山田孝之がウシジマ役にこめるものとは?『闇金ウシジマくん』へのこだわりからみる、俳優・山田孝之を分析!

映画『闇金ウシジマくん Part3 / Final』でついに最終章を迎える『闇金ウシジマくん』シリーズ。主演を務めてきた山田孝之がウシジマ役に込めるものとは?

山田孝之のまとめページはこちら

2017年5月19日更新

俳優・山田孝之

数々の映画やCM、ドラマで活躍する俳優・山田孝之

業界紙エンターテインメント・ウィークリー紙の2010年10月号で「世界が注目する10人の俳優」に選ばれたただ一人の日本人としても、その俳優としての実力は世界に認められるほどだ。[出典1]

そんな山田孝之にとってひときわ思い入れの強い役が、大人気シリーズ『闇金ウシジマくん』の主人公・丑嶋 馨(うしじま かおる)である。

2016年秋公開の映画『闇金ウシジマくん Part3』そして映画『闇金ウシジマくん Final』でいよいよ最終章を迎える本シリーズ[出典2]だが、
俳優・山田孝之にとって、「ウシジマくん」という役柄はどのような存在だったのだろうか。

▼映画『闇金ウシジマくん Part3』予告

俳優としての遍歴

山田孝之は、1999年TVドラマ『サイコメトラーEIJI』(日本テレビ系)で俳優デビューし、2003年に放映されたドラマ版『ウォーターボーイズ』(フジテレビ系)で初主演を果たし、一躍注目を集めた。[出典3]

当初は爽やかな好青年として俳優デビューを果たした山田孝之だったが、
2007年の映画『クローズ ZERO』で、ヒゲを伸ばしたワイルドなヤンキーを演じ、自らのアイドル的なイメージを覆すと同時に、俳優としての可能性を広げた。[出典4]

カメレオン俳優と称される1人である山田だが、
15年におよぶ自身のキャリアで演じてきた数多の役柄について、山田は、

「ウシジマとそれ以外」[出典5]

と、あっさり分類できると語る。[出典5]

「ウシジマとそれ以外」

この言葉の真意について、山田は、

「芝居をするという意味では同じですが、役柄へのアプローチの方法が他の役とは全く違うんです。丑嶋という役の“型”というのがあって、例えば座るときの角度から手の位置、足の組み方まで全て決まってるんです。内面ではなくて、役の外側を作り込んで、シーズンを重ねるごとにそれを磨いていく作業ですね。それが他の役ではできないことであり、楽しいですね。」[出典5]

と語っている。
つまり内面から1人の人間として演じるのではなく、着ぐるみのように外側を作り込み、そこに「ウシジマ」の”操舵手”として、俳優・山田孝之が入り込むのだ。

また、「磨く」ということについて、シーズンを重ねるごとにウシジマという役柄自体が変化・成長していくということとは異なるという。[出典5]

「『Season1』で、1本の樹から“ウシジマ”を彫り出し、ほとんど出来上がったんですけど、それをどんどん紙やすりで滑らかにしたり、磨き上げていくということなんです。他の役だと、撮影期間中にある程度、役柄と自分の適度な距離を見つけて、並行して歩みつつ『よーい、スタート』の瞬間に混ざって、『カット』が掛かるとまた元の距離に戻るということの繰り返しなんです。丑嶋に関しては、外側の要素(外見、歩き方、話し方、佇まいなど…)を磨いた上で、中身は空洞になってて、すっぽりと役を被るような感覚です。」[出典5]

「他の役なら『なぜこの人はここに来て、こう言ったのか?』ということを考えるけど、ウシジマに関しては考えつつも答えは出さない状態で臨んでます。完全に理解すると、役柄が完全に“人間”になっちゃう気がするし、僕の色が付いちゃうのが嫌なんです。だから僕自身、取材でウシジマの内面について聞かれても、理解しようとしてないので答えられない(笑)。ウシジマの不気味さって、メインのキャラクターなのに語られないところだと思うんです。何者なのか分からない。そのために作り込まない方がいいんです。」[出典5]

山田は、ウシジマを演じるにあたり、ウシジマはタイトルロールでありながらも
「本当の意味では主役ではない」と語っている。

彼に金を借りに来る債務者とその周辺の者たち、彼らが紡ぐドラマこそが、本シリーズの“メインディッシュ”であり、[出典5]
その物語を際立たせるためにも、ウシジマが完全に”人間”として物語性を持つことがないよう、山田なりに自らの役を演出しているといえよう。

活躍を広げるワケ

山田孝之はかつて、

「撮影に入ったら自分をすべて否定します。役の人生を全うしなければ気が済まない」[出典4]

と語っていた。[出典4]
それだけにシリアスからコメディまでどんな役にも対応でき、作品ごとに違う山田孝之が生きる役を見ることができる。

有名で演技力もあるうえ、このように作品ごとに過去の自分をリセットして臨む点は、
ある意味新人のように可能性に溢れていると言うことができる。[出典4]

▼山田孝之が1人三役をこなす映画『ミロクローゼ』予告編

そんな山田孝之の演じることの姿勢は、
「手垢のついた(固定化された)俳優より、まっさらな新人を使いたい」という自由な意向を持つ先鋭的な監督や演出家にとって、非常に重宝されてしかるべきなのである。[出典4]

そんな中で、ウシジマは、あえて役の人生を作りこまずに、役を「操縦」するように演じることで、
ウシジマが持つ底知れぬ迫力や、メインのキャラクターだが、語られないという不気味さを醸し出すことに成功している。[出典5]

役の人生を生き切ることで、自らの演技の幅と、俳優としての深みを生み出し続ける山田孝之にとって、
“型”にはまって演じるという経験を与えたウシジマ役は、非常に特別な存在だったと言える。

出典

  1. 『山田孝之、ニューヨーク・アジア映画祭で日本人初の受賞!“世界の山田”へ』(ニュースウォーカー)
  2. 『TVドラマ・映画『闇金ウシジマくん』公式サイト』
  3. 『山田孝之』(映画.com)

  4. 『“憑依”を超え役ごとに“転生”、山田孝之が重宝されるワケ』(ORICON STYLE)
  5. 『【インタビュー 山田孝之×窪田正孝】役柄は「ウシジマとそれ以外『闇金ウシジマくんPart2』(RBB TODAY)

山田孝之に関する記事

山田孝之のまとめページはこちら

今、注目のタレント

今イチオシの注目タレントです
  • 小倉優子
    タレント33歳更新!!
    小倉優子は、子供を2人持つママタレント。出演作は『笑っていいとも!』(フジテレビ系)などがある。 以前は今田耕司...
  • 深田恭子
    女優34歳
    深田恭子は、ホリプロタレントスカウトキャラバンにてグランプリを獲得し、芸能界デビューした女優。 ドラマ『ハロー張...
  • 倉科カナ
    映画『 3月のライオン 前編』に出演。共演者には、神木隆之介や有村架純がいる。 倉科カナはおっちょこちょいな性格...
  • 榮倉奈々
    女優29歳更新!!
    榮倉奈々は高身長の女優として知られる。 女性向けファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルを務めていた。 ...
  • 川口春奈
    川口春奈は、2007年に『ニコラモデル・オーディション』のグランプリを獲得し、モデルデビューした。 福士蒼汰とは...
  • 中条あやみ
    中条あやみは、「ミスセブンティーン2011」でグランプリを受賞したハーフモデル。東出昌大に似ているとの噂もあるよう...

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

山田孝之をもっと詳しく

  • 山田孝之
    俳優33歳
    山田孝之は、鹿児島県出身の俳優。中学生の時に上京した。 3人兄弟の末っ子。姉は椿かおりとSAYUKI。 カンヌ...

山田孝之に関する記事

新着記事

新しく公開された記事です
トップへ