バカリズム脚本の大人気ドラマ『かもしれない女優たち』が再びドラマ化!話題の『かもしれない女優たち2016』とは?

バカリズムが脚本を務め、2015年上半期SNSで最もコメントされたドラマとして話題をさらった『かもしれない女優たち』が、『かもしれない女優たち2016』として帰ってくる。新ドラマの見どころに迫る!

バカリズムのまとめページはこちら

2016年10月4日更新

バカリズム脚本のドラマ『かもしれない女優たち』が再びドラマ化!

バカリズムが脚本を務め、2015年上半期に放送されたドラマ『かもしれない女優たち』(フジテレビ系)。
2015年上半期にはSNSで最もコメントされたドラマになり、数々の話題をさらったドラマとして大きな注目を浴びたが、2016年10月10日(月)、この『かもしれない女優たち』がパワーアップして再び帰ってくる。

竹内結子真木よう子水川あさみという豪華キャスト陣だった『かもしれない女優たち』だが、『かもしれない女優たち 2016』でもさらなる豪華な面々が揃っている。
バカリズムが再び脚本を務めた『かもしれない女優たち』の見どころを余すところ無くご紹介![出典1]

昨年放送『かもしれない女優たち』のあらすじ

2015年に放送された『かもしれない女優たち』(フジテレビ系)では、竹内結子真木よう子水川あさみという超豪華キャストが、

彼女たちが「もし売れていなかったら…」どうなっていたか?[出典2]

という設定をもとに“パラレルワールドの世界で生きる自分を、女優本人が演じる”真実と妄想が混じったストーリーを展開していくストーリーであった。

竹内結子真木よう子水川あさみに、「もし違う人生を歩んでいたら何をしていたと思うか?」と過去の人生経験やエピソードなどのインタビューを行い、そこにバカリズム自身の創作を加えて、物語をつくり上げたという。どこまでがリアルでどこから妄想か。女優自身のエピソードと、バカリズムの創作が融合し、女優たちが本人役で“架空”の自分の人生を演じるという面白みが大反響のドラマであった。[出典2]

『かもしれない女優たち』の見どころは?

『かもしれない女優たち』のかもしれない女優たちです。 23日22:00から。

水川あさみさん(@mizukawa_asami)が投稿した写真 -

ドラマ『かもしれない女優たち』(フジテレビ系)では、バカリズム独自の世界観の中で、女優陣のパブリックイメージが透けて見える巧妙なストーリーとなっている。また、別々に進行している3人のストーリーが、ある時点から交差して絡み合い、複雑な関係性を作り出し、やがて一堂に会するという見事な展開にも注目である。[出典2]

バカリズム自身も、

3人の素敵な女優さんたちの“かもしれない”世界を勝手に妄想して書かせていただきました。“かもしれないなあ”と思いながら気軽に楽しんでいただければ幸いです[出典3]

と語っており、期待感を高まらせていた。[出典3]

出演キャスト陣からも大絶賛の声

バカリズムが繰りなす巧妙な脚本には豪華女優人たちも大絶賛の声を挙げている。

竹内結子

女優ではなく編集者として素朴な人生を送るという設定の竹内結子は、

台本を読んで、バカリズムさんは普段こんなことを考えているのかと、油断ならない方だなと思いました(笑)。私自身の素のような、素じゃないような、どこからがお芝居なのかボーダーが見えなくて不思議な感覚です[出典3]

と語っており、バカリズムの脚本の巧妙さに舌を巻いた。[出典3]

真木よう子

ふてくされ天パ。

真木よう子さん(@yokomaki_official)が投稿した写真 -

ラーメン屋でバイトをしながら一流女優を夢見て舞台やドラマの”チョイ役”として下積みを積んでいるという設定の真木よう子は、

バカリズムさんらしい独特なセリフの言い回しが詰まった台本なので、それをいかに私が面白く演じていけるのかなという難しさを感じました。漫画家になりたかったという、私の小さいころの夢がこのドラマに生かされています[出典3]

と見どころを紹介している。[出典3]

水川あさみ

自撮りの恥ずかしさたるや。 #でも浴衣記念 #猫浴衣

水川あさみさん(@mizukawa_asami)が投稿した写真 -

真木よう子同様売れない女優として日々研鑽を積み、一流女優を目指しながらも上手く行かない葛藤が描かれた水川あさみは、

私が私を演じるという、フィクションなんですけどちょっとドキュメンタリーのような要素もあり、自分という人物を行ったり来たりしているような、経験したことのない感覚です。バカリズムさん脚本のリアリティーと作り込まれた物語の中で、竹内さんと真木さんと3人で面白い化学反応を起こせるといいなと思っています[出典3]

とコメントしており、期待感を高まらせている。[出典3]

気になる『かもしれない女優たち 2016』のキャストは?

では、気になる『かもしれない女優たち 2016』(フジテレビ系)のキャストをご紹介しよう。
『かもしれない女優たち 2016』(フジテレビ系)では、広末涼子井川遥斉藤由貴というまたしても豪華な三女優を迎え、前作同様”かもしれない”世界観をバカリズムが見事に描き出している。

また、豪華三女優陣の他にも藤木直人竹内結子夏帆、リリー・フランキーらも出演することが決定しており、見逃すことのできない超大作が完成した。[出典1]

『かもしれない女優たち 2016』のあらすじ

第二弾。 #かもしれない女優たち

バカリズムさん(@bakarhythm)が投稿した写真 -

『かもしれない女優たち 2016』(フジテレビ系)では、広末涼子井川遥斉藤由貴という豪華女優陣の過去をテーマに、「全く売れなかった」という人生の中、健気に生きるどん底の生活、そこからの大逆転を描く物語としてストーリーが展開されていく。

広末涼子

1997年に放送されたドラマ『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)が女優人生のターニングポイントだったという広末涼子。「あのとき『ビーチボーイズ』に出演してなかったら?」という設定で、女優への道を諦めきれず、ハウスキーピングなどのバイトをして食いつなぐ三十代半ばの売れない女優・広末涼子という役を広末涼子自身が熱演している。

イケメンとの新婚生活を妄想したり、同い年の売れている大女優・竹内結子に嫉妬したり…とひとり苦労しながらも、持ち前のパキパキとした前向きな性格と、綺麗好きの性分でハウスキーピングの仕事に精を出す日々を送っている。[出典1]

井川遥

2000年に発売された写真集『グッドバイブレーション』が映画出演のきっかけとなったという井川遥は、「あのとき写真集を出してなかったら」という設定で、忘れられた癒し系モデルとして芽が出ないまま、アラフォーで無謀にも女優への転身を図っている井川遥という役である。

ひょんなことから大人気俳優・藤木直人と付き合い、小さな幸せをかみ締めつつも、なかなか進展しない恋人関係にしびれを切らし始め…。癒し系の井川遥のイメージを逆手に取った暴言がバンバン登場するという内容は必見だ。[出典1]

斉藤由貴

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 宮沢氷魚
    宮沢氷魚(みやざわひお)は、1994年4月24日生まれのモデル・俳優。 日本とアメリカのクオーター。幼稚園から高...
  • 水原希子
    水原希子は、13歳の頃から芸能活動をスタートさせたモデル、女優。身長は168cmである。 2017年7月現在、自...
  • 北村匠海
    北村匠海はバンド・DISH//のメンバーで、俳優。 小学3年生の時、スカウトされ芸能界入り。子役として活動をスタ...
  • 大沢たかお
    俳優51歳
    大沢たかお(おおさわたかお)は、日本の俳優、モデル。1968年3月11日生まれ。東京都出身。 大学在学中、モデル...
  • 賀来賢人
    俳優30歳
    賀来賢人は朝ドラ『花子とアン』(NHK)や『Nのために』(TBS系)など、多数のドラマや映画に出演している俳優。 ...
  • 山﨑賢人
    俳優25歳
    山﨑賢人は、モデル出身の俳優。爽やかでクレバーなキャラクターを演じる機会が多いが、実は天然で知られている。 ドラ...
  • 高畑充希
    女優28歳
    高畑充希は、14歳のときにオーディションで主演の座を射止め、芸能界入りを果たした女優。 2017年の連続ドラマ『...
  • 菜々緒
    菜々緒(ななお)は、日本の女性ファッションモデル、タレント、女優。1988年10月28日生まれ。埼玉県出身。プラチ...
  • 板垣瑞生
    俳優19歳
    板垣瑞生は俳優。ダンス&ボーカルユニット「M!LK」のメンバーでもある。 映画デビュー作は映画『闇金ウシジマくん...

バカリズムをもっと詳しく

  • バカリズム
    バカリズムは、日本で活動するお笑い芸人、ナレーター、司会者、脚本家。1975年11月28日生まれ。福岡県出身。マセ...

バカリズムに関する記事

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ