤シゲアキ、『ピンクとグレー』カメオ出演!「本当にふらーっと現場にいった」』(cinemacafe.net)
  8. 『中島裕翔主演「ピンクとグレー」主題歌はアジカン、釜山国際映画祭への正式出品も』(映画ナタリー)
  9. 『行定勲、「ピンクとグレー」舞台挨拶で中島裕翔と菅田将暉のベタベタぶり暴露』(映画ナタリー)

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 速水もこみち
    俳優36歳
    速水もこみちは東京都出身の俳優。本名は表もこみち。身長は186cm。 2015年に放送されたドラマ『5→9〜私に...
  • 常盤貴子
    女優48歳
    常盤貴子は、1991年に女優デビュー。神奈川県・横浜市出身だが、幼少時代は兵庫県・西宮市で生活していた。 199...
  • 木南晴夏
    木南晴夏は、女優。姉はミュージカル女優の木南清香、幼馴染は相武紗季&音花ゆり姉妹である。 2018年6月、TBS...
  • 山本舞香
    山本舞香は、女優、モデル。1997年10月13日生まれ。鳥取県出身。インセント所属。 雑誌『nicola』の専属...
  • 松本まりか
    女優36歳
    松本まりか(まつもとまりか)は、日本で活動する役者・声優。東京都出身の1984年9月12日生まれ。A-team所属...
  • 広瀬アリス
    広瀬アリス(ひろせありす)は、日本で活動する役者。静岡県出身の1994年12月11日生まれ。フォスタープラス所属。...
  • 大泉洋
    大泉洋(おおいずみよう)は、日本で活動する役者。北海道出身の1973年4月3日生まれ。CREATIVE OFFIC...
  • 西島秀俊
    俳優49歳
    西島秀俊(にしじまひでとし)は、日本で活動する役者。東京都八王子市出身の1971年3月29日生まれ。クォータートー...

加藤シゲアキをもっと詳しく

  • 加藤シゲアキ
    加藤シゲアキはアイドル兼小説家。もともとは本名の加藤成亮で活動していたが、2011年より芸名を「加藤シゲアキ」に改...

加藤シゲアキに関する記事

所属するグループやコンビ

NEWS

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ