大泉洋のおすすめ映画特集!最新映画出演情報も!

大泉洋のおすすめ映画をご紹介!おしゃべりでバラエティ色の強いイメージを持たれがちの大泉だが、実は日本アカデミー賞をするほどの演技派俳優。主役から声優まで、大泉の演技が際立つ映画をピックアップ!

大泉洋のまとめページはこちら

2016年8月23日更新

大泉洋のおすすめ映画!!最新映画出演情報も!

コメディ作品だけじゃない、演技派俳優・大泉洋のおすすめ映画をご紹介!
▼作品ごとに様々な顔を見せる

『探偵はBARにいる』シリーズ

▼ 『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』予告編

『探偵はBARにいる』シリーズは、東直己原作のハードボイルドミステリー『ススキノ探偵シリーズ』の映画化。
大泉洋演じる探偵と、松田龍平演じる相棒兼運転手の高田が北海道を舞台に、事件の真相解明に奮闘する物語となっている。[出典1]

2011年に公開されたシリーズ第1弾『探偵はBARにいる』は興行収入12億円超えを記録し、大泉洋は第35回日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。第1弾のヒットを受け、2013年にはシリーズ第2弾となる『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』が公開された。[出典2][出典3]

また、第2弾の公開後3週目には、続編となるシリーズ第3弾が製作されることが発表されており、本作での探偵役は大泉洋の当たり役となっている。[出典1]

青天の霹靂

青天の霹靂』は、お笑いタレントの劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説を初監督で映画化したもの。
売れないマジシャンの晴夫が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描いている。[出典4]

大泉洋は主人公・晴夫を演じる

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー』は、花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。

大泉洋が扮するのは漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄。
突如として広まった原因不明の感染によって街はZQNと呼ばれる感染者で溢れかえる!大パニックが引き起こされる状況で、主人公たちが決死のサバイバルに挑む姿を描く。[出典5]

▼ZQNパニック!?

本作はSF、ホラー、スリラー、サスペンスなどのジャンル映画の祭典として知られる「シッチェス・カタロニア国際映画祭」で観客賞&最優秀特殊効果賞を、「ポルト国際映画祭」で観客賞&オリエンタルエキスプレス特別賞(優れたアジア映画に贈られる賞)を受賞。

そして「ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭」でコンペティション部門のグランプリにあたる、ゴールデンレイヴン賞を受賞し「世界三大ファンタスティック映画祭」で計5冠を獲得した。[出典6]

清須会議

清須会議』は、三谷幸喜監督が、初めて時代劇を手がけた歴史エンタテインメント作品。
原作は三谷幸喜自身による書き下ろし小説である。

ただ映画では、小説とは違ったアプローチで“会議の席上で歴史が動いた”と言われる「清洲会議」を描いている。本能寺の変により、織田信長が討たれ、後見争いが勃発。
そこに名乗りを上げる柴田勝家を役所広司が、そして羽柴秀吉を大泉洋が演じる。

本作で目を引くのは、羽柴秀吉のビジュアル!「禿げ鼠」と言われていたとされる秀吉を、ここまでか!というくらいハゲさせている。[出典7]

▼秀吉の頭にも注目!

『駆込み女と駆出し男』

駆込み女と駆出し男』は、江戸時代の駆込み寺を舞台に、離縁を求める女たちの人生の再スタートを手伝うことになった、戯作者に憧れる男の活躍と恋をコミカルに描いた作品。

大泉洋が演じるのは主人公の信次郎。戯作者の卵で医師見習いながら、縁切り寺で離縁調停を手伝ううちに一筋縄ではいかない愛憎に触れる。[出典8]
原田眞人監督は大泉の起用利用について、

原作で一番気に入ったところがマシンガントークのやり取りなんですが、そこを読んだ時に、これはもう大泉洋しかいないと思いました[出典9]

と語っており、作中で見せる大泉洋のマシンガントークは必見だ。[出典9]

▼共演者との掛け合いに注目!

ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎』は、水木しげる原作の超人気漫画『ゲゲゲの鬼太郎』をウエンツ瑛士が鬼太郎役で実写映画化した作品。

大泉洋が演じるのは、鬼太郎の悪友・ねずみ男。
大泉扮するねずみ男はかなりのクオリティで、原作コミックからそのまま抜け出てきたような風貌で、鬼太郎との軽妙なコンビネーションを披露する。[出典10]

出来上がった作品を観ましたら、確かにねずみにしか見えない。
この映画は、本当に僕のためになっているんだろうか、と疑問に思うくらい、目を覆ってしまうようなねずみ男がこれからみなさんの前に出て来ます[出典11]

大泉自身も、驚くほどのハマリ役だったそうだ。[出典11]

実は声優としても大活躍!

大泉洋は声優として数々の映画に出演している。『千と千尋の神隠し』や『ハウルの動く城』、『思い出のマーニー』、『バケモノの子』など、ジブリ作品をはじめとする人気作で声優を務めている。[出典12]

最新映画出演情報

大泉洋の最新出演映画には話題作が控えている。
ゲゲゲの鬼太郎』ではネズミ男を見事に演じた大泉。『東京喰種』、『鋼の錬金術師』など、漫画を原作とする実写映画化での大泉の役どころに注目だ![出典10][出典13][出典14]

▼『東京喰種』

▼『鋼の錬金術師』

出典

  1. 『大泉洋、松田龍平の電報に憤慨!? 『探偵はBARにいる』第3弾製作決定』(ORICON STYLE)
  2. 『「探偵はBARにいる2」ヒロインは尾野真千子!バイオリニスト役で体を張った演技!』(シネマトゥデイ)
  3. 『日本アカデミー賞公式サイト』
  4. 『青天の霹靂 : 作品情報』(映画.com)
  5. 『映画「アイアムアヒーロー」』(シネマトゥデイ)
  6. 『「アイアムアヒーロー」世界三大ファンタスティック映画祭制覇!5冠獲得』(シネマトゥデイ)
  7. 『映画「清須会議」 三谷幸喜監督と大泉洋の爆笑記者会見 「禿げ鼠でも格好いいということは僕は言いたい!」』(ぴあ)
  8. 『駆込み女と駆出し男』(日本映画専門チャンネル)
  9. 『記者会見レポート 駆込み女と駆出し男』(シネマイクスピアリ)
  10. 『ゲゲゲの鬼太郎 スタンダードエディション』(フジテレビムービー)
  11. 『ねずみ男は作品プロモーションを拒否!? 「ゲゲゲの鬼太郎」舞台挨拶』(シネマカフェ)
  12. 『大泉洋プロフィール』(CREATIVE OFFICE CUE Official website)
  13. 『実写『東京喰種』新キャストに蒼井優、鈴木伸之、大泉洋!配役も明らかに』(シネマトゥデイ)
  14. 『鋼の錬金術師」山田涼介主演で実写化!本田翼、ディーン、松雪泰子ら豪華キャスト発表!』(シネマトゥデイ)

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 多部未華子
    女優30歳
    多部未華子(たべみかこ)は、日本で活動する女優。東京都出身。 2002年に女優デビューし、2005年には「第48...
  • 要潤
    俳優38歳
    要潤(かなめじゅん)は、日本で活動する俳優・タレント。香川県出身の1981年2月21日生まれ。フリップアップ所属。...
  • 橋本環奈
    女優20歳
    橋本環奈(はしもとかんな)は、日本活動する女優。福岡県出身。1999年2月3日生まれ。株式会社ディスカバリー・ネク...
  • 福士蒼汰
    福士蒼汰(ふくしそうた)は、日本で活動する俳優。東京都出身の1993年5月30日生まれ。研音所属。 高校時代に初...
  • 櫻井翔
    櫻井翔(さくらいしょう)は日本で活動するタレント、歌手、俳優、ニュースキャスター。1982年1月25日生まれ。 ...
  • 中川大志
    俳優21歳
    中川大志は1998年6月14日生まれの俳優。身長は178.5cm。 2009年に子役としてデビューし、『家政婦の...

大泉洋をもっと詳しく

  • 大泉洋
    俳優46歳
    大泉洋は俳優、タレント。 映画『探偵はBARにいる』や『こんな夜更けにバナナかよ』、『千と千尋の神隠し』などに出...

大泉洋に関する記事

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ