松本人志が角田信明に激怒した理由。関係修復を望めない、その出来事とは?

ダウンタウンの松本人志と、格闘家でタレントの角田信朗の不仲は一向に修復する気配がない。そんな二人は2009年に起きた角田のドタキャン事件により関係が悪化。時を経てブログで暴露した角田の心情、松本が明かす事の真相とは?岡村隆史に明石家さんま、共演NG芸能人も!

松本人志のまとめページはこちら

2018年5月5日更新

松本人志と角田信朗の不仲説

ダウンタウン・松本人志と格闘家でタレントの角田信朗が共演NGだということをご存知だろうか?

この二人はある一件の出来事があって以来、不仲になってしまった。後に角田は和解を求めるも、松本人志が拒否をする様子を見せるなど、未だ二人の溝は埋まっていない。[出典1]

角田のドタキャンで松本激怒!

まあみ🌷さん(@ma_mi.0129)がシェアした投稿 -

二人の間に溝ができてしまったのは、2009年のこと。バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)では当時、芸人を集結させた「たたいてかぶってジャンケンポン」の企画を立ち上げていた。[出典2]

そしてその対決のレフェリーとして抜擢されたのが角田信朗であった。衣装も決まり、準備万端、あとは二日後の撮影に備えるだけ!という状況であった矢先、なんと角田信朗が突然の出演キャンセルを番組サイドに報告。

角田のドタキャンにより代役のレフェリーも見つからず、芸人たちのスケジュールを押さえていたにも関わらず、撮影は流れてしまったのだ。

▼なぜ角田はドタキャンをしたのか?

角田信朗さん(@noby_kakuda)がシェアした投稿 -

ドタキャンした?せざる負えなかった理由?

角田信朗は当時、自身がK-1のレフェリーを務めた際に、ミスジャッジを起こしたとして世間から非難されていた。[出典1]

ミスジャッジの経緯とは

2009年10月、武田幸三の引退試合(vsアルバート・クラウス)戦のレフェリーを務めていた角田信朗。優秀の美を飾らせたかったのか、続行不可能だと思われるほどボロボロとなった武田をよそに試合を打ち切ることをしなかった。

この贔屓じみたジャッジが結果的に世間に波紋を呼び、角田信朗はレフェリーとしての活動を3カ月自粛した[出典3]

番組でレフェリーをして大丈夫なのか?

そんな状況に置かれている間に、松本人志らが出演する『ガキ使』でのオファーが舞い込んできた角田信朗。

本人は即座に快諾したものの、K-1事務局の方からは出演の断念を促されてしまい、泣く泣く出演を断念したと言う。[出典3]

▼この一件を受けて松本は…

番組ゲストとして出演依頼を受けるも…

『ガキ使』の撮影をドタキャンして1年後のこと、角田のところに『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)の出演依頼が届いた。

あの時に松ちゃんからのお申し出に応える事が出来なかった御詫びをやっと直接出来るチャンスが来た[出典4]

と喜ぶ角田であったが、その願いは虚しくも散ることに。

どうやら松本人志は番組台本を見て、角田信朗の名前を発見するや否や、収録の中止を要請したそうだ。[出典4]

松本人志「これは日テレとの問題」

そして2017年1月、何を思ったか角田信朗は当時の経緯をブログに更新し、松本人志との関係修復を綴った。

このブログに書くことで、この真実が回り回って、松ちゃんのもとに届くことを祈っています[出典4]

松本人志が出演する『ワイドナショー』(フジテレビ系)ではそのブログをニュースとして取り上げると、

これは本当に……。全然しゃべりますよ、しゃべりますけど、こんなカビの生えたような8年前の話、します?[出典2]

松本は呆れた様子で話を始めた。

そして先述の通り、『ガキ使』でのレフェリー問題や、芸人のスケジュールを無視して撮影を台無しにした重大さなどを明かし、次第に顔を強張らせていった松本は、

僕が怒っているとかそういうことではなくて、番組とか吉本とか、もっといえば日本テレビとの問題。共演NGとか、そんなちっちゃい話ではないんですよ[出典2]

と断言。またブログで話題を蒸し返したことにもご立腹で、一方的に主張するのは控えるように促した。[出典2]

世間からまたも非難を浴びる

この『ワイドナショー』での発言を受けて、角田は謝罪の文面をブログに更新。しかし、世間からは

自分で傷口広げただけ[出典5]

そもそもブログに書くようなことではない[出典5]

などと厳しい意見が寄せられた。

松本人志と共演NGの芸能人は他にも?

岡村隆史

okamuradesuさん(@okamuradesu)がシェアした投稿 -

元は先輩後輩の関係で仲良しだった松本人志岡村隆史であったが、松本がナインティナインを批判したことから、岡村は萎縮してしまいしばらくの期間、共演NGが続いたようだ。[出典6]

明石家さんま

明石家さんまさん(@sanma_santaku)がシェアした投稿 -

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 櫻井翔
    櫻井翔(さくらいしょう)は日本で活動するタレント、歌手、俳優、ニュースキャスター。1982年1月25日生まれ。 ...
  • 鈴木京香
    女優51歳
    鈴木京香は、女優。モデル出身で、1991年放送の朝ドラ『君の名は』(NHK)への出演で知名度を一気に拡大させた。 ...
  • 寛一郎
    俳優23歳
    寛一郎は、1996年8月16日生まれの俳優。 2017年に映画『心が叫びたがってるんだ。』でデビューを果たした。...
  • 玉城ティナ
    玉城ティナは、沖縄県出身のモデル・女優。中学3年生のときに「ミスiD」の初代グランプリに輝いた。 史上最年少で雑...
  • 堤真一
    俳優55歳
    堤真一は、1964年7月7日に生まれ。ドラマや映画、舞台などで活動する俳優。 代表作はドラマ『やまとなでしこ』(...
  • 渡辺大知
    歌手29歳
    渡辺大知は日本で活動するミュージシャン、俳優、映画監督。1990年8月8日生まれの兵庫県神戸市出身。 2007年...

出典

  1. 『松本人志が角田信朗に反論「共演NGとか、そんなちっちゃい話ではない」』(HUFFPOST)
  2. 『松本人志、確執の原因は角田のドタキャン「8年後のブログもルール違反」』(マイナビニュース)
  3. 『角田信朗が懺悔「ブログ謝罪が俺の人生を破壊した」』(Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ)
  4. 『角田信朗、松本人志との確執を告白「ある事件をきっかけに番組に呼ばれなくなった」』(芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ))
  5. 『角田信朗、松本人志への謝罪も「痛すぎる」「傷口を広げただけ」と擁護の声なし』(アサ芸プラス)
  6. 『中山秀征も? 松本人志と「共演NG」の芸能人リスト』(日刊大衆)

松本人志をもっと詳しく

  • 松本人志
    松本人志は吉本出身のお笑い芸人。浜田雅功とのお笑いコンビ「ダウンタウン」のボケ担当である。 嫁は元タレントの伊藤...

松本人志に関する記事

所属するグループやコンビ

ダウンタウン

関係するタレント

  • 月亭方正
    月亭方正は、1988年お笑いコンビ「GSX(ガスペケ)」としてデビュー。「TEAM-0」時代に第12回ABCお笑い...
  • 浜田雅功
    浜田雅功はお笑い芸人。松本人志とのお笑いコンビ・ダウンタウンのツッコミ。 出身高校は日生学園第二高校。校則がかな...
  • 東野幸治
    東野幸治は、お笑い芸人。『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)内の「放課後電磁波クラブ」で「Wコウジ」の...
  • 今田耕司
    今田耕司は1966年03月13日に大阪に生まれたお笑い芸人だ。 主に司会業をこなしているが、ドラマや映画などにも...

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ