バカリズムのライブが例年大人気!バカリズムライブの内容に迫る!

独特のセンスと個性あふれる発言で多くの笑いを生み出しているバカリズム。そんなバカリズムは例年お笑いライブを開催しているのをご存知だろうか?今回はそのバカリズムのライブについてご紹介!

バカリズムのまとめページはこちら

2016年8月11日更新

バカリズムのライブ

バカリズムは例年自身のお笑いライブを開催している。
ライブには、「バカリズムライブ」と「バカリズム案」という2種類があり、「バカリズムライブ」は主にコントライブを、「バカリズム案」ではコントの案を延々に出していくという内容で行われている。
今回はそんなバカリズムがこれまでに開催してきたライブの内容を振り返る。[出典1]

バカリズムライブ

2008年「科学の進歩」

2008年にバカリズムが開催した「科学の進歩」では、

プロローグ「科学の進歩」
DFの高飛びFWの餌食
総合医者
あの坂をのぼれば
贈るほどでもない言葉
俺とお前とブラットピット
WARUYONO!
にゅーす
誰がために[出典2]

というコントを披露した。
発売されているDVDのダイジェスト動画がこちら!

▼「科学の進歩」

2009年「クイズ」

2009年にバカリズムが開催した「クイズ」では、

プロローグ「クイズ地獄」
~オープニング~
暮れなずむ町
図るなら
日本要するに昔話(1)
久保家の縁談
3.14
日本要するに昔話
正義感
正直村と嘘つき(2)
~エンディング~[出典3]

というコントを披露した。
発売されているDVDのダイジェスト動画がこちら![出典3]

▼「クイズ」

2010年「ピンチ!」「サスペンス」

2010年には「ピンチ!」「サスペンス」という2つの公演を開催し、ファンを盛り上げた。
発売されているDVDのダイジェスト動画がこちら![出典1]

▼「ピンチ!」「サスペンス」

2011年「SPORTS」

2011年にバカリズムが開催した「SPORTS」では、

1.選手宣誓
2.ルール
3.心得る人々
4.がNBAる
5.Change
6.汚はよう
7.見よ 勇者は帰りぬ
8.未来へシュート![出典4]

というコントを披露した。
発売されているDVDのダイジェスト動画がこちら![出典4]

▼「SPORTS」

2012年「運命」

2012年にバカリズムが開催した「運命」では、

【本編収録内容】
①プロローグ「運命の話」
②絶対に負けられない戦い
③それいけ!ベートーくん
④マジカル☆中年
⑤鬼
⑥はやすぎた男
⑦TABETA!
⑧運命のスケジュール
【特典映像】
①運命の出会いあれこれ
②今日の○○占いカウントダウン
③漫画で読むバカリズム「カレー」
④運命の赤いものあれこれ
⑤漫画で読むバカリズム「インタビュー」
⑥相撲官能小説[出典5]

というコントを披露した。
発売されているDVDのダイジェスト動画がこちら![出典5]

▼「運命」

2013年「COLOR」

2013年にバカリズムが開催した「COLOR」では、

プロローグ
[オープニング]
赤い告白
[ほんとうの昔話]
青い偏見
[偏見仮面のテーマ]
白い愚痴
[絵消しうた]
緑川キャスター
[緑川篤志の楽しい発音講座]
黄昏の衝撃
[字書きうた]
黒い理由
[エンディング]
[出典6]

というコントを披露した。
発売されているDVDのダイジェスト動画がこちら![出典6]

▼「COLOR」

2014年「なにかとなにか」

2014年にバカリズムが開催した「なにかとなにか」では、

【本編】
①プロローグ
[オープニング]
②知恵と戦略
[うさぎとなにか、なにか太郎]
③屏風と虎
[字書きうた、フォトショうた]
④理性と本能
[赤と白]
⑤母なる星と母なる音
[怖くてためになる話]
⑥目撃と証言
[お客様とお医者様]
⑦女子と女子
[さるなにかばなし]
⑧銅と銀
[エンディング]
[出典7]

というコントを披露した。
発売されているDVDのダイジェスト動画がこちら! [出典7]

▼「なにかとなにか」

2015年「?!」

2015年にバカリズムが開催した「?!」では、

■プロローグ?!
■(オープニング)
■熱血!
■(遠回りなあれこれ)
■裏切り女裏切る!
■(EXCLAMATION OF SPACE)
■URAMESHIYA?
■(EXCLAMATION OF DEVIL & ANGEL)
■俺の斧!
■(BABAR QUESTION)
■ひょんなことから?!
■(DRIVER QUESTION)
■愛しの小森整骨院(?)
■(エンディング)[出典8]

というコントを披露した。
タイトル「?!」について聞かれると、

どうにでもなるタイトルにしたかったって言うことですね。内容も何も決まってなくて、だいたいタイトルから決めるんですけど、その後のコント作りに楽になるタイトルと言うか、どうにでもできますし、こじつけもできるのでこのタイトルにしましたね。ただインパクトはあった方がいいなとは思っていましたが、それよりもテーマに限定される単語だとすると、後々しんどくなってくるので・・・。[出典9]

と語っている。
また、演じる際のこだわりについては、

覚える事が作業の中で大半を占めるので、演じる面では特に・・・ですね。これをもっと色々なところにかけてっていうと、演じ方がもう少し細かくなってくると思います。台本の印象で演じ方は割とドンと決めてやってる感じですね。それぞれのキャラクターにバックボーンはないし、舞台で見せている事がすべてなので、役者さん的な考え方ではやってないと思います。その場で受ければいいやっていう。[出典9]

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 堀田茜
    堀田茜は、1992年10月26日生まれのモデル・女優。雑誌『CanCam』の専属モデルを務める。 「全日本国民的...
  • 芦田愛菜
    芦田愛菜は、天才子役と呼ばれた女優。3歳で芸能界に入り、5歳で出演した2010年の大ヒットドラマ『Mother(マ...
  • 中村倫也
    俳優33歳
    中村倫也(なかむらともや)は、日本で活動する役者。東京都出身の1986年12月24日生まれ。トップコート所属。 ...
  • モデル34歳更新!!
    杏は、モデル、女優。1986年4月14日生まれ。東京都出身。 父は、俳優の渡辺謙で、兄は俳優の渡辺大となる。 ...
  • 小泉孝太郎
    小泉孝太郎は、2002年にデビューを果たした俳優。父は元総理の小泉純一郎、兄は政治家の小泉進次郎である。 201...
  • ムロツヨシ
    俳優44歳
    ムロツヨシは、日本で活動する俳優。神奈川県出身の1976年1月23日生まれ。ASH&Dコーポレーション所属。 幼...

出典

  1. バカリズム公式HP(マセキ芸能社)
  2. バカリズムライブ「科学の進歩」(CONTENTS LEAGUE)
  3. バカリズムライブ「クイズ」(CONTENTS LEAGUE)
  4. バカリズムライブ「SPORTS」(CONTENTS LEAGUE)
  5. バカリズムライブ「運命」(CONTENTS LEAGUE)
  6. バカリズムライブ「COLOR」(CONTENTS LEAGUE)
  7. バカリズムライブ「なにかとなにか」(CONTENTS LEAGUE)
  8. バカリズムライブ「?!」(CONTENTS LEAGUE)
  9. 『「基本的に全員嫌な奴なんですよ」バカリズムインタビュー』(OWARAI FAVCLIP)
  10. 『バカリズム、“笑い”への不安明かす。単独ライブ前の“地獄の数日間”。』(woman excite)

バカリズムをもっと詳しく

  • バカリズム
    バカリズムは、日本で活動するお笑い芸人、ナレーター、司会者、脚本家。1975年11月28日生まれ。福岡県出身。マセ...

バカリズムに関する記事

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ