物語に泣き、映像美に泣ける!!新海誠監督作品『言の葉の庭』についてまとめてみた

新海誠監督劇場版4作目『言の葉の庭』は、『君の名は。』を見る前にも、見た前にも抑えておきたい一作。切ない物語と映像美に酔いしれる!!

新海誠のまとめページはこちら

2016年8月31日更新

『言の葉の庭』って、どんな作品?

▼ 『言の葉の庭』キャッチコピー

”愛”よりも昔、”孤悲”のものがたり。[出典1]

▼ 『言の葉の庭』予告編(YouTube)

▼ 公式サイトより引用

本作「言の葉の庭」の舞台は現代だが、描くのはそのような恋───愛に至る以前の、孤独に誰かを希求するしかない感情の物語だ。誰かとの愛も絆も約束もなく、その遙か手前で立ちすくんでいる個人を描きたい。現時点ではまだそれ以上のことはお伝えできないけれど、すくなくとも「孤悲」を抱えている(いた)人を力づけることが叶うような作品を目指している。[出典2]

今回の作品も、これまでの『秒速5センチメートル』[出典3]などのように、淡い想いを題材にした作品のようだ。

ストーリー

▼ あらすじ(公式サイトより引用)

靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。[出典4]

デジタル時代の映像文学

▼ 公式サイトより引用

鮮烈なビジュアル表現と、観る者それぞれの心に染み入る物語表現で、国内外の若者に絶大な影響を与えてきた新海誠。そんな次世代のアニメーション監督が二〇一三年に新たなスタッフと送り出すのは、愛に至る以前の孤独 ——。 孤悲の物語。現代の東京を舞台に初めて「恋の物語」を描く。[出典4]

『言の葉の庭』は、新海誠初の「恋」を主題とした物語となった。

特色

▼ 公式サイトより引用

梅雨の季節に日本庭園で出会った、靴職人を目指す少年と歩き方を忘れた女性。彼女が少年に残したのは一篇の万葉集。本作の題材は多様で魅力的だ。独自の感性と言葉選びにより、まるで小説を読むような味わいとテーマ性を持った繊細なドラマを、アニメーションでしか為し得ない表現で紡ぎ出す。[出典4]

日本の伝統である「梅雨」と「庭園」と「万葉集」といった要素を、あえてアニメーションで表現するというところに面白みがある。

彩色

▼ 公式サイトより引用

地雨、夕立、天気雨、豪雨…本作では心の変化や揺れそのもののような、さまざまな雨を丁寧にアニメーションで表現。新海作品の特徴でもある美しい景色はもちろんのこと、本作で出色なのが、その景色の色味や明暗を人物の陰影にまで反映させた色彩。映像から想いが、言葉から情景があふれ出す。[出典4]

そしてなによりも、この作品の特色は雨の表現だろう。背景の魅力だけでない表現を楽しめるはずだ。

▼ Twitterより

音声

▼ 公式サイトより引用

新海作品は耳からも染み入る。 記号この時代を生きる若者記号 を情感豊かに演じるのは、実力派声優・入野自由と花澤香菜。新鋭・KASHIWA Daisukeのピアノ曲が、言葉にはならない切ない想いを活写する。また、秦基博が本作のために大江千里の『Rain』をカバーし、普遍に届くメッセージを現代の感性で歌い上げている。[出典4]

▼ 「言ノ葉」Music Video -Makoto Shinkai / Director’s Cut- Short Ver.(YouTube)

新海誠の雨へのこだわり

▼ インタビューより抜粋

「“雨の中で歳の離れた男女が出会う”という着想から始まった企画ですが、雨は3人目のキャラクターといっていいくらいウエイトがありますね。実際に雨宿りをしているお話であることと、人生の途中で立ち止まっている象徴としての雨宿りを描いているからです」。[出典5]

この作品では、雨という自然現象を表現の象徴としていることを示した。

▼ インタビューより抜粋

「この作品に取りかかったのがちょうど1年前の今ごろ。雨が降ってきたらカメラを持って急いで外に出て、降り始めから強くなりやがて止むまでを撮影したり、しゃがんで水たまりをじっと見ていたりしていましたね。雨は、気象現象でもありますし、物語の中で使う道具としてはとても便利なんです。過去の作品の中でもなんとなく元気がないシーンで雨を降らせたりしていたんですが、今回はきちんと物語の展開に沿った、さらに踏み込んだビジュアル表現にチャレンジしました」。[出典5]

雨の表現へのこだわりは、かなりのものだったようだ。

▼ インタビューより抜粋

「どしゃ降りの雨と小雨ではコンクリートの地面の様子もだいぶ違うじゃないですか。アニメーションはそれを改めて人の手で描くことで、どういう雨が美しいと思うのか、僕はこんなふうに世界が見えているんだよというのを、作り手が1カット1カット、伝えることができるんです。そして自然と観てくれる人も何か受け取ってくれる、それが絵の力なんだと思います。普段、あまりアニメーションを観ない人にも、今のアニメってこんなに綺麗なの? と単純に思ってもらえれば、それで十分なので、多くの人に観てもらいたいですね」[出典5]

人によって受け取り方は違っていい、という表現に対する寛容さが、この作品の素晴らしさを生んでいるのかもしれない。

▼ インタビューより抜粋

「タカオにとってのユキノ、ユキノにとってのタカオに代わるものが、人によってアニメーションだったり、漫画だったり、小説だったり、映画だったりすると思うんですよね。この作品が誰かのそういうものになってくれたら本望です」。[出典5]

と、人の心拠りところの一つに、この作品がなることを望んでいるようだ。

▼ 公式PRアカウントより(Twitter)

出典

  1. 『言の葉の庭』公式サイト
  2. 『言の葉の庭』新海誠公式サイト
  3. 『秒速5センチメートル』公式サイト
  4. 『言の葉の庭』公式サイト作品紹介
  5. 『新作『言の葉の庭』に込めた想い』(ORICON STYLE)

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 伊藤健太郎
    俳優23歳
    伊藤健太郎(いとうけんたろう)は、日本の役者。東京都出身の1997年6月30日生まれ。aoao所属。 14歳の時...
  • 有村架純
    有村架純(ありむらかすみ)は、日本で活動する役者。兵庫県伊丹市出身の1993年2月13日生まれ。フラーム所属。 ...
  • 林遣都
    俳優29歳
    林遣都(はやしけんと)は、日本で活動する役者。滋賀県出身の1990年12月6日生まれ。スターダストプロモーション制...
  • 三浦翔平
    俳優32歳
    三浦翔平は、イケメン俳優。ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身で、映画『THE LAST MESSAGE 海猿...
  • 小栗旬
    俳優37歳
    小栗旬は、1982年12月26日生まれ。東京都小平市出身。O型。トライストーン・エンタテインメント所属。 父親は...
  • 上白石萌音
    上白石萌音(かみしらいしもね)は、日本で活動する役者・歌手。鹿児島県出身の1998年1月27日生まれ。東宝芸能所属...
  • 綾野剛
    俳優38歳
    綾野剛(あやのごう)は、日本で活動する役者。岐阜県出身の1982年1月26日生まれ。トライストーン・エンタテイメン...

新海誠をもっと詳しく

  • 新海誠
    新海誠は日本の映画監督。2002年公開した個人制作の映画『ほしのこえ』で映画監督デビューを果たす。 2016年に...

新海誠に関する記事

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ