出演映画が面白すぎる!個性派俳優・阿部サダヲの出演おすすめ映画5選!!

今や日本映画に欠かせない存在となった俳優・阿部サダヲ。そんな阿部サダヲが出演する映画の中から彼の個性が光るオススメ映画をご紹介!超ハイテンション男から真面目男まで、阿部サダヲの演技の幅の広さには誰もが目を見張るはず!

阿部サダヲのまとめページはこちら

2016年8月20日更新

コメディからシリアスまで、強烈キャラクターを演じたら天下一品!個性派俳優・阿部サダヲのオススメ映画5選!!

俳優として、数々の映画で活躍中の阿部サダヲ
▼映画でのワンシーン

今回は出演作品の中から彼の個性が光るオススメ映画をご紹介!超ハイテンション男から真面目男まで、阿部サダヲの演技の幅の広さは圧巻!

舞妓 Haaaan!!!

阿部サダヲの代表作と言えばこれ!
2007年に公開された、宮藤官九郎オリジナル脚本、監督・水田伸生の映画 『舞妓 Haaaan!!!』。同作で阿部サダヲは「舞妓と野球拳をする」という夢をかなえるために、人生のすべてをかける男・鬼塚公彦を演じる。
阿部演じる公彦のハイテンションっぷりは、作品を見終わった後も脳裏から離れない![出典1]
▼映画『舞妓 Haaaan!!!

超ハイテンションキャラ・公彦を演じるにあたって、

「ぼくはその場で生まれたものがおもしろいと思っているので、事前に話し合うことって少ないんです。リハーサルから本番同様にテンションを上げていましたが、伊東四朗さんが“もっとやっていいよ”といってくださったり、ほかの共演者の方にも気持ちよく受け止めていただけたので、すんなり入っていけました」 [出典2]

と、リハーサルからパワー全開で演じきったという。[出典2]

公開後、興行収入は20億円突破の大ヒットとなった。[出典3]
この興収20億円という数字は、日本のコメディー映画では植木等主演の『無責任男シリーズ』以来、実に40年ぶりの快挙となった。[出典4]
また、同作で阿部は第45回ゴールデンアロー賞演劇賞、第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞している。[出典5]

なくもんか

映画『なくもんか』は幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディー。2009年に公開された。『舞妓 Haaaan!!!』に引き続き、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎の最強トリオが再び顔を合わせた作品となっている。[出典6]

主人公の祐太、通称“山ちゃん”は、ハムカツが人気の総菜店「山ちゃん」の二代目店主。この山ちゃん、なんと究極の”お人好し”!人からの頼まれごとを決して断らない。
常にフルスロットルで行動している祐太を演じるのが阿部サダヲ。全編を貫くコミカルな演技はもちろんのこと、笑顔の後ろに隠された祐太の心の闇、そして思いがけない“別の顔”まで・・・
植木等などの昭和のコメディ映画を思わせる、軽快な演技で突っ走る![出典7]

同作の撮影では、妻役の竹内結子に激しいプロポーズをしたそうで、

竹内さんの蹴りが股間に入ったりして男優としてノレました。(激しいラブシーンで知られる米映画)『郵便配達は二度ベルを鳴らす』のような感覚で臨んだ[出典8]

と強い意気込みで撮影に臨んだことを明らかにしている。[出典8]

夢売るふたり

映画『夢売るふたり』は、火事で全てを失った夫婦が、結婚詐欺で再起を図ろうとするおかしくも悲しい姿を描いたラブストーリー。2012年に公開された。監督は、映画『ゆれる』『ディア・ドクター』で高い評価を受けている西川美和。
キャッチコピーは「人間最大の謎は、男と女」。
妻が企て、夫がだます・・・だが、そのうちに誰がだまし、だまされているのかわからなくなる、そんな緊迫感に満ちた作品となっている。[出典9]

▼『夢売るふたり』予告編

同作で阿部松たか子と共に、小料理屋を営む夫婦を演じている。
作中での二人の夫婦感は、なんと「ネギを切る練習」から作り出されたとか。

撮影の前に、調理を先生のところで一緒に習う時間があったんです。二人でずっとネギを切ったりしてね。そんな時間を過ごすうちに、さんとの夫婦としての空気感をつかめていった気がします。[出典10]

また夫・貫也は、これまでに阿部が演じてきたダメ男とは一味違うようで、

今までダメな男は何度か演じてきたんですが、本当にここまでの役は初めてです。僕は演技の中にどこかいい人を入れたくなっちゃうタイプなんですけど、今回はそれが一切できなかった。人間の嫌な部分をここまで引き出すのは西川監督にしかできないことだと思うので、そこを楽しみにしてほしいですね。[出典10]

と語っている。[出典10]
数々のダメ男を演じてきた阿部サダヲが見せる、ダメ男の境地は必見だ。

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜

映画『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』は、人気漫画家いがらしみきおの『かむろば村へ』をもとに、お金アレルギーになり東北の寒村に移り住んだ元銀行員が、お金を全く使用しない生活に挑むさまを描くコメディー。2015年に公開された。
監督・脚本は、阿部サダヲも所属する劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキ[出典11]
▼『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』予告編

同作で阿部サダヲが演じるのが、やたら乱暴にものを放り投げるが、世話好きな村長・与三郎。[出典12]
▼乱暴すぎる村長・与三郎

この与三郎のキャラクターは、松尾演出だったそう。

僕が武晴の荷物をぶん投げるシーンとかは全く予想外でした。最初のプランではやっていなかったんです。武晴のために やさしくやってあげようという気持ちで演っていたんですけど(笑)、「それ、ぶん投げちゃって」という演出が入ったので、それ以降は、それに準じて自分でも 芝居を付け足したりはしました。[出典13]

殿、利息でござる!

映画『殿、利息でござる!』2016年に公開の阿部サダヲ主演最新作。
映画『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による『無私の日本人』の一編『穀田屋十三郎』を、『予告犯』などの中村義洋監督が映画化。江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台の実話で、年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して利息を地域の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人々の姿を描く、泣けるコメディ。
この中で阿部は、真面目一辺倒でまっすぐの主人公・穀田屋十三郎を演じた。[出典14]
▼ 『殿、利息でござる!』特報

意外にも、阿部は時代劇での映画主演は本作が初めて。しかし、主役としてのプレッシャーは感じなかったらしく、

監督が本当に引っ張っていってくれて。中には、きたろうさんみたいに「お前が引っ張れ!」みたいなことを言う人もいたんですけど、まったく言うことを聞かずに(笑)。[出典15]

中村義洋監督のもと、キャスト仲間にも助けられながら自然体で主役を演じきった。[出典15]
強烈な個性を持つ阿部サダヲが主演する映画は、良くも悪くも彼のカラーに染まりがちだが、本作での阿部の存在感は少し控えめ。
その独特の立ち居振る舞いで明るい空気と軽妙な笑いをまき散らしながらも、物語のピースとして自然な存在になっているので、作品の展開自体に引き込まれること間違い無し![出典16]

出典

  1. 『映画「舞妓 Haaaan!!!」』(シネマトゥデイ)
  2. 『舞妓Haaaan!!!<映画 試写会>阿部サダヲ 』(OZmall)
  3. 『DVD発売までをカウントダウン! 映画『舞妓 Haaaan!!! 』ブログパーツ配布』(ORICON STYLE)
  4. 『「舞妓Haaaan!!!』観客動員100万人突破! 阿部サダヲ全国行脚はまだまだ続く!」(マイナビ)
  5. 『阿部サダヲ』(日本タレント名鑑)
  6. 『映画「なくもんか」』(シネマトゥデイ)
  7. 『なくもんか - 金曜ロードショー』(日本テレビ系)
  8. 『阿部サダヲ、竹内結子の本気蹴りに大興奮!「なくもんか」製作発表』(映画.com)
  9. 『松たか子&阿部サダヲ『夢売るふたり』予告編が公開!愛に翻弄される人々の姿を描いたラブストーリー!』(シネマトゥデイ)
  10. 『映画『夢売るふたり』松たか子&阿部サダヲ 単独インタビュー』(シネマトゥデイ)
  11. 『映画「ジヌよさらば ~かむろば村へ~」』(シネマトゥデイ)
  12. 『作品紹介-キャスト』(『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』公式サイト)
  13. 『4月4日(sat.)公開 『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』松尾スズキ監督×松田龍平×阿部サダヲ インタビュー』(シアタービューフクオカ)
  14. 『映画「殿、利息でござる!」』(シネマトゥデイ)
  15. 『阿部サダヲが明かす、主演作『殿、利息でござる!』と「大人計画」の共通点』(Real Sound)
  16. 『「殿、利息でござる!」は泣けるコメディでござる!』(シネマズ by 松竹)

注目タレント一覧!

今イチオシの注目タレントです
  • 森七菜
    女優19歳
    森七菜は、日本で活動する女優。大分県出身。アーブル所属。 デビュー半年にも関わらず次々とオーディションを勝ち抜い...
  • 中村倫也
    俳優33歳
    中村倫也(なかむらともや)は、日本で活動する役者。東京都出身の1986年12月24日生まれ。トップコート所属。 ...
  • 横浜流星
    俳優24歳
    横浜流星は、1996年生まれの俳優。神奈川県出身。 深田恭子出演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で...
  • 波瑠
    女優29歳
    波瑠(はる)は、日本の役者。東京都出身の1991年6月17日生まれ。ホリ・エージェンシー所属。 中学1年生の時に...
  • トリンドル玲奈
    トリンドル玲奈は、オーストリア出身のモデル・女優である。 ソフトバンクのCMに出演して注目を浴び、さらに「鳥取ふ...
  • 松下洸平
    松下洸平(まつしたこうへい)は、日本で活動する俳優、シンガーソングライター。東京都出身の1987年3月6日生まれ。...
  • 戸塚純貴
    俳優28歳
    戸塚純貴(とづかじゅんき)は、日本で活動する役者。岩手県出身の1992年7月22日生まれ。ボックスコーポレーション...
  • 北村匠海
    北村匠海(きたむらたくみ)は、日本で活動する役者・歌手。東京都出身の1997年11月3日生まれ。スターダストプロモ...
  • 山本舞香
    山本舞香は、女優、モデル。1997年10月13日生まれ。鳥取県出身。インセント所属。 雑誌『nicola』の専属...
  • 木村佳乃
    女優44歳
    木村佳乃(きみらよしの)は、日本で活動する役者。イギリス・ロンドン生まれの東京都世田谷区出身。1976年4月10日...

阿部サダヲをもっと詳しく

  • 阿部サダヲ
    阿部サダヲは、個性的な演技で主役から脇役までこなす日本の俳優である。 アルバイト生活を転々としていたところ、松尾...

阿部サダヲに関する記事

関係するタレント

  • 松たか子
    女優43歳
    松たか子は、女優。父の松本幸四郎と兄の市川染五郎は歌舞伎役者、姉の松本紀保は女優として活動している。 大ヒットド...
  • 竹内結子
    女優40歳
    竹内結子は、女優。同じマンションに住む親友・イモトアヤコに勧められてインスタ(Instagram)を開設した。映画...
  • 伊東四朗
    伊東四朗(いとうしろう)は、日本で活動するコメディアン・俳優であり、日本喜劇人協会相談役。東京都台東区出身の193...
  • きたろう
    きたろう(きたろう)は日本で活動するタレント、俳優。1948年8月25日生まれ。千葉県出身。O型である。
  • 松尾スズキ
    俳優57歳
    松尾スズキ(まつおすずき)は、日本で活動する役者・作家・映画監督。福岡県出身の1962年12月15日生まれ。劇団「...
  • 宮藤官九郎
    宮藤官九郎(くどうかんくろう)は、日本で活動する脚本家・役者・ミュージシャン・アーティスト・映画監督。宮城県出身の...

新着記事

新しく公開された記事です

タレント辞書とは?

タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから

トップへ