【保存版】岡田将生が出演したドラマ12作品を解説!(※一部ネタバレ有)

岡田将生出演のドラマを最新作から順にご紹介。『ゆとりですがなにか』『掟上今日子の備忘録』『リーガル・ハイ』『オトメン(乙男)』などは有名だけど、『バイプレイヤーズ』や『東京少女』にも出演していたことは知ってた?

岡田将生のまとめページはこちら

2022年9月22日更新

岡田将生が出演したドラマをおさらい!

今回は代表作とも言える有名作品からこんな作品に出てたの?というものまで、岡田将生が出演したドラマをご紹介。

一部ネタバレが含まれるのでご注意を!

『名刺ゲーム』(2017年)

名刺ゲーム』(WOWOW)は、人気放送作家・鈴木おさむの小説を堤真一主演で実写化したサスペンスドラマだ。[出典1]

『名刺ゲーム』ストーリー

ある日突然密室に閉じ込められた神田(堤真一)は、謎の男X(岡田将生から”名刺ゲーム“をすることを強制される。

ルールは大量の名刺の中から自分がもらったものを探し出し持ち主に返すというもの。もし失敗すれば巻きつけられた首輪が爆発する[出典1]

衝撃のラストが待ち受けるという触れ込みの本作。

ゲームを通じ、芽が出ないタレントの成れの果て権力を笠に着ての横暴な振る舞いなど、エンタメ業界の闇とも言える側面が見られる作品だ。[出典1]

岡田将生×エンタメ業界の闇

岡田将生は主人公にゲームを強制させる謎の男Xについて[出典2]

最初、徹底的な「悪」として描かれますが、少しずつ変化していく役です。[出典2]

とコメント。また彼のような人物は身の回りにも存在するのかもしれないと自身の役柄を評した。[出典2]

『小さな巨人』(2017年)

長谷川博己主演のドラマ『小さな巨人』(TBS系)は、警察内部の対立や確執をリアルに描いたエンターテイメント作品。[出典3]

悪と対立するも完全勝利することができない主人公の描き方が、ヤキモキするがつい観てしまうとして好評を博した。[出典4]

『小さな巨人』岡田将生はどんな役?

岡田将生が同ドラマで演じたのは警視庁刑事部捜査一課の刑事・山田春彦

同僚の香坂真一郎長谷川博己)と何かと対立し、香坂が所轄へ左遷された後は冷たい態度で見下す憎たらしい役だ。[出典3][出典4]

岡田将生の「泣き演技」が反響

同作の終盤で山田は父親の不正献金を問い詰めるものの、逆に不法侵入として捜査一課長の小野田(香川照之)に家から連れ出されてしまう。

そのシーンで岡田将生が見せた、顔を歪め鼻水を垂らしての号泣シーンも話題となった。[出典5]

『バイプレイヤーズ』(2017年)

テレビ東京系のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~ 』。

同作は大杉漣田口トモロヲなど6人のおじさん俳優が本人役で出演、共同生活を送る様子を描くユルめのコメディドラマだ。[出典6][出典7]
岡田将生は同作の第11話に本人役佐々木希大森南朋と共にゲスト出演。[出典8]

10年前に撮影が中止、お蔵入りになった映画『バイプレイヤーズ』リメイク版の主役に提案されるという役柄を演じた。[出典8][出典9]

岡田将生、念願の『バイプレイヤーズ』出演

同ドラマを毎週観ていたという岡田将生は同ドラマを毎週観ていたことを明かし、さらに[出典6]

あの世界観に入ってる自分に少し戸惑いながらも優しく迎え入れて下さり、岡田将生でよかったぁと思ってしまいました(笑)[出典6]

とコメント。同ドラマへの出演を心から喜んでいた様子だった。[出典6]

『絆~走れ奇跡の子馬~』(2017年)

絆〜走れ奇跡の子馬〜』(NHK)は福島県の相馬を舞台に、東日本大震災の日に誕生した子馬を競走馬へ育てる家族の姿を描いたドラマ。[出典10]

同作で岡田将生は主人公・松下雅之(役所広司)の息子で、震災で命を落としてしまう若者・松下拓馬を演じた。[出典11][出典12]

岡田将生は同作で役所広司の他、新垣結衣勝地涼と共演を果たした。[出典11]

『北風と太陽の法廷』(2017年)

岡田将生波瑠のW主演で贈るドラマ『北風と太陽の法廷』(日本テレビ系)は、まるで寓話「北風と太陽」のように正反対な2人の弁護士の物語[出典13]

「太陽」岡田将生vs「北風」波瑠

岡田将生が演じたのは、まるで太陽のように離婚を円満解決に導くのが得意な弁護士・麹谷陽太[出典13][出典14]

離婚裁判で本来対決すべき相手の冷徹で北風のような女弁護士・櫻川風香波瑠)に一目惚れしてしまうという役柄だ。[出典13][出典14]

『ゆとりですがなにか』(2016年)

ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)は、ゆとり世代のアラサー男子3人が恋や人生にあがきながらも成長していく姿を描いた作品。

放送翌年にはスペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』も制作された。[出典15]

岡田将生&ゆとり男子ーズの活躍に注目

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 小松菜奈
    小松菜奈(こまつなな)は、日本で活動する役者・モデル。山梨県出身の1996年2月16日生まれ。スターダストプロモー...
  • 佐藤隆太
    俳優42歳
    佐藤隆太(さとうりゅうた)は、日本で活動する役者。東京都出身の1980年2月27日生まれ。ケイファクトリー所属。 ...
  • 篠原涼子
    女優49歳
    篠原涼子(しのはらりょうこ)は、日本で活動する役者・歌手。群馬県出身の1973年8月13日生まれ。ジャパン・ミュー...
  • 山崎育三郎
    歌手36歳
    山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)は、日本のミュージカル役者・歌手。東京都出身の1986年1月18日生まれ。研音所...
  • 桜井ユキ
    女優35歳
    桜井ユキ(さくらいゆき)は、日本で活動する役者。福岡県出身の1987年2月10日生まれ。ユマニテ所属。 高校卒業...
  • 広瀬すず
    広瀬すず(ひろせすず)は、日本で活動する役者。静岡県出身の1998年6月19日生まれ。フォスタープラス所属。 姉...
  • 奈緒
    女優27歳
    奈緒は女優。1995年2月10日生まれ、福岡県出身。 福岡でスカウトされモデルとして活動していたが、本格的に演技...
  • 佐野勇斗
    歌手24歳
    佐野勇斗(さのはやと)は、日本で活動する役者・歌手。愛知県出身の1998年3月23日生まれ。スターダストプロモーシ...
  • 中村倫也
    俳優35歳
    中村倫也(なかむらともや)は、日本で活動する役者。東京都出身の1986年12月24日生まれ。トップコート所属。 ...
  • 関水渚
    女優24歳
    関水渚(せきみずなぎさ)は、日本で活動する女優、グラビアアイドル。神奈川県出身の1998年6月5日生まれ。ホリプロ...
  • 間宮祥太朗
    間宮祥太朗(まみやしょうたろう)は、日本で活動する役者。横浜市出身の1993年6月11日生まれ。トライストーン・エ...

出典

  1. 『番組制作の過酷さ、権力者の横暴、売れないタレントの末路…エンタメ業界の裏側を描く小説『名刺ゲーム』ドラマ化に大反響』(ダ・ヴィンチニュース)
  2. 『堤真一、岡田将生と「何時飲みに行こうとかと今から楽しみ」<名刺ゲーム>』(モデルプレス)
  3. 『岡田将生「目が疲れる」憎たらしい役 「小さな巨人」で主役と対立』(Sponichi Annex)
  4. 『小さな巨人:好調の理由は? 「半沢直樹」と似て非なる魅力』(MANTANWEB(まんたんウェブ))
  5. 『『小さな巨人』岡田将生の「鼻水号泣」演技に称賛の嵐!』(日刊大衆)
  6. 『“おじさん版テラスハウス”に岡田将生ら参戦 業界内視聴率は30%超え?』(モデルプレス)
  7. 『『バイプレイヤーズ』に大森南朋、岡田将生らゲスト出演 池松壮亮も再登場』(CINRA.NET)
  8. 『ストーリー ドラマ24「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」』(テレビ東京)
  9. 『天海祐希「バイプレイヤーズ」参戦でテレ東初出演 遠藤憲一の一言がきっかけに』(モデルプレス)
  10. 『ドラマのみどころ』(絆~走れ奇跡の子馬~)
  11. 『登場人物(キャスト)』(絆~走れ奇跡の子馬~)
  12. 『新垣結衣出演のネット小説原作ドラマ 「ドキュメンタリーの良さを目指した」』(ORICON NEWS)
  13. 『イントロダクション 金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「北風と太陽の法廷」』(日本テレビ)
  14. 『相関図 金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「北風と太陽の法廷」』(日本テレビ)
  15. 『『ゆとりですがなにか』今夏SPドラマで復活岡田将生「こんなにうれしいことはない」』(ORICON NEWS)
  16. 『新垣結衣&岡田将生のハマリ役!「掟上今日子の備忘録」の見どころファイル』(cinemacafe.net)
  17. 『藤原竜也×岡田将生コンビが、連続ドラマで復活!』(NewsWalker)
  18. 『藤原竜也、岡田将生らが公開初日に“続編”の願望を語る『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』』(テレビドガッチ)
  19. 『登場人物 ST 赤と白の捜査ファイル』(日本テレビ)
  20. 『堺雅人「リーガルハイ」、“まさか”の最終回に視聴者の反応は?続編は?』(モデルプレス)
  21. 『「視聴率男」堺雅人の確かな演技を堪能 ~リーガルハイ 1/2』(NIKKEI STYLE)
  22. 『「視聴率男」堺雅人の確かな演技を堪能 ~リーガルハイ 2/2』(NIKKEI STYLE)
  23. 『大河ドラマ「平清盛」』(チャンネル銀河)
  24. 『人物紹介 大河ドラマ「平清盛」』(チャンネル銀河)
  25. 『イケメン俳優・岡田将生が『オトメン』で連ドラ初主演!』(ORICON NEWS)
  26. 『ショートフィルム道「東京少女」』(BS-TBS)
  27. 『岡田将生』(映画.com)

岡田将生をもっと詳しく

  • 岡田将生
    俳優33歳
    岡田将生(おかだまさき)は、日本で活動する役者。東京都江戸川区出身の1989年8月15日生まれ。スターダストプロモ...

岡田将生に関する記事

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ